暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 - F...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
関東
画像一覧

カテゴリ:クラーク・コレクション( 16 )

ハンプトン・コートのテムズ川

e0295455_2022259.jpg


アルフレッド・シスレー 1874 クラーク美術館蔵
Image©Stering and Francine Clark Art Institute, Williamstown, Massachusetts, USA



去年の今頃は
夢中で通ったクラークコレクション

静かなテムズ川、、、

右手の煉瓦色の
ハンプトン・コートが
遠目にも瀟洒な佇まい。

土地がフラットで
のびのびと空が広がって
縦横に雲が踊りながら天気を
気儘に変える

英国らしさを良く醸し出しているのは
シスレーのDNAのなせる技?

川風を浴びたいなぁ〜




(54日目)

昨日のTOP Gear では
エイボンを悪オヤジたちが大暴れ

トライアルは
ヒュー・ジャックマンに会場興奮
タイムも46秒台で
スタントがやったのでは?という速さ。
ジェレミーは
「ベネディクトよりライン取りが上手い」って。(~_~;)

一芸に秀でる人は
なんでも出来るンだな〜〜
[PR]
by abby819lucky | 2014-03-18 20:02 | クラーク・コレクション

5回目のクラーク

5回目のクラークコレクション
なう

最後の最後に
またきてしまいました。

5回目のクラークコレクション。

16:18に5分待ちで入り
18:20に出てきたら
外の通りまで続く行列!

40分待ちでした。
e0295455_20182280.jpg


それでも
見る価値あります。
行列に怯まず鑑賞して下さい!

ハガキは、
タマネギ、復活していました。
ボナのチョコは
ソトヌスコが5箱

ミュージアムショップでも
絵はがきとクリアファイルは
買う事ができます。

夕方、15:30には15分待ちでした。
アフター6は混むので通常時間帯の鑑賞を係りの方に勧められました。

周辺でお買い物をして
16:00に戻ったらかなり列が短くなっていました。

最後の最後に

一枚ずつ
心に焼き付けて
回りました。

宝石箱のような
コレクションは
宝石箱に迷い込んだような
素晴らしい時間をくれました。

この邂逅をきっと忘れない。
e0295455_20182475.jpg



(279日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-05-24 17:04 | クラーク・コレクション

音声ガイド・クラークコレクション

音声ガイド 500円

解説 19件 30分
ナレーション 野島裕史 松尾桂子

特別チャンネル 4件
黒柳徹子さんと館長高橋明也さんの対談と黒柳さんのコメント


再再訪でやっと利用
音声ガイド

混雑の為、特別チャンネルは聴くのを
諦めました。

独断と偏見で(この言い方も時代が?)
解説を抜粋します。

鑑賞の良い手掛かりになりました。
ありがとうございました。



作品の番号は
出品目録の番号

第1室
2. ルイーズ・アルデュラン
カミーユ・コロー

コローと親しかったアルデュラン家のお嬢さんを描いた。
この時、ルイーズは15歳。!


第2室
30.版画収集家たち
オノレ・ドーミエ

風刺画で知られるドーミエの油絵
密室で親密な間柄を計算された光の効果によって浮かび上がらせている。


第3室
11.港へ戻る帆船、トゥルーヴィル
ウジェーヌ・ブーダン

風景画でも、室内で描くのが当たり前だった時代。
戸外で、自然の光の中で描くことをモネに勧めたのが、16歳年上のブーダン。
モネは有名になってからも、ブーダンへ感謝を捧げた。


第4室
15.エトルタの断崖
クロード・モネ

白い波頭、岩の陰影
この絵は、朝か?夕か?
専門家でも意見が分かれる。


第5室
20.籠のリンゴとブドウ
アルフレッド・シスレー

パリ生まれのイギリス人、シスレー
この絵はシスレーにしては、暗い色調

67.皿のリンゴ
ピエール=オーギュスト・ルノワール
クラークコレクション、ルノワールの絵については、最後の購入作品。


48.自画像
ルノワール

ルノワールが30代半ばの頃の自画像。
色彩の画家が、使用する色を抑え、内面に向き合おうとした気迫が感じられる。


54.うちわを持つ少女
ルノワール

モデルはコメディ・フランセーズの女優、ジャンヌ・サマリー。
ルノワールは、特定出来るモデルを普遍化させて美を表した。

57.劇場の桟敷席(音楽会にて)
ルノワール

日本で言う文科省の高官の娘を描いたが、買い取られなかった。
その後、構図を変え、
左の女性の胸元の首飾りが消され、髪型が変えられるなどして現在に至る。


第6室
47.菊
ジェームズ・ティソ

当時のイギリスで流行っていた菊の花を、流行のドレスを身にまとった女性と共に描いている。


第8室
41.蛇使い
ジャン=オノレ・ジェローム

19世紀後半のオリエンタルブームの中で描かれた作品。
トプカプ宮殿のタイルや
カイロのモスクなど
有り得ない組み合わせながら
忠実に描かれている事から
恐らく写真を元に創作された。


第9室
43.公爵夫人(青いドレス)
アルフレッド・ステヴァンス

「上手いだけの絵」と揶揄されたステヴァンス。急激に財力をつけた商人の好む貴族的な題材を描いている。
後ろの衝立の浮世絵の男が、女性と同じ方向を見ている、など暗喩が散りばめられ、意欲が感じられる。


第10室

25.ポントワーズ付近のオワーズ川
カミーユ・ピサロ

光の一瞬の変化を捉えやすい、という理由で、印象派の画家は水辺の題材を好んだ。この絵も、工場の煙と雲の流れが重なり、自然との調和が描かれている。


第12室
37.稽古場の踊り子たち
エドガー・ドガ

斜め上からの視点による大胆な構図は浮世絵の影響を感じさせる。
途中でキャンバスを張り替えるほど、この絵に苦心した。
右から二番目のタイツを履く少女の右足は、9回も描き直されている。


第13室
58.シャクヤク
ルノワール

燃えるような赤が印象的なこの絵は、クラーク夫妻が捜し求めてやっと手に入れた数少ない静物画。

32.花瓶のモスローズ
エドゥアール・マネ

マネの亡くなる前年の作品。

72.待つ
アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック

誰を待つのか、後ろ姿が観る人を惹きつける作品。
フランシーヌ・クラークは、夫の行動に口出しする事は稀であった。しかし、別のロートレックの作品(ジャン・アヴリル)を買いに戻る助言が的確だったことから、スターリングはフランシーヌの審美眼を信じた。

第14室
65.鳥と少女(アルジェリアの民族衣裳をつけたフルーリー嬢)
ルノワール

民族衣裳や鳥など、現地で描かれたような忠実さではあるが、ルノワールの創作の可能性が高い。
当時のアルジェリア総督府にはフルーリーという人物はおらず、誰なのか不明。

73.犬と女
ピエール・ボナール

斜め上からの視点や大胆な構図、(ドガでも同じ解説が有りました)輪郭線をくっきりと取った平面的な描写は浮世絵の影響を強くうけ、ラビ派と呼ばれた。
ボナール、24歳の作品。
ボナールは身近な人を多く描いた。
この絵のモデルは、手前が妹のアントレ、奥が従姉妹のベル。


以上



(269日目)

More
[PR]
by abby819lucky | 2013-05-14 16:50 | クラーク・コレクション

再訪・クラークコレ 感想

二度見の良いところは

印象が深まり
記憶に定着すること。

前回とは違う見方ができること。

個々の感想は、
またの機会に譲り

新しく購入した絵はがきは
前回の記事に添付することにします。

説明の補足もしたいですが……。
追記にするか、
と思案中です……。

好きな絵は
何度見ても好きですが、

⁇な絵も
良いな〜と思える
ものなのだと、
今回嬉しい発見でした。

e0295455_18595368.jpg



(252日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-04-27 09:36 | クラーク・コレクション

再訪「クラークコレクション」

三菱一号館美術館のクラークコレクション展に、
本日、再訪してきました。

びっくりしました。
スゴイ混雑です‼‼

ですので、未見の方。
GWを考慮しつつ、
早めにいらしてください。

本日の私の鑑賞時間は
11:30 〜 13:00

いやいや混雑とついつい書きましたが
2月に比べての感想です。

たまにぽっこり誰もいないスペースなどありますし、
一枚毎に最前列で鑑賞する余裕はありますので
どうぞご安心を。

ただ、あまり広くない展示室に
大勢の人がいますので、
静寂は残念ながら期待出来ないです。

でも、みなさん
素晴らしい絵の前で感激してらっしゃるので
会場の雰囲気は良いです。

ひょっとしたら
朝1番か、
夕方15時過ぎあたりが
狙い目かもしれません。
勝手な憶測です。

物販の
ボナのチョコレートも
数が減っていました( ; ; )

さてさて、明日は
再訪の印象を書きたいと思います。

モンフーコーのピエットの家も
しっかり見てきましたので。
ホホッ。

(251日目)
e0295455_2026010.jpg

[PR]
by abby819lucky | 2013-04-26 19:59 | クラーク・コレクション

アートシーン・クラークコレクション

NHK教育「新・日曜美術館」の
アートシーンのコーナーで
三菱一号館美術館の
クラークコレクション展
が、紹介されました。

会場の雰囲気が分かるので
お伝えします。


文中「」内は番組ナレーションです。
「」無しは、私のつぶやきです。
*ー*-*-*-*-*

「アメリカの世紀のコレクションが、日本でまとまって見られる、初めての展覧会」

e0295455_18303839.jpg

「2人の姉妹の性格の違いも分かる作品」
「スターリング・クラークは、女性美を鮮やかに描き出すルノワールの絵を愛した」

e0295455_18303983.jpg

第5室です。
右から
49. 54. 51.

49.の少女の口もとが
サクランボの様に瑞々しいです。

e0295455_18303936.jpg

第4室
52. 59. 14. 15. 17.

かなり小さいけれど
1番左端の
17.モネのジヴェルニーの春
1番右端の
59.ルノワールのシャトゥーの橋
これらの
明るく柔らかな色彩が認められますでしょうか。

e0295455_18304059.jpg

第1室 コローの部屋
作品 2. 4. 3.
「作品がどれも小さいのは、個人の邸宅を飾るため」

e0295455_18304049.jpg

8室 41.
「母のコレクションに囲まれて育ったことが、スターリング自らの収集のきっかけに」

e0295455_18304144.jpg

5室 51.
「1916年。まだアメリカでは評価が定まっていなかったルノワールの、最初の購入作品」
「ほのかなエロティシズムが漂う」

エロティシズムっていうか、
眉のくっきりしたところとか
ラフな着こなしとか
オダリスクな雰囲気を感じますね。

e0295455_18304213.jpg

5室 55.
「どこか憂いをみせる少女」
「女性がふと見せる表情を巧みに捉えたルノワールの作品を特に好んだスターリング」「この絵を、ルノワールの最高の肖像画と称えた」

館長 高橋明也さんのお話
「美術史的な分類に収集の目的を置かずに、自分達の感性にフィットした絵だけを集めている。そのため、優しい絵、鮮やかな色彩の明るい絵が多い」

館長の肩越しに
e0295455_18304264.jpg

5室 53. 69.
53.ルノワールのフルネーズ親父
こんなに粗い画像でも
人物への親しみが伝わります。

e0295455_18304396.jpg

4室 15.
「ルノワール以外の印象派も、夫妻を引きつけた」
「朝の光に輝くノルマンディーの海岸を描いたモネの作品」

「絵画に新鮮な息吹をもたらした印象派。中でも、最も革新的だった時代の作品が、コレクションの中心」

e0295455_183044100.jpg

13室 58.
「夫妻が長年捜し求めたルノワールの静物画」

「独自の審美眼が、世界に誇るコレクションを生み出した」
e0295455_18304431.jpg

14室(最終室)
66. 56. 68. 65.

1番左端
初来日の66.
ルノワールの手にかかると
赤色も
独特な優しさを帯びて魅力的です。

*-*-*-*-*-*

雰囲気が多少でも伝われば
嬉しいです(^^)

ところで
このアートシーンで
私個人的に物凄い収穫が。

なんと
「クラークコレクション展・番外編」
にて告白しました、
所在不明のピサロ!
番組に映りました‼

e0295455_18304569.jpg

この右端が!
紛れもなく件の絵です!!

嬉しい~〜~
行かなくても解決しました〜~
やっぱりピサロ、大好きです‼(←なんか違う……)

ということで、改めまして

26.カミーユ・ピサロ
モンフーコーのピエットの家

4室 入って右手の一枚目です。

52.ルノワール シャトゥーの橋
59.ルノワール 日没
と続きます。



あ~スッキリしました✨
カメラさん、ありがとうございました??



やっぱりクラークコレクション
素晴らしいです。
ピサロの位置は判明したけれど
また行きたいです??

(217日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-03-23 17:08 | クラーク・コレクション

クラークコレクション展(14)・番外編

12回に渡り、
展示作品の感想を
えんえん述べて来ましたが
えーんえーん
一つだけ取りこぼしておりました(;_;)

なんてことでしょうかっっ

その哀れな絵は


*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*

26. カミーユ・ピサロ
モンフーコーのピエットの家

*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*ー*


あんなに
ピサロ、最高!
とか言っておきながら!

自分がイヤです(-_-)


日サロ、なんて囃し立てたんで
ピサロの怨念でしょうか?
(↑ピサロに失礼)

別のサイトで絵を確認しましたが、

サッパリ‼
記憶にございませんm(_ _)m


恐らく

4室か11室の
入って右側の壁かと思うのですが(T_T)
思い出せません??????




ということで、
これから鑑賞されます方、
ぜひ
「千日紅」の「死角」を
ご確認下さい。
(いや、あくまで流れとしての話です???? おヒマがあれば??)
そして、
「ヤツが忘れたのはココにあった」
と、優越感に浸って頂ければ幸いです〜~??




(207日目)

More
[PR]
by abby819lucky | 2013-03-13 13:53 | クラーク・コレクション

クラークコレクション展(13)・物販

クラークコレクション展。

早くも入場者5万人を突破したそうですね!
この週末は「新・日曜美術館」(NHK教育)アートシーンでの紹介もあるとか。

ますます盛況になるのではないでしょうか⁉
多くの方に
至福の時間を過ごして頂きたいです☆



さて

物販。


以前は

美術鑑賞に来たのであって
物を買いに来たのではなーい!

と、頑なでしたが
まあまあトシとともに丸くなるって
こういうことでしょうか?

余韻を楽しめて
いいじゃない?

と、
楽しみになりました。
お財布は二重に軽くなりますが(^^;;

今回もウキウキと物色していましたら
何気無く隣りになったご婦人が
「今日は絵ハガキだけにしておこう!今日は」
と言い置いて去って行かれたのです。

ハッと気付けばロッカーには
季節外れのサンタのような多荷物。

ひょっとして今のは天のお告げ⁈
(いきなりイっちゃってます)

しかも、あの方「今日は」と二回言っていた……
また来られるかしら?私。

という
何というか思い込み激しく、
他の物は次回回しにして
今回は絵ハガキのみ、買いました。

一枚 150円
e0295455_18441870.jpg


ブログ既出ですが
まとめると
やっぱりシアワセです~??

と、
でも
やっぱり
だって
あさって
これであっさり帰れないわたくし。

買ってしまいました~〜~orz
ボナのチョコレート??
e0295455_18441999.jpg


インカだかアステカだかの王様も食べたとかいうソトヌスコです。

きゃー
お値段1680円(確か)
板チョコなのに!

どうも先月のチョコレート展に行ってから、
チョコレートの魔力にまんまとハマッてます(>_<)

もちろんまだ未開封です。
王様の満足に共感するのは
いつになることやら。(←余韻を楽しむのでは……?)


この時諦めたカタログですが
WEB注文できるようになったのですね!
嬉しい限りです。
利用者目線のお計らい
ありがとうございます!

鑑賞の気分を壊さない
心憎いラインナップ
お見事でございました~◎


(206日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-03-12 18:07 | クラーク・コレクション

クラークコレクション展(12) 第14室

さあ、最後のスターマイン!(←昭和)

第14室

絵画配置図
e0295455_18422921.jpg



63.ルノワール
金髪の浴女

e0295455_18423053.jpg




66.ルノワール
縫い物をするマリー=テレーズ・デュラン=リュエル

作文苦手な子供がマスを埋めるのに好都合な題名ですな。(いらんことを〜)

帽子の赤が効いていると思いますが、
いかがでしょうか?


56.眠る少女

120.3×91.9
大きな絵です。

膝の上の猫といい
可愛らしさに
思わず、ソファに座って長々鑑賞。

するとどうでしょう、
なんだか不思議に思えてきました。
重量感が感じられないのです。
この少女は本当に眠っているのか?
赤、白、青のトリコロールに意味はあるのか?

見るほどに疑問が沸いてきて

幸福感を呼び覚ますいつものルノワールの絵とは違う感覚になりました。

この絵を描いた時にルノワールに何があったのか、調べてみたいです。



68.手紙
制作年1895-90年。

今回出展のルノワールの中で
最も晩年に近い作品。

ルノワールらしさが完成されている絵と、感じました。
愛らしさでは他に勝る絵が山ほどあるでしょうが、
色彩の輝きにルノワールの個性の完成度が表れているような気がします。

これがルノワールなんだな、
と感嘆する、そんな絵です。


65.鳥と少女
(アルジェリアの民族衣装をつけたフルーリー嬢)

64. 頭部の習作
(べラール家の子供たち)

e0295455_18423299.jpg



可愛くて可愛くて可愛くて!

左の
フルーリー嬢は、予告で見てから一目惚れです。
今回、1番会いたかった!

ちょっと浮いた踵も愛らしく
極細のアクセがおしゃまな感じでまた可愛らしさ倍増です??

右側後方の緑色は何を表しているのでしょうか?ドアかな?

隣りの習作も
こたえられない可愛らしさ!
特に、寝顔にやられました。

この寝顔の頭部だけでも
ふかふかのピローにぐっすり眠っている、重量感が伝わるのに
やっぱり#56は変だと思います。


最後は唐突に
73.ピエール・ボナール
犬と女
e0295455_18423150.jpg



制作年がハッキリしている今回の作品のなかでは、ブーダンに次いで新しい作品。

ココロをクールダウンするのに
丁度良いかもしれません。

何気無く
小動物で統一された部屋であることに
今頃、気が付きます。

本当に
宝石箱の中を泳いだ様な2時間でした。


美しさにチカラを貰い
余力をかって

出口をでたら、
いそいそと物販へ!

(205日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-03-11 07:37 | クラーク・コレクション

クラークコレクション展(11) 第13室

終盤に向けて威勢を増す
花火大会のように

最後の2部屋は特に素晴らしいです。

13室

絵画配置図
e0295455_21531824.jpg



70. ベルト・モリゾ
ダリア

メアリー・カサットやエマ・ゴンザレスなど、この時代に活躍した女流画家は少なくないですが、
なかでもモリゾの力量は群を抜いていたそうですね。確かに。
印象派展にも出産で休んだ以外は全て参加したモリゾ。
意欲的な風俗画家のイメージがありますが、こんなクリアーな静物画も描いていたのですね。
花瓶の白が素晴らしい発色です。

この右端の赤からつながって
ルノワールの芍薬へ。
ココロニクい配置です。

e0295455_21532023.jpg



58. シャクヤク
ルノワール

モリゾの花瓶の白と呼応するように
燃えるような赤が目を惹きます。

注文制作よりも自由に描ける静物画が好きだ、と言うキャプションに
大成功した画家の内面を垣間見て、しみじみします。



31. メアリー・カサット
闘牛士にパナルを差し出す女



71. アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
カルメン
闘牛士の後にはカルメン!


72.アンリ・ド・トゥールーズ=ロートレック
待つ
こちらのロートレックの方が、格段に好きです。私は。

クラークさんの奥様が、迷った末に戻ってきて買い付けた、と言う作品ですね。クラークさんが奥様の審美眼を拠り所と決めたエピソード。

絵画を、お金を絡めず鑑賞できる、一般人でシアワセでした~←ちっちゃ〜~_~;)


e0295455_21532082.jpg



32.エドゥアール・マネ
花瓶のモスローズ

今回とても期待していた絵の一つ。
音声解説もあるので、何時迄も人が途切れません。

e0295455_2153213.jpg



マネは絵画の存在価値を追求し続けた画家だと思います。
この少し歪な花の絵が
なぜこんなに心を捉えるのか。
じっと見ていると、マネから詰問されているような気がしてくるのです。
美とは、何か?
画家は何を描くべきか?

こういう
予想もしないところへ心を運んでくれる瞬間が
絵画展を巡る醍醐味ですね。



もう一度、花々の輝きを目に焼き付けたら
いよいよ最終室へ!

(204日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-03-10 21:46 | クラーク・コレクション