暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 - F...
Der Lieblin...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
関東
画像一覧

私のお気に入り??チューリヒ美術館展

12月15日(月)まで

乃木坂 国立新美術館で開催中

チューリヒ美術館展


たらたらと
チョーコジンテキ感想を
述べたいと思います◯

国立新美術館は
毎回、会場構成に
工夫が凝らされて

とても感動なんです。

今回の構成。
e0295455_17463629.jpg


これを見ただけで!
行きたくなってしまいます。


全74作品。


1 セガンティーニ
スイス、アルプスといえば、
セガンティーニ。
リルケが愛した画家として
印象深いです。

今回は、セガンティーニにしては
少し異色な題材に感じました。

でも、色彩の清浄さはそのまま。
のっけからスイスの空気満載です。


2 モネ
セガンティーニの小部屋を抜けると
正面に出迎えてくれる
モネの大作「睡蓮の池、夕暮れ」
e0295455_17463877.jpg
(NHK教育「新日曜美術館」アートシーンのコーナーより)

これまで国外への貸し出しは2回のみ
とのこと。

私は見慣れているせいか
上野の西洋美術館の睡蓮、
また1度しか見ていませんが
オランジュリーの睡蓮、
渋谷のBunkamuraザ・ミュージアム「夢見るフランス絵画」展の睡蓮

の方が
ずっと眺めていたいです。

今回、気に入ったモネは
「ノルマンディーの藁葺きの家」1885年
e0295455_17464098.jpg


ノルマンディーの風景に
惹かれたのかもしれません。

他に
ロダンとドガが並びます。


3 ポスト印象派
ゴッホ
ゴーギャン
セザンヌ
ルソー

6作品が並びます。

ここではやはり
セザンヌの「サント=ヴィクトワール山」
e0295455_17464124.jpg
(NHK教育「新日曜美術館」アートシーンのコーナーより)
より完成度の高い作品は他にあると思います。

ゴッホは、人気投票で1位の白い家よりもこちらが好きです。
「タチアオイ」1886年
e0295455_17464399.jpg



4 ホドラー
ホドラーのみ6点。
つくづくホドラーはスイスに愛されているのだな〜と思います。

キミドリ色の印象的なサレーヴ山や
左右対称のデザイン的な真実、
リズミカルな印象の「遠方からの歌」など面白いです。上野の西洋美術館を先に見ておいたので、より楽しめました。


5 ナビ派
ボナールとヴァロットンで
6作品

ええっと、ヴァロットンは
「外国人のナビ」と呼ばれ
ナビ派には距離を感じていたのでは
なかったでしたっけ?

ま、いっか。

アートシーンでも
アンティミテ的アプローチを
標榜していましたが
私のヴァロットンはもっと綺麗。
例えば本展のフライヤーの日没の海も
配色が面白い。キツイ補色を用いながら、配分が絶妙でカワイク見えます。
ウグイス色の効かせ方なら、こちらも抜群。「アルプス高地、氷河、冠雪の峰々」
e0295455_17464456.jpg
(NHK教育「新日曜美術館」アートシーンのコーナーより)ストーリーを織り込むのは挿絵画家ならでは。それ以外のキレイなヴァロットンにも、もっと注目して欲しいです。っと、なんだか友人の弁護のような力説になってしまいました??

ボナールは温かなタッチが魅力です。
「≪ブラック≫あるいは≪犬と一緒にいる女性≫」1907年
e0295455_17464664.jpg



6 ムンク
ムンクばかり4点。
肖像画と風景画が2枚ずつ。
「叫び」ではないムンクを
知ることができます。
でも、やっぱりムンクは叫びに尽きる
とも思ったり。
だって世界中の、誰もが知っている。
恐らく、美術に興味のない子供でさえ
ムンク、といえばあのポーズをとるほど有名な絵は、そうそうありません。
モナ・リザのように芸術の枠を超えて、現代人の精神的モニュメントになっている、凄い絵です。
それを生み出した後もなお、困難を生きた画家の魂の軋みが聞こえるような、ムンクの部屋です。


7 表現主義
キルヒナーとバルラハが一点ずつ
ベックマンが3点

バルラハは木彫の魔術師。
本当に木を知っている素晴らしい彫刻です。2006年、芸大美術館に来たバルラハ展は圧巻でした。そして翌年、リューベックへ会いに行きました。

キルヒナーも自然を大胆に捉えた
ステキな作品でした。


なんだか呟いていると
取り留めなくなるのが悪い癖。

後半に続きます。



(844日目)


勝手な感想をお読みくださり、ありがとうございます。あなたの寛容に倍以上のリターンがありますよ??きっと!



画像は本展絵葉書に寄ります。
©2014 Kunsthaus Zürich. All rights reserved.
[PR]
by abby819lucky | 2014-12-10 00:04 | 国立新美術館・乃木坂