暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

ファンデー・西洋美術館 ②

6月14日 日曜日

国立西洋美術館(上野)
ファン・デー

に、行ってきました。


ファン・デーでは
常設展が無料開放となります。

企画展の熱を冷ましたり

自分を取り戻すために

足を運ぶことの多い常設展。

どうしても
自分の好みに偏った鑑賞に
なりがちです。

そこで今回は

いつもさらっと流してしまう
2Fの「近代以前」の美術を集めた
コーナー

その中の

一枚を、じっくりと鑑賞しよう

と、思い実行しました。


幾つか迷いましたが

e0295455_1319255.jpg

e0295455_13192662.jpg



これに決めました。

樫の森の道
ヤーコプ・ファン・ロイスダール
17世紀(制作年不明)文化庁より管理替え
e0295455_13192758.jpg


ロイスダールといえば

オランダの
干拓によって開けた国土を
数多く描いた画家。

平坦な大地に
大きく広がる空と
そこに湧き出る
ドラマチックな雲の風景

広々とした空間表現が
魅力的です。

しかし

この絵は
どちらかというと
暗くて狭い、風景画。

ロイスダールらしくないな、
と思いつつも

じっと見ていますと

だんだんと
暗闇に目が慣れるように

色々なものが見えて来て

とても面白い!

スポットライトが当たったような
樫の木、その樹皮の剥げた幹の表現
e0295455_13192830.jpg



森の向こうの田園に聳える風車の細やかな描写
e0295455_13192810.jpg



そして一見静かに見える絵画に
たくさんの生命があります。

もうもうと立ち上り、道の方までたなびく煙、その火を起す2人の人物、連れてきた犬(?猫?)
e0295455_1319295.jpg


煙の傾斜から
相当に風の強いことが
分かります。

森はざわざわと
音に溢れていたことでしょう

激しい風に流れる雲

その風に抗って舞う鳥たち
e0295455_13193089.jpg


表題の樫の森の道を行く一組の親子
e0295455_13193135.jpg
道に射す陽光と影を、人生に重ねて見るのは穿ち過ぎでしょうか。



空と梢の描写はやはり抜群です。
e0295455_13193217.jpg
e0295455_13193917.jpg




長い時間、独占してしまって
他の鑑賞者の方には
ご迷惑おかけしました。m(_ _)m
そっとしておいて下さり、ありがとうございました。



一枚の絵をじっくりと見ることで

絵の中の風景をより深く味わい

画家の視線を感じ

ただ「受動的」に見るのではなく

「能動的」に感じる
心情的に「体験する」

ことができた気がします。

とても面白かったです。

そしてそれは

「時間を大切に扱う」

ことにつながるのではないかと、、、。


去り際にもう一度
シャッターを切りました。
自分しか分からないけれど
微妙に最初と違います。
e0295455_13193319.jpg



merci...


(1034日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたに穏やかな時間がたっぷりありますように??



その日の夜に

NHK教育のTEDの再放送を見ました。
ノルウェーでスローテレビが成功、という話題。(プレゼンとしては⁇)
e0295455_13193771.jpg



暖炉の火を何時間もただ映すだけ、
とか
羊からセーターができるまでとか
(編み物をしている様子を延々と流す)

そんなユルい内容が高視聴率を記録したそうです。

そこでまさに西美で体感したことと
リンクする解説がありました。

船旅をリアルタイムで中継した放送の一場面。
e0295455_13193496.jpg


本来なら編集して、まもなく別のシーンを入れたいところ。

生中継なので延々10分くらい、この映像が流れる。

すると、視聴者は画面の中に色んなものを見つけ始め、ストーリーを作り出すのだ、と。
e0295455_13193579.jpg

e0295455_13193662.jpg

e0295455_13193649.jpg



ナビゲーターの伊藤穰さんは
私たちはいつも目的地への到着を急ぐけれど、途中を楽しむことも大切。それは「いま」をどれだけ楽しめるか?ということ
と、解説されていました。

それと共に
この日、西美で気付いたように

情報のインプットの洪水の中で
脳が主体性も持つ隙間が
スローテレビにはある

だから
面白さを感じる
のではないかと思いました。


そんな事を感じてから

家までのいつもの帰り道
ふと、立ち止まって
樹々を見上げ

意識的に「いま」を感じてみました。


暮れなずむ空に
糸のように
細い影がやって来て

季節を教えてくれました。
e0295455_13193835.jpg




画像はNHK教育「スーパープレゼンテーション TED」6月15日放送よりお借りしました。
[PR]
by abby819lucky | 2015-06-18 06:43 | 国立西洋美術館