暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 - F...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
関東
画像一覧

<   2015年 03月 ( 27 )   > この月の画像一覧

放菴の日本画・出光美術館

丸の内・出光美術館の企画展

没後50年ー東洋への愛ー
小杉放菴展


を、見て来ました。
HPはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

※番号は、作品リストの番号
※記載なしはすべて出光美術館所蔵

※以降、日本画は個人的趣味の抜粋になります。


第Ⅲ部 文人・放菴の世界
e0295455_21572924.jpg



<第六章>
神話や古典に遊ぶ
e0295455_21573041.jpg



漢学の碩学、公田連太郎と出会い、
昭和2年から自宅で漢学を学ぶ会を主催。影響を受けます。昭和9年には妙高高原の別荘で自然と親しみ、作画するようになりました。


46.白雲幽石図 1933年 小杉放菴記念日光美術館
e0295455_21572981.jpg


47.荘子 1941年
e0295455_21573138.jpg



48.洞裡長春 1928年
e0295455_21573230.jpg


49.さんたくろす 1931年
e0295455_21573376.jpg

放菴は日本に児童絵本の良い物がないと、漏らしていたそうです。我が子の為に描いたとも言われる作品。

52.天のうずめの命 1951年
e0295455_21573350.jpg
敗戦後の日本に、なんとか元気を与えたいという願いで描かれた作品。同じく元気な歌声で人々を力付けた歌手・笠置シヅ子がモデル。
e0295455_17524443.jpg



53.古事記八題より 1941年
e0295455_21573426.jpg



56.金太郎 昭和時代
e0295455_21573488.jpg

長閑な春風に吹かれる心地良さ。伝わります。

57.花咲爺 昭和時代
e0295455_21573564.jpg


58.湿婆神舞踊 1928年
e0295455_21573615.jpg



<第七章>
十牛図の変容
e0295455_21573795.jpg


暮らしに親しい牛は、放菴が好んだ題材。後年は「十牛図」や「出関老子」などの中国古典文学のテーマと重なって描かれました。

59.帰牧 1927年
e0295455_21573792.jpg


60.金太郎遊行 1942年 泉屋博古館分館
e0295455_21573874.jpg

アケビ、野葡萄、りんどう、、、とても愛らしい作品。でも、どう見てもウサギが大き過ぎる気が?

61.出関老子 1919年
e0295455_21573996.jpg


63.田父酔帰 1928年
e0295455_21574094.jpg

構図、老人が気付きを得る瞬間の表情、混然と溶け合う色彩。素晴らしいです。

64.金時遊行 昭和時代
e0295455_21574083.jpg



(955日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたに心踊る出来事がありますよ??うに

More
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-31 06:34 | 日本美術

放菴、線の発見・出光美術館

丸の内・出光美術館の企画展

没後50年ー東洋への愛ー
小杉放菴展


を、見て来ました。
HPはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

※番号は、作品リストの番号
※記載なしはすべて出光美術館所蔵

※以降、日本画は個人的趣味の抜粋になります。


第Ⅱ部 <東洋への愛>の目覚め
e0295455_21213124.jpg


<第四章>
大雅との出会いー文展入賞〜深まりゆく東洋画憧憬の心
e0295455_21213216.jpg

放菴が渡欧した1913年代のパリは、ピカソやマティスによる前衛芸術が台頭していました。そのような流れの中で、放菴は、池大雅の南画の線に惹かれていきます。大雅芸術の美点の全てが「太く緩く引かれたる線條にある」と語るほどでした。

右:洞庭秋月 瀟湘八景図 八幅対の内 池大雅 江戸時代
左:洞庭秋月 小杉放菴 昭和時代
e0295455_2121337.jpg


右:瀟湘夜雨 瀟湘八景図 八幅対の内 池大雅 江戸時代
左:瀟湘夜雨 小杉放菴 昭和時代
e0295455_21213363.jpg


右:竹裏館 池大雅 江戸時代
左:竹裏館 小杉放菴 昭和時代
e0295455_2121346.jpg


右:籠煙惹滋図【重文】浦上玉堂 江戸時代
左:夏山 小杉放菴 昭和時代
e0295455_21213528.jpg


初秋水村図巻 小杉放菴 1925年
e0295455_21213695.jpg


大雅堂瀟湘八景扇面小皿 小杉放菴 画 ・
板谷波山作陶 大正時代 田端文士村記念館 /最下部・参考 池大雅 洞庭秋月図(東山清音帖のうち) 【重文】


<第五章>
麻紙の誕生と絵画の革新ー<東洋回帰>と見られて
e0295455_21213779.jpg


大正末期に福井の紙漉き職人、岩野平三郎が平安時代以来の麻紙の再現に成功。放菴はこの紙に魅せられます。1929年中国旅行に際して、号を「放菴」と改めると 転向 と批評されました。しかし放菴自身は「自分はずっと続いた一本道だと思う」(小杉放菴「半世紀以上」、昭和35年(1960))と、信念が揺らぎませんでした。

34.ブルターニュ風景 1913年
e0295455_21213644.jpg


35.ブルターニュの村の八月 1914年 栃木県立美術館
e0295455_21213818.jpg


36.或る日の空想 1916年
e0295455_21213814.jpg


39.帰院 1926年
e0295455_21213976.jpg


42.釣秋 1920年
e0295455_21214033.jpg


44.湖山春色 大正時代 小杉放菴記念日光美術館
e0295455_21214137.jpg


45.黄初平 1915年 小杉放菴記念日光美術館
e0295455_21214114.jpg
黄初平とは、石を羊に変えたと言われる中国の仙人




(954日目)

ご覧下さりありがとうございます。あなたの心に温かさが届きますように??

More
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-30 07:50 | 日本美術

マグリットもルーヴルも行列

早々にマグリット展へ。
e0295455_10191626.jpg

ルーヴル(フェルメール!)は
混んでいるけれど
マグリットは空いてる

と聞いたのに
春休みの土曜日は
メチャ混みでした。

特に午後は混むようです。

物販も激混みで
二重位の長蛇の列。

何も買わずに出てきました。

せめてチケットは
オンラインで事前購入を
オススメします。

中でも並ぶのに
勿体無いです〜〜

でも
麗らかな春の1日に、
多くの人が

フェルメールはじめルーヴルの佳品や、

マグリットのシュールな世界

との出会いを果たしたと思うと
すっごく嬉しいですね!

みなさん、どんな感想を
もたれたのかな〜?

都心は桜が早く
新国立美術館周辺も
見事でした。
e0295455_10191688.jpg




ミッドタウン裏の
夜桜も夢のように綺麗でした??
e0295455_10191752.jpg


More
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-29 09:57 | 植物たち

安田講堂大壁画・出光美術館

丸の内・出光美術館の企画展

没後50年ー東洋への愛ー
小杉放菴展


を、見て来ました。
HPはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

※番号は、作品リストの番号
※記載なしはすべて出光美術館所蔵


第Ⅰ部 洋画家・未醒のすべて

<第三章>
洋画家としての頂点ー文展入賞〜東京大学大講堂大壁画
e0295455_9512832.jpg


帰国後の放菴は、横山大観によって日本美術院の洋画部門のリーダーに迎えられます。大正9年(1920年)に院から脱退して春陽会に加わると、東洋的傾向は益々強まりました。壁画製作にも多く取り組んだ中で、最大の仕事が東京大学大講堂大壁画でした。憧れのシャヴァンヌのソルボンヌ大学壁画を念頭に、放菴の個性が発揮された壁画は大好評を得ます。しかし、この作品を最後に、放菴は麻紙と出会い、本格的に水墨画の世界に入ってゆくことになります。

(参考)
安田講堂壁画(川北倫明編『小杉放菴画集』、日本経済新聞社、1987より転載)
e0295455_9513273.jpg

ソルボンヌ大学壁画(Aimée Brown Price,“Pierre Puvis de Chavannes”,Yale University Press,2010より転載)
e0295455_9513398.jpg



18.湧泉 1925年
e0295455_9512819.jpg



19.羅摩物語 1928年 東京国立近代美術館
e0295455_9512940.jpg



20.炎帝神農採薬図 1924年 大阪市立大学医学部附属病院
e0295455_9513090.jpg




(953日目)

ご覧くださり、ありがとうございます。あなたの大仕事が大成功しますよ??うに

More
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-29 09:09 | 日本美術

未醒の洋画から日本画へ・出光美術館

出光美術館(丸の内)で開催中

没後50年ー東洋への愛ー
小杉放菴展


を、見て来ました。
HPはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

※番号は、作品リストの番号
※記載なしはすべて出光美術館所蔵


第Ⅰ部 洋画家・未醒のすべて

<第二章>
西洋画による洗礼ー文展入賞〜パリ時代
e0295455_23464343.jpg


1907年より始まった文展に「水郷」「豆の秋」で最高賞を受賞。翌1913年より渡欧。憧れのピェヴィス・ド・シャヴァンヌを中心に半年間、パリを拠点に西洋画を見て回る。此処で、池大雅の複製に出会い、帰国後は日本画へ傾倒していきます。

8.水郷 1911年 東京国立近代美術館
e0295455_23464365.jpg
漱石が絶賛した絵画。

(参考)
e0295455_23464446.jpg
類似点を指摘される、ピェヴィス・ド・シャヴァンヌの「貧しい漁夫」1881年 オルセー美術館
今回、無理をおして足を運んだのは、この「水郷」が出ていると知ったからです。竹橋で馴染みのこの画の画家が、金太郎の画家と同一人物であることを、恥かしながら初めて知りました。そして、この「水郷」。先のホドラー展で、日本における需要の考察で取り上げられていたのです。こういう関連は大事にしたかった。行ってみて大正解でした。特にこの後の3点はとても気に入りました。油彩なのにフレスコのような乾いた質感と穏やかな色調が魅力です。


9.スペイン風景 1913年
e0295455_23464560.jpg



10.スペイングラナダ娘 1913年
e0295455_23464593.jpg



11.アルハンブラの丘 1913年
e0295455_23464696.jpg



12.湖畔 1914年
e0295455_23464791.jpg



13.飲馬 1914年小杉放菴記念日光美術館
e0295455_23464712.jpg



14.神詣 1915年
e0295455_23464895.jpg



15.秋景 1918年
e0295455_2346481.jpg



16.初夏山雨 大正時代
e0295455_23464942.jpg



17.雨後 1919年
e0295455_23464973.jpg




(952日目)

ご訪問、ありがとうございます。あなたの帰る場所が安寧でありますよ✨うに

More
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-28 23:36 | 日本美術

小杉未醒の誕生・出光美術館

出光美術館(丸の内)で開催中

没後50年ー東洋への愛ー
小杉放菴展


を、見て来ました。
HPはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

※番号は、作品リストの番号
※記載なしはすべて出光美術館所蔵


第Ⅰ部 洋画家・未醒のすべて

<第一章>
蛮民と呼ばれてー日光〜田端時代
e0295455_1923019.jpg


明治14年(1881年)、日光二荒山神社の神官で国学者の父の元に生まれた放菴は、幼名を国太郎と言いました。15才で地元の画家、五百城文哉(いおき ぶんさい・高橋由一門人)の内弟子となり、18才で上京。小山正太郎の画塾に入門。酒好きで「未醒」を名乗ります。日露戦争に挿絵画家として従軍した後は、田端の自宅近辺に倶楽部を作り、美術同人誌を発行。ご近所の芥川龍之介は外貌が勇壮ながら繊細で優しい放菴を「未醒蛮民」と、呼びました。

e0295455_19225915.jpg
若き日。
なかなか精悍な風貌です。

e0295455_1923144.jpg
自画像 1930年 49歳

1.日光東照宮 1901〜02頃
e0295455_192312.jpg


2.日光東照宮 五百城文哉 明治時代
e0295455_1923290.jpg



3.牛久沼 1923年
e0295455_1923341.jpg
沼のほとりの人物は親友、小川芋銭夫妻

4.漫画十題 明治時代
e0295455_1923397.jpg


5.婦人立像 1911年頃 栃木県立美術館
e0295455_1923422.jpg
妻、春がモデル。同様に妻をモデルとした作品「木蓮」がある。背景の白木蓮に装飾的要素がうかがえる。白木蓮、長い前掛けのフリルの白、ちらと見える足袋の白。新妻への愛情が伝わってくる佳品です。

そのほか、漫画と言われる挿絵が
多く展示されていました。


(951日目)

ご訪問、ありがとうございます。あなたのギャップは愛されています??よ

More
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-27 07:08 | 日本美術

小杉放菴展・出光美術館

NHK教育「新日曜美術館」アートシーンでの紹介に一目惚れ!

出光美術館(丸の内)で開催中

没後50年ー東洋への愛ー
小杉放菴展


を、見て来ました。
HPはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

e0295455_20564742.jpg


パステルみたいなタッチが
とてもステキ!
この色彩!

誰も気付いてくれませんでしたが
1人、オレンジしばりで
鑑賞しました。

共に踊り出したくなるような
「天のうずめの命」

モデルは、
ブギの女王、笠置シヅ子さん❗️
だそうです〜!

子供の頃、テレビで拝見した時は
明るく優しいおばあちゃん
といった印象でしたが

つられてしまうような
温かな笑顔は
今も記憶に残っています。

この絵については
また後ほど
取り上げます。

期間限定の襖絵が見たくて
2週間ほど前に行きました。

会期は今週いっぱいですし
只今、学生無料ウィークなので
混雑しているでしょうね。

2週間前も
結構な人でした。

出光は照明や配置のせいか
みなさん、とてもマナーが良いので
混雑していても
絵に集中できて嬉しい美術館です。

かなり無理をしましたが
本当に行ってよかった展覧会。

オススメです!

そして
無理な方は、
明日からの拙ブログで
絵の雰囲気だけでも
味わって頂ければ、と思います。

頑張ってアップします??



(950日目)

ご訪問ありがとうございます。今日もあなたのハートが元気ですように??

More
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-26 06:43 | 日本美術

「6月の薔薇」ジャンヌ・ゴンザレス

e0295455_20353519.jpg
「6月の薔薇」
1878年 個人蔵
(「印象派の華」展カタログ
©Art Life Ltd. , Japon 1995 )


一昨日の記事。
エヴァ・ゴンザレスの妹、ジャンヌ。

ゴンザレス姉妹は
スペイン系の裕福な商家の生まれで
高い教育を受けたそう。

モリゾ姉妹と重なります。

姉、エヴァの方が注目されますが
ジャンヌの絵も深みがあって、
ステキだな〜と思います。

漆黒に近い背景は
花に集まる光を際立たせ

こぼれそうな花弁には
しっとりとした質感があります。


「6月」と題にありますが
比較して見たくて
取り上げました。


個性の違いを
楽しめましたでしょうか。



(949日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたの心が潤いますよ??うに

More
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-25 20:13 | アート

金月

こんな記事がシェアされました。

西の空に天体ショー
http://www.tenki.jp/lite/forecaster/diary/
yosh_ika/2015/03/23/22221.html


<記事概略>
23日、月と金星が最接近。
その下方の火星と
西の空に並ぶ


昨日は全天雲だったので
位置は多少ズレますが
今日
頑張りました。


e0295455_20123554.jpg

火星が見えない……


e0295455_20123667.jpg

火星……

……

……




東南の空には木星
e0295455_20123788.jpg



嘘です。あてずっぽう。
たくさん明るい星があって
どれだか分かりません。

火星は暗褐色だから
分かると思いきや
なかなか手強く
見つけられませんでした(T_T)


オリオンがだいぶ西へ傾いて
勇壮な姿も
そろそろ終わりだなぁ


春を感じた
宵の空

楽しかったです☆



(948日目)

ご訪問ありがとうございます。あなたに春のトキメキ??がありますよ??うに

More
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-24 20:12 | 今日の空

「コップに挿した薔薇」エヴァ・ゴンザレス

e0295455_20241440.jpg

コップに挿した薔薇
1880-82年頃 個人蔵

(「印象派の華」展カタログ
©Art Life Ltd. , Japon 1995 )





(947日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたに優しい出来事がありますよ??うに
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-23 20:10 | アート