暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 - F...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
関東
画像一覧

<   2013年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

面白かった!彫刻の作り方

先の ロダンとブールデル展と
同時開催していたのが

e0295455_0101049.jpg


こちら大変面白かったです!

説明によると
下記の狙いがあるようです。


「『手の痕跡』展に関連して彫刻の技法や材料に焦点をあてた小展示とプログラムを実施します。
ロダンは、粘土で制作した像を石膏で型どりすると、
それをより堅牢な素材である
テラコッタ、
大理石、
ブロンズ
などに置き換えて数多くの作品を残しました。
本展では、東京藝術大学の協力により、粘土で女性の頭部を制作し、
それを石膏、テラコッタ、大理石、ブロンズという異なる素材に置き換える工程を、
実物の工程見本や道具・材料の展示とビデオ映像で紹介します。
それらは、ロダンが採用した技法や道具そのものではありませんが、
基本となる考えや方法は同じです。
粘土で作られた頭部は、
どのようにして異なる素材に置き換えるのでしょうか、
また素材によって同じ作品は変わって見えるのでしょうか。
会場で確認してみてください。

彫刻の制作技法を知ることで、ロダンやブールデルの彫刻の新たな見方、楽しみ方を発見していただければ幸いです。」


道具や素材
制作手順の説明など
展示も楽しかったのですが

映像が!
大変興味深かったです。

鑑賞席(と言うのか、アレは)
満席‼
立見でした〜〜

大理石の楔打ちも
大変な労力を要するようですが、

ブロンズの工程も
大変な手間なのですね。

今度、街や旅先で
銅像を目にしたら
感じるものが今までと違う
と思います。

良い企画を
どうもありがとうございました☆



(165日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-31 23:23 | アート

4万7千!ロダンとブールデル

国立西洋美術館の
「手の痕跡
国立西洋美術館所蔵作品を中心としたロダンとブールデルの彫刻と素描」展

が、
先週末の27日に終了しました。

来場者 約4万7千人


詳細はこちら↓
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/rodin2012.html

e0295455_17435180.jpg


館蔵品中心ということもあり
写真撮影OK

ワンフロアの会場は
さながら撮影会のよう。

かくいう私も20%位撮りました。
ぺこり

e0295455_1743514.jpg


これだけの作品(91点)を
よく分類・配列されたと
感心しました。

欲を言えば
各章のなかの陳列で
番号順が もう少し分かりやすければ
さらに良かったです。


第1章
古代やルネサンス彫刻の探究と成果


ブールデル
弓をひくヘラクレス
e0295455_17435212.jpg

弓の位置に立ってみました。


第2章
肖像・頭部彫刻


ロダン
父の胸像
e0295455_17435334.jpg

お父さん、こんな人やったんや~




ブールデル
首のあるアポロンの頭部
e0295455_1743538.jpg

並々ならぬ決意が伝わります。




第3章
人体の動勢表現


ロダン
私は美しい
e0295455_17435447.jpg

こ、腰をいわすわ〜



ブールデル
絶望の手(写真無し)
……地下水道



ロダン
接吻
e0295455_17435785.jpg

指が官能的




ロダン
オケアノスの娘たち
e0295455_17435453.jpg

足元の花?がカワイイ




ブールデル
ヴェールの踊り
e0295455_17435836.jpg

モデルは
イサドラ・ダンカン

なにが良いかって
足が
e0295455_1744071.jpg

踊る人の足になっている




第4章
記念碑制作

考える人 や
バルザック はここに。



ブールデル
わが子を捧げる聖母
e0295455_17435550.jpg

聖母の表情が柔らかでした。
アルザスで見てみたい。




第5章
版画・素描

ドライポイントで幾つか
良い作品がありました。



さらっと見るつもりが
2時間強。
たっぷり鑑賞しました。


ロダンは手で作り
ブールデルは心で作る

しかしロダンの手は
神の手でした。

☆★☆★☆★

今回の「この一点」

e0295455_17435593.jpg

ロダンの小さなトルソ
e0295455_17435645.jpg

肩甲骨に惚れました。




(164日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-30 15:55 | アート

ヴィリヤンティのニット

な、なんと
届いたばかりの
オルビスの冊子最新号
「hinami」の表紙が

エストニアの手袋でした。

e0295455_045678.jpg


写真は
今城 純さん。
ヴィリヤンティと言う村の
小さな美術館での一枚。


ヴィリヤンティは
先日UPしたキヒヌ島
と同じ南エストニアの村。

地球バス紀行では
キヒヌ島へ渡る前に
立ち寄ったパルヌの街に
近いようです。

この辺り
生活に根差した
素晴らしい手仕事の宝庫ですね。

ひょ、ひょっとして
上段右端は
キヒヌの模様じゃないですか⁈
e0295455_05397.jpg


か、感激‼


先週末には
テレビにて
エストニアのニットが紹介されて、
西荻のお店はてんてこ舞いみたいです。
詳しくはこちら↓
http://estonia.ocnk.net/

いきなりの
エストニア
プチプチブームです??


行ってみたいな〜

行けるかな?
行けないかな。

??



e0295455_045613.jpg




(163日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-29 23:37 | 刺繍・ニット

「松永真 ポスター100展」 g.g.g

テセウス・チャンに味をしめ
何かやっていないかと
ふらり立ち寄りました。

松永真ポスター100展
~2013年01月31日(木)

e0295455_191818100.jpg



恥ずかしながら
初めてお名前拝見したのですが

ポスターは見たことあるものばかり

しかも
ジャンルが幅広いことといったら!

丁寧なパンフレットがあり
これは家でゆっくり読んでも
楽しいです。
e0295455_19181844.jpg

e0295455_19181938.jpg



HPによると

「デザイン界のパイオニア」
と言うことで、
存じ上げず失礼致しました。
なんでもそのデザインは
「‘‘半径3メートルの発想”、“日常性の美学”」と称されるそうで
「私たちの身の回りのデザイン環境を、高い水準へと劇的に変えてき」たと言うことで
誠にありがとうございました。

その「多彩な松永真の偉業の中から」
「作者自選によるポスター100(種)」を集めた本展。

「歴史的名作「PEACE」「JAPAN」、「HIROSHIMA APPEALS」をはじめ」とした
「美しく、シンプルな」ポスター群を、作家のモットー
「「シンプルは単純ではない」を体現する、思索と視覚のドラマ」
として
楽しませて頂きました。

e0295455_19182070.jpg

e0295455_1918201.jpg


デザイン関係の方でしょうか
若い方を中心に
多勢のギャラリーが。

地階の映像は
立見状態です。

私はデザインは全く分かりませんが

この方の
文字の用い方は興味深く
拝見しました。

映像も
え!これも?これも?
と言う位、
懐かしい
有名な作品のオンパレード。

昭和を懐かしむのにも良いです。
あ!
もちろん現在も「偉業」は続行中であります。





ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)
〒104-0061 中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル 
Tel. 03 3571 5206
11:00 a.m.-7:00 p.m.
(土曜日は6:00 p.m.まで) 
日曜・祝日休館 入場無料

e0295455_19182174.jpg






(162日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-28 18:45 | アート

久門剛史 art egg 資生堂ギャラリー

e0295455_17222033.jpg



e0295455_1943022.jpg


とにかく
面白い!

ぜひ!
多くの方に
体験して欲しいです。


約15分間のインスタレーション

感覚や記憶を刺激され
感情や精神をリペアー
した感じです。


舞台の中にいるような。

そこで自分は
どんな台詞を発するか?

そんな自問自答の時間
も、アリだと思います。

e0295455_17221839.jpg



自分のみならず
他の方の行動に注目するのも
興味深い。

カタログ販売は5月頃だそうです。
楽しみ!


そうそう
階段を下りた
第一展示場の時計ですが

これも
私はとても好きな作品です。

説明無しに
色々思いながら眺めていて
あっ、と気がつくのが
また楽しい。

身長的に
厳しい部分もありましたが??



1月31日まで

ぜひ!
1人でも多くの方に
足を運んで頂きたいです!

e0295455_1943166.jpg


(161日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-27 19:22 | アート

明日まで「石井一男」展

e0295455_2322209.jpg



銀座 枝香庵ギャラリーにて
明日まで
石井一男さんの個展です。


詳しくはこちら↓

http://echo-ann.blogzine.jp/blog/

場所は
詳しい行き方がHPにあります。
e0295455_23222044.jpg



第三画集「女神」
を上梓。

石井一男さんの世界は
求道性を高めているようです。


(160日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-26 22:55 | アート

冬のユウゾラ

コートの衿を立てて
見上げる空
プラットホームには
春の兆しもなく

e0295455_1944091.jpg




(159日目)

More
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-25 19:40 | 今日の空

キヒヌの刺繍

e0295455_1623767.jpg



バルト三国を巡る
「地球バス紀行」
須藤元気さん、意外にナレーションが上手くて聞きやすいです。(脚本がいいんですね)

今回は途中から見たのですが、
どの国も見応えたっぷり!

リガからタリンへ行くのに
ちょうど良いバスが無く
パルヌ
と言う街へ。
ここのギルド市が興味深かったな〜

市で絵を売る画家に勧められ
船でキヒヌ島へ渡ります。

仕込んでいたのでは?
と勘ぐりたくなる様な気の良い島の人に一夜の宿をもらいます。

そこの奥さんの服の刺繍が!
e0295455_16164911.jpg

可愛い!

泊まったら?と見せて貰った部屋も
e0295455_1616506.jpg

カワイイ!

この方のお母さんのお宅(隣り)も
ものすごーく可愛かった!
黄色い壁の平屋で草木に囲まれて
童話の挿し絵のようでした。

そのお母さんが
ご近所のマリアさんと編み物をするのですが、

e0295455_16165177.jpg

カワイイ‼

キヒヌの伝統みたいです。
(冬が厳しそう~)

おばあさんのスカートも
e0295455_0295019.jpg

e0295455_0295121.jpg

カワイイ‼


絶対‼
キヒヌ島へ行く‼


テレビに向かって誓いました。

バルト三国のツアーはある様ですが、
キヒヌ島への観光情報はなかなか見つかりません??
番組HPのスタッフブログによると、観光客が結構いるようなので、
夏には現地のツアーがあるかもしれません。

でもエストニア語?
最低ロシア語かな~?
言葉が〜~〜(>_<)

とりあえず
中目黒のラトビアショップへ、GO!
(と、遠いorz)

http://www.riga-latvia-gbs.com/smartphone/detail.html?id=002001000014

ここのミトンがキヒヌのに似ていますが、より洗練されている印象です。





BSTBS(確か)「地球バス紀行」さん
新たな夢を
ありがとうございました!
e0295455_0295158.jpg



(158日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-24 15:43

ザコパネの刺繍

恋する雑貨(NHK.BS)の
ポーランドのあったか雑貨篇
録画を見ました。
e0295455_18183365.jpg


どうしても
刺繍に目がいってしまいます~

全部、お母さんの手仕事
息子のもの
e0295455_18183475.jpg

娘のもの
e0295455_18183452.jpg

e0295455_1818352.jpg

e0295455_18183634.jpg

もっと一枚一枚ゆっくり見たかったですね〜

部屋の隅のこれは⁈
e0295455_181836100.jpg



お爺さんのもの
e0295455_18183716.jpg

さすが100年前の物は
手のこみ具合が違います。
素晴らしい……‼

旅人・藤澤恵麻さんが購入した
フェルトシューズの
グレーのが欲しかったなぁ~
e0295455_18183842.jpg


藤澤さんお泊まりのホテル?が
メルヘンチックで??

ザコパネと言えば
かなり昔、
こぐれひでこさんが旅番組で訪れていました。
素朴でカワイイ場所として
印象に残っています。

あの時、村の男の人は出稼ぎに行っていた記憶があります。
あの、雪が降る前に家を建てられなかった若い家族は、どうしていることでしょう。
番組を見ていて、そんなことを思い出していました。




(157日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-23 17:57

秘める男、ハンフリー・ボガード

今日話した方が
週末観た映画が今までで
1、2を争うつまらなさだった

と、仰っていたので
今日は映画の話題。

一時は年間60本位観たのですが
最近はご無沙汰です。

疎遠な映画と
再びよりを戻してくれそうな
番組が
BSの「シネマ・アディクト」。

ロードショーの宣伝ではなく
毎回、1人の俳優を取り上げ
語る15分。
硬派な作りがツボです。

一昨日は
ハンフリー・ボガード。

名作「カサブランカ」と
「キーラーゴ」
を軸に語られました。

ボガードは
AFTで男優のNo.1になったらしいですが
アメリカ人の好み
と言うところでしょうか。

私としては
ちょっと目が大き過ぎる。
(ファンの方、ごめんなさい)

いつ見ても

目が大き過ぎる

これが私の印象。

セリフまわしと
佇まいが
イイと言えるかもしれません。

大体、
存在そのものが
「何かを秘めている」
感じですよね。

それって誰にでも出せるものではないので、
やはりボギーは唯一無二の存在と言えるでしょう。

私の中でカサブランカ以外では
「東京ジョー」

ボギー自ら立ち上げた
サンタナ・ピクチャーの制作で

まあ、この作品によって
映画におけるヒロインの重要性を痛感しました。

早川雪洲の
戦後ハリウッド復帰第一作
となった本作ですが、

それよりも
天下のボガードが
日本を舞台に映画を創ったことに
感激です。

ボギー、東京ロケには来ていないんですけどね。(^^;;

e0295455_185026.jpg

e0295455_185036.jpg



(156日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-01-22 17:28 | 映画