暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

<   2013年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

ちょっと待ってSANAA

先月録画しておいた
「SANAA、建築の冒険」(NHK)
を見ました。

ずっと楽しく見ていたのに

終盤、
東京の新国立競技場のコンペ
のくだり

物凄い失望感。

ブログには
なるべく批判めいたことは
書きたくないのですが。

あまりにも、
がっかりしてしまって??

「昭和」を担っていらした
大御所の方々の選択ですものね。

仕方ないです。

建築にインパクトが必要な事も
分かります。

確かに
SANAAの案にも
改善すべき点はあったと思います。

でも。

SANAAのあの建築が
東京の真ん中にあったら。

競技場とは無縁の
私のような人間も

親しみを持って眺めることが
できる。

東京に
穏やかな波動が広がる。

そんな気がします。


東京にオリンピックなんて
来なければ良いと思います。

あ、いけないいけない。
マイナスなことは書かないのでした。

良い感想を取り戻すまで
ちょっとお預け。

豊島の写真が
今の待ち受けです。

e0295455_18531659.jpg





(184日目)

More
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-18 18:15 | テレビ

通路に山中教授 ・科博ミルシル

チョコレート展
いよいよ来週までです。

その会場から
日本館に行く途中

渡り廊下の壁面に
色々なパンフレットを置いています。

その一つに

山中伸弥教授のインタビューが!

ご自由にお取りください、ですよ〜

e0295455_1751942.jpg



iPS細胞の作成(と言う表現で良いのか?)経緯、
その安全性、可能性などについて
基本的なことが良く分かります。

加えて山中先生の研究に対する
考え方、姿勢が伝わり

感慨深いものがあります。



知りませんでしたが、

科博で「milsil」
ミルシルと言う情報誌を発行しており

その中の記事の抜粋です。

お子さんにも分かるような
平易な言葉で語られていますので

ゼヒ!
お持ち帰りをオススメします。

平成20年 5月号
の記事ですので

ノーベル賞を授賞される前です。

そういった
最先端の研究に触れられる
これは得難い情報誌
ではないでしょうか。

e0295455_17511049.jpg



*****

科学情報誌「milsil」
隔月刊
一冊400円。

○サイエンスインタビュー
○特集記事
○標本の世界
○親子で科学実験


科博HPにバックナンバー情報有り、
とのこと。

(183日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-17 14:35 | books

今日の夕焼け

e0295455_20553517.jpg


強風に煽られ

ガラス板のように
ツルツルの空

明日も晴れで
ありがとう


(182日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-16 20:51 | 今日の空

貴志祐介vs加藤浩次「コージ魂」

BS「コージ魂」
好きな番組の一つです。

今回のゲストは
作家の貴志祐介さん。

インタビュアーとゲストの
テンション(=緊張感や高揚感)が
相乗効果を生んだ
楽しい対談でした。

貴志祐介さん

お名前は
書店でよく拝見するのですが、
e0295455_2541666.jpg

すみませんm(_ _)m
読んだことありません。

サイコホラー。
苦手
というよりも、
ほとんど忌避分野。


しかし
ご本人は大変魅力的な方でした。
e0295455_2541899.jpg



ホラーについて。
「羊たちの沈黙」のような特殊な異常者ではなく、

普通の人間の孕む
狂気
を描きたい

と言う話。

虫を殺せるなら
自制のネジの一本が抜けた時
どんな行動にでるか。

そこへフォーカス
なさっているようです。

そんな貴志さんも
原作の映画化には
観客目線になってしまい、
あまりの惨さに
なんて酷い話!
と思ってしまったとか。
「でも、自分が書いているんですよね」
とお茶目なコメント。

自分は書きながら
これは酷いだろうと躊躇して
やめた場面を
三池監督は映像化している。
しかも
「原作に書いてある」
と発言している。
これは自分は書いていない

強く否定されていました。

ムキになっているところが
おかしかったですね。



締め切り間際の作家のイメージを
加藤さんが次々とぶつけるのですが

貴志さんが、ことごとく
「いやあー、やはり8時間は寝ないとですねー」
などと否定するのが
面白かったです。


対して加藤さんが
「8時間⁈ 寝過ぎじゃないですか⁇」
とズケズケ言い放つと


また
「人間ですね、
寝ている間に情報を整理して
記憶を統合するので〜」
と、貴志さんが
やんわりかわすのです。

笑わされながらも
この作家の集中力の高さに
恐れ入りました。


貴志さんは
お子さんが3歳。
子供を殺す話は
子供をもつ前に書いておくべきだった
と。
また、子供をもってから
死が恐怖になったとも。


家族の話は
加藤さんもパパ同士
共感されたのではないでしょうか。

e0295455_254168.jpg

貴志さんの飲んでいるのは
カルアでしょうか??
気になります〜

次回作は
スズメバチ サバイバルとか。
状況や人物を限定した
意欲作みたいです!

怖そうです~


対談が終了して
加藤さんはまず
「楽しい方でした」
また
「頭の良い方ですね」
とも。

貴志祐介さんを見送る
加藤浩次さん
清々しい笑顔です。
e0295455_2541766.jpg



頭脳明晰な作家に
煙に巻かれた面もありましたが

うまく魅力を引き出していた
と思います。


楽しかったです。




(181日)
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-15 22:39 | テレビ

絹に惹かれて

光の加減で
同じ糸に
違う表情

e0295455_19361170.jpg



e0295455_19361166.jpg



滑らかな
吸いつくような

手触り




お蚕さんに
ありがとう


(180日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-14 19:32

盛況??チョコレート展

「そのショコラが熱くなかったのを
幸運に思い給え‼」
さあ、このセリフでありありと
場面が思い浮かんだ貴女、
同世代ですね⁈笑。

そんなショコラを堪能すべく

上野の国立科学博物館へ
チョコレート展を観てきました。

三連休最終日でしたので
いやあー
すごい混雑でした(>_<)
e0295455_18233742.jpg


チケット待ち20分
入場待ち20分〜30分

そして
中へはいっても
押すな押すなの盛況です。

思った以上に
お子さん連れの家族が多く
次に
女子グループ
バレンタインカップル

といったところでしょうか〜

入口スグに
科博の守護神
クジラが‼
チョコになってお出迎えー!
e0295455_18234063.jpg


おっと、そこには
Mapもあるので
忘れずに~
e0295455_1823406.jpg




Zone1 チョコレートの原点〜カカオ
南国ムード溢れる展示
e0295455_18233896.jpg

しかし
子供と
子供を守る親御さんが優先
ですよね~~

カカオに触りたかったな~
e0295455_18234130.jpg



Zone2 チョコレートを巡る歴史

この半円のコーナーが
e0295455_18234287.jpg

チョコレートポットと
カップのコレクション展示となっていて
それはそれは可愛いことと言ったら!
e0295455_18234221.jpg


そんなわけで
ここはカップルが
「これ好きー!」
「うん、イイね」
などなど盛り上がって
動かず
e0295455_18383842.jpg

e0295455_18383851.jpg


またもや最前列は
玉砕orz

しかし
混雑のピークはこの辺りまで。
後は大体、(それなりに)ゆっくり見て回れます。

Zone3 チョコレートと日本
バンホーテン、ネスレ、リンツなど
有名メーカーの由来をお勉強。

そのあとは日本。
懐かしい
某メーカーの
チョコレートのパッケージやCM。
(もちろん撮影NG!)


そうそう、こんなのあった!
って、
結構覚えているものですね。

高校生のグループが
モー○のポッ○ーのCMに

おばちゃんは
別人のように爽やかな
○辺徹や
三○友和(何故息子は似なかったか?)


懐かしさのあまり
キャーキャー??

(伏せ字の意味が、ありまへんがな)

世代を問わず
盛り上がっていました☆

ずっと思い出しもしなかったのに
それを見た途端

食感や甘さが蘇り、
幼い日の楽しい一時の記憶を
手繰り寄せます。

おやつの持つ意味って
大きいな~と
改めて発見でした。


Zone4 チョコレートが出来るまで

このコーナーは
工場見学ぽいテイストです。

「カカオ豆になったつもりで」見学するのがオススメみたいです。

小学生が、なりきって楽しんでいて
見ていても楽しかったです。
e0295455_18234372.jpg

温められたり
e0295455_18234457.jpg

冷却されたり
e0295455_18234517.jpg



すり潰されれたり
e0295455_182343100.jpg


チョコレートの製造工程って
本当に手間がかかっているんですね~

ここから
Zone5へ行く途中に
パッケージに自分を写せるコーナーが
あります。
後ろに歩く人が写ってしまいますが、
楽しい試みです。



Zone5 チョコレートプロムナード
チョコレートの種類の説明や
外国のパッケージがありますよ。

e0295455_18234568.jpg

e0295455_18234672.jpg



Zone6 チョコレートの未来
自然を守りながら
生産を増やしていく、
アグロフォレストリーの説明など
多くがかつて植民地であった
生産国の問題を
共に考えていこうという姿勢をしめして、締めくくりです。

そうそう第2会場へ向う出口には
チョコレートで作った
圧巻の標本⁈
e0295455_18234726.jpg

e0295455_18234722.jpg


e0295455_15463636.jpg


製作者の方々の素晴らしい技術に
脱帽です!



エスカレーターで上がって
第2会場ですが、
Zone4 の通り道にあった
フォトチョコの現物版と
物販です。

フォトチョコは
30待ちで並びましたが、
挿入メッセージを考えたり
ポーズを考えたりしている間に
順番がきちゃいました。

あっと言う間に撮って
10分かからないで出来上がりです。

e0295455_1823481.jpg

何の事は無い
パッケージなんですけどね。

イベント感があって良いんじゃないでしょうか(^^)

好きな人へメッセージを送ったり

母娘で、パパへプレゼントしたり

2人の記念にしたり

いろんな楽しみ方があると思いま〜す。
一枚700円。


会場隅のカカオくんも
e0295455_18234915.jpg

かわいいです??

物販はご覧の通り
e0295455_18234946.jpg


私が購入したのは、こちら↓
e0295455_18235078.jpg

雰囲気に呑まれて
結構買ってしまいました(^^;;


と言うか、
会場でずーーーっと
チョコレートの香りがしているので
なんか
刷り込み⁇

試食コーナーもあれば
もっと良いですのに~〜~

e0295455_18235189.jpg

早速食べてしまったこれ↑
美味しかったです~◎
500円

この業務用チョコレート
自分、ダージリンティー味を選びました。
会場限定販売↓
e0295455_23353737.jpg

なんの色気もない板チョコですが
ダージリン53%
というだけあって
香りが!

まんま紅茶です~〜☕☆
e0295455_23353841.jpg


24ピース
結構な食べ応えの1000円です





カタログ1200円も
チョコ好きには必携ですね。


時間と
ココロに余裕を持っての見学を
オススメします!


(179日目)

thanks Ghana

More
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-13 16:45 | アート

2月のANGERS

e0295455_1643741.jpg


こんな柄の
白いスモッグが
あったらステキ


(178日目)

merci
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-12 16:39 | つぶやき

混雑(-。-;上野

三連休ですものね。
仕方ないです。

駅ナカで
なんとか一服しました。

20分待ちだった
科博・チョコレート展
については
今週中にUPしまーす。

非常累了


(177日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-11 16:33 | つぶやき

悪魔的⁈ トム・クルーズ

今週のシネマ・アディクトは
トム・クルーズ

e0295455_1495513.jpg


トム・クルーズと言えば
やはり
「トップ・ガン」
e0295455_1495897.jpg


この映画、
トムの盟友で
事故死してしまうレーダー担当
の妻役が
メグ・ライアン


はかなげで。
一瞬ですけど
強い印象です。


さて番組は

「卒業白書」
「コラテラル」

を中心に語られました。
e0295455_374944.jpg


残念
卒業白書、観ていません。

エア・ギターの場面。

ピンクのシャツと
白いブリーフ&白いソックス
e0295455_374865.jpg


で、
ボブ・シガーを歌うトムが
最高だ

と、芝山さん。

清水節さんの裏ネタによると
この場面
もともと振り付けは無かったのが
トムが勝手に動き始め
カメラがそれを追っていったと。

そして
この演技で
ゴールデングローブ賞ノミネート。

知りませんでした
こんな若いトム・クルーズ
e0295455_1495587.jpg

いや〜この瞳に
デートを誘われて断れる女子
いないんじゃないでしょうか⁈

芝山さんは
トム・クルーズを
「デモーニッシュ」
「無意識過剰」
「エグミが有る」
と評されていました。

面白いですね。

昔、淀川長治さんが
映画のプロモーションで
自家用ジェットで来日したトムに

俗物になる戒めをこめて
「そんなことしちゃいけない!」
と、怒ったそうですが

トムは
身の安全を心配されてる、
としか考えつかず

屈託の無い笑顔で
「大丈夫、大丈夫」。

「性格がピュア過ぎて
ちょっと心配」
と言うようなことを
仰っていました。

この辺りが
芝山さんの言う
「悪魔的」な部分に
通じるのかもしれません。

清水さん曰く
ちょと低迷感があったのが
ミッション・インポッシブルで
完全復活。
プロデューサーとしても
優れた才覚がある、と。

e0295455_1495653.jpg


そういえば
オーストラリアから
ニコールを連れてきたのも彼。

人を
独特の勘で見抜く
力があるのではないでしょうか。


「ハスラー」
「レインマン」
「エージェント」

など
ヒット作は枚挙に暇がありませんが

私は
「7月4日に生まれて」
が印象深いです。

デートで観てはいけないと
聞いたことがありますが(^^;;

ストーリーの
前半と後半で別人のような演技。
驚きました。

学生時代は
レスリングの選手だったので
筋肉もハンパないです。
e0295455_1495687.jpg



この映画で
ハイスクールのガールフレンドが
進学する大学から
シラキューズ
と言う地名を知ったのですが、
トム・クルーズの出身地が
シラキューズでした。


トム演じる主人公が
負傷して戦線から帰還し
故郷で表彰される場面が有るのですが

この、少し息苦しい映画の中で

軍服で正装したトム・クルーズは
月明かりで咲いた白ユリのように

清々しく爽やかでした。



番組ナレーションでは
ハリウッドでもトップクラスの
マネーメーキングスター
と言っていましたが

そんな言い方もあるんですね。

一流のスターを指して

「ハリウッドの女神に愛された」

と言う言い方もありますが

トム・クルーズは

翼の生えたシネマ好きの天使が
ハリウッドに舞い降りた

と言った方が
正しい気がします。

ずっと輝いていて欲しい。
e0295455_1495751.jpg


(176日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-10 21:29 | テレビ

Ha!ッt 極める、フェイ・ダナウェイ

BS「シネマ・アディクト」

先週は
フェイ・ダナウェイ
でした。

すみません、
フェイ・ダナウェイの映画は
一本も観ていません。

映画史上に残るラストシーンが有名な
「俺たちに明日はない」

オスカーを獲った
「タワーリングインフェルノ」

など、
私にとって心理的にアウェーな
ジャンルへの出演が多いから
かもしれません。

評論家の芝山幹郎さんは
「70年代の女優」
「時代と寝る中で存在が輝いた」
と、評価していました。

編集の白木緑さんは
取材した時、
評判よりずっと気さくだった
とのこと。

石川三千花さんでしたか、
フェイ・ダナウェイを
骨美人
と評したのは。

観ていないのに
なんですが、

フェイ・ダナウェイ
と言ったら
帽子美人
の印象です。

e0295455_2193119.jpg

チャイナタウンとか

あの名作も
e0295455_2193236.jpg


これだけ似合うのは
やっぱり骨美人だから⁇

だって帽子が無いと
印象が
e0295455_2193361.jpg

なんとなく普通……。
(ご、ごめんなさい????)


浅い内容ですみませんm(_ _)m

でも取り上げたのは
魅かれるものがあるからです~。



(175日目)
[PR]
by abby819lucky | 2013-02-09 20:39 | テレビ