暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 - F...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
関東
画像一覧

『ユトリロとヴァラドン』展 感想②

6月28日まで
新宿・損保ジャパン日本興亜美術館で
開催中

*ユトリロとヴァラドン*
母と子の物語ースュザンヌ・ヴァラドン生誕150年

を、見てきました。
e0295455_22234037.jpg


個人的感想の続きです。


注:作品の番号は図録の番号で、展示順とは異なります。

注2:ヴァラドンとユトリロ、別々に取り上げていますが、会場では人物別展示ではありません。


第3章ヴァラドンの円熟期とユトリロの「色彩の時代」1921〜1930

画家として確固たる地位を築き、生活が贅沢になったヴァラドン。

入退院を繰り返しつつ、作品が賞賛を浴び、レジオン・ドヌールを受賞したユトリロ。

<ヴァラドン>

45.自画像 1927年 ユトリローヴァラドン美術館蔵、サノワ、フランス
e0295455_22234169.jpg


51.花瓶の中のリラの花束 1930年 個人蔵
e0295455_2223458.jpg



53.サン=ベルナールの教会(アン県)
1931年 ポール・ディ二氏蔵、リヨン、フランス
e0295455_22234298.jpg



<ユトリロ>

46.モンマルトルのラパン・アジル
1927年 個人蔵
e0295455_22234254.jpg



第4章晩年のヴァラドンとユトリロ1931〜

1931年にユトリロのマネージャー的存在でもあったユッテルと別れたヴァラドンは、ユトリロに結婚を勧める。

1935年にユトリロが結婚すると、その妻とは反りが合わず、孤独な晩年を送る。

1937年にはヴァラドンの絵画は国家買い上げとなるが、翌年、72歳で没する。

ショックのあまり葬儀にも参列出来なかったユトリロは、高まる評価に反して、後年、描くよりも祈る日が多くなった。
1955年、母より一歳若い71歳で没。

<ヴァラドン>

69.リュシー・ユトリロ・ヴァロールの肖像 1937年 個人蔵、パリ
e0295455_22234324.jpg
リュシーはユトリロの妻。


<ユトリロ>

64.雪のサン=ピエール教会とサクレ=クール寺院、テルトル広場、モンマルトル
1935-37年頃 個人蔵
e0295455_22234476.jpg



e0295455_22234557.jpg
母ヴァラドンの写真の前に立つユトリロ


共に私生児として生をうけ
(ユトリロは後に認知されます)

困難な人生に立ち向かい

絵に生きる目的を見出していった

母ヴァラドンと
息子ユトリロ

その絵に込めた純粋さに
心を打たれました。

見終わって
長い物語を読んだ後のような
静かな余韻が残りました。



※画像は美術館HP及び、
本展カタログ よりお借りしました。
©IS ART INC.
©Jean Fabris 2015
©ADAGP,Paris & JASPAR,Tokyo,2015 E1475

カタログの表紙の装飾が
角度によって、
ヴァラドン、ユトリロ双方の花の絵になり粋な作りになっています。
e0295455_22234649.jpg
ヴァラドン「花瓶の中のリラの花束」
e0295455_22234759.jpg
ユトリロ「すずらんの花束」


裏表紙
e0295455_22234733.jpg




すてきな展覧会を
ありがとうございました。



<開催概要>

HPはこちら
http://www.sjnk-museum.org/program/2978.html


【開催概要】
◯会期
2015年4月18日(土)~6月28日(日)
◯休 館 日
月曜日(ただし5月4日は開館)
◯会場
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館
〒160-8338新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル42階
◯開館時間
午前10時-午後6時、 金曜日は午後8時まで(入館は閉館30分前まで)

[観覧料、前売券情報]
■観覧料
一  般:1200円(1000円)
大・高校生:800円(650円)     ※学生証をご提示ください
シルバー<65歳以上>:1000円 ※年齢のわかる物をご提示ください
中学生以下:無料    ※生徒手帳をご提示ください
障害者無料
※障害者手帳(身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者手帳)のご提示によりご本人とその介護者(1名まで)は無料。
 ただし、被爆者健康手帳をお持ちの方は、ご本人のみ無料。
※( )内は20名以上の団体料金 および前売り料金

■前売券情報
◇東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館 受付
【販売期間】2015年2月21日(土)~3月29日(日)まで終了しました。

◇チケット取扱所
【販売期間】2015年4月4日(土)~6月27日(土)まで
・チケットぴあ (Pコード 766-688)
・ローソン(Lコード 38832)
・セブンイレブン(セブンコード 037-218)
・ミュージアムカフェ
・イープラス
・ちけっとぽーと
◯主催
東郷青児記念 損保ジャパン日本興亜美術館、日本経済新聞社
◯協賛
損保ジャパン日本興亜、みずほ銀行、共済企画センター
◯協力
日本航空
◯後援
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
◯企画協力
IS ART INC.




ご覧下さり、ありがとうございます。あなたに幸せな思い出が沢山ありますように✨
[PR]
by abby819lucky | 2015-05-28 21:59 | 損保ジャパン日本興亜美術館