暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 - F...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
関東
画像一覧

<   2015年 07月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ブルームーン




この次あるのは2018年
という
ブルームーン

街の灯りに溶け込んで

夢のように
ユラユラ

ほの蒼い光は
街の隅々に溶け込んで

泉のように
ユラユラ



あなたの幸せが
ずっと続きますように

あなたに幸せが
たくさんやってきますように


e0295455_18075636.jpg






(1077日目)
[PR]
by abby819lucky | 2015-07-31 23:50 | 今日の空

トーハクのトーケン、その2。



トーハクで見た
トーケン特集の
続きです。

重文 短刀 越中則重 鎌倉時代 14世紀
e0295455_16230060.jpg


国宝 刀 相州貞宗(名物 亀甲貞宗)
銘 貞宗 鎌倉〜南北朝時代14世紀
渡邊誠一郎氏寄贈
e0295455_16230052.jpg


重文 太刀 長船光忠 銘 光忠
鎌倉時代 14世紀
e0295455_16230109.jpg



1階常設展示スペース

太刀 菊御作(伝 後鳥羽上皇) 鎌倉時代14世紀 茎に菊
e0295455_16424727.jpg

後鳥羽上皇は刀剣に造詣が深かったそう。
これは承久の変の際に兵士を鼓舞するために上皇自ら鍛造されたと伝わる太刀。


国宝 短刀 相州行光 銘 行光 鎌倉 14世紀
長く北陸の前田家に伝えられた
e0295455_16424890.jpg



現在は厚藤四郎などが
出ているそうです。

9月23日まで。
夏休みが終わったら急いで行きます〜〜
e0295455_17021200.jpg





(1071日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたの心配事が見事に無くなりますよ✨うに

ゲームとかは分かりませんが、以前から刀剣は好きな方です。精神性の高さに惹かれます。
[PR]
by abby819lucky | 2015-07-25 11:33 | 工芸

トーハクのトーケン


この時期

トーハク(東京国立博物館)
なら
トーケン(刀剣特集)

外せない
企画

だそうです。

7/20まで展示の
おじいちゃんこと三日月宗近
を見ました。

なにが 「おじいちゃん」やら
さっぱりわからんちんですが。笑。

国宝 太刀 三条宗近(名物三日月宗近)
平安時代10〜12世紀 渡邊誠一郎氏寄贈
e0295455_13311876.jpg


e0295455_13311901.jpg


人だかりで
これが精一杯。

その他
よく分かりませんが
私なりに美しいと思ったものを
撮りました。

重文 太刀 尻懸則長 (銘 大和則長)
鎌倉時代 13世紀
e0295455_16144198.jpg



重文 太刀 長船兼光(名物 福島兼光)
銘 備州長船白東光 南北朝14世紀
渡邊誠一郎氏寄贈
e0295455_16144111.jpg



続く。。。



(1070日目)

ご覧下さりありがとうございます。あなたの決心がスパッと上手くいきますよ✨うに


昨年秋に、西日本の友人に会いに行ったとき、友人のお子さんへのプレゼントを大きく外しました。そちらの方では流行っていなかったみたいで。f^_^;)。ところがメール添付で三日月宗近を送ったら、お子さんたち、大興奮アゲアゲだったそうです。リベンジ出来たかな?
[PR]
by abby819lucky | 2015-07-24 23:39 | 工芸

「大彦」コレクション、その後

東京国立博物館
本館
〜8月2日(日)

特別 1,2室 (2階)

呉服商「大彦」小袖コレクション


後期展示からの抜粋の、続きです。




<特別2室>

彦根更紗 白地花文様更紗 17~18世紀インド 彦根藩井伊家伝来
e0295455_19572488.jpg

女性の夜会服としても人気だったそうです。

彦根更紗 浅葱地立涌菊花散文様更紗 18世紀インド 彦根藩井伊家伝来
e0295455_19572555.jpg



以上

大彦コレクションは全て
野口彦兵衛旧蔵


常設展にも素晴らしい着物がありました。

帷子 黒麻地御簾藤模様 江戸.18世紀
旧久留米藩藩士家伝来
e0295455_19572505.jpg

武家の女性が着用した帷子。
御簾の風に捲れる様子が大胆です。


江戸の香りに当てられて
すっかり気持ちがゆったりしたら
秋口にはこちらが控えております。
「大羊居・大彦 60年ぶりの兄弟展」2015.9.3〜9.8
Gallery 5610(表参道駅より徒歩3分)
e0295455_20160858.jpg



こちらも凄い予感!
要チェックです🎵
e0295455_20160845.jpg
e0295455_20160991.jpg

こちら写真は全て本展フライヤーによります。





(1069日目)

ご覧下さりありがとうございます。あなたに面白い発見沢山ありますよ🎵うに
[PR]
by abby819lucky | 2015-07-23 23:21 | 工芸

「大彦」コレクション、抜粋

東京国立博物館
本館
〜8月2日(日)

特別 1,2室 (2階)

呉服商「大彦」小袖コレクション

明治8年(1875年)
東京日本橋橘町に創業した
呉服商「大彦」。

創業者の大黒屋・野口彦兵衛による
小袖コレクション。


後期展示を見ました。

<特別1室>

■「大彦」小袖コレクション

重文・小袖 白練緯地松皮菱竹模様 1領
安土桃山〜江戸時代
伝/徳川家康より鷺流狂言師鷺仁右衛門宗玄拝領
e0295455_19485047.jpg



小袖 白綸子地斜縞歌文字模様 江戸.17世紀
e0295455_19485007.jpg



■ 御祝儀模様と夜着、産衣ー吉祥模様

産衣 黄麻地紅葉鳥兜模様 江戸.19世紀
e0295455_19485151.jpg



打掛 白綸子地松竹梅鶴亀模様 江戸.19世紀
e0295455_19485147.jpg

とっても豪華な打掛。縁起の模様に込められた願い。どんな物語が秘められているのでしょう。


<特別2室>

■ 茶屋染、御殿模様、御所模様

帷子 白麻地風景模様 江戸.18世紀
e0295455_19485144.jpg
e0295455_19485276.jpg




打掛 紅綸子地水仙梅葵菊七宝模様 江戸.19世紀
e0295455_19485200.jpg

こちらも総刺繍。お見事。


帷子 浅葱麻地清水風景 江戸.19世紀
e0295455_19485226.jpg



■ 友禅染、されど「加賀染」

振袖 白縮緬地梅樹衝立鷹模様 江戸.18世紀
e0295455_19485323.jpg

その柄から男衆さんの物と推測されているそうです。個人的に好きな一着。

小袖 白茶縮緬地風景模様 江戸.18世紀
e0295455_19485312.jpg

大きな太鼓橋は住吉さんを表しているそう。海に近く、航海の守神であり、和歌の神でもある住吉さんは古くから広く信仰を集め、縁起の良い柄としても人気があったそうです。



(1068日目)

ご覧下さりありがとうございます。あなたに雅の風が届きますように🎇
[PR]
by abby819lucky | 2015-07-22 23:08 | 工芸

呉服商「大彦」の小袖。トーハク

東京国立博物館
本館
〜8月2日(日)

特別 1,2室 (2階)

呉服商「大彦」小袖コレクション



ただいまは7月7日からの
後期展示

<特別1室>

■「大彦」小袖コレクション

■ 御祝儀模様と夜着、産衣ー吉祥模様

<特別2室>

■ 茶屋染、御殿模様、御所模様

■ 友禅染、されど「加賀染」

約60点弱


出品リストの解説によりますと

明治8年(1875年)
東京日本橋橘町に創業した
呉服商「大彦」。

創業者の大黒屋・野口彦兵衛による
小袖コレクション。

単に古着として売買されていた
江戸時代の小袖に
歴史的、美術的価値を見い出した点が
特筆に値します。

単なる蒐集に留まらず
様式や染織技法による分類を試み

江戸時代のファッション誌「小袖模様雛形本」を参考に独自の研究を重ねていた
野口彦兵衛。

新しいものを生み出すために
あえて古きに真摯に学び
個性的で質の高いコレクションを
成し得た「大彦」から
名品・珍品を選りすぐっての
展示です。


会期残り僅かですが

和服に興味がなくても
工芸品としての美しさを堪能

和服好きなら尚更!
おすすめしたい展示です。

「紅綸子地 水仙 梅 葵 菊 七宝模様」
なんてどんな人が着た打掛だろう〜
と、リストを見るだけで
ワクワクします🎶

リストは一階受付で貰えますので
お忘れなきよう。

大変充実した展示でした。


蛇足ながら
とっても萌え〜〜だった
「小袖模様雛形本」(江戸時代)

小袖のデザインカタログ。

江戸の時代に

どんな柄で誂えよう?

な〜んて、母娘や夫婦で
もしくは、奥様同士で?
ウキウキしながら頁をめくったのかも
しれないと、思うと
とっても楽しかったです。

「お初さま、今度の竹之内様のお話会
どんなお召し物になさいます?」
「そうねぇ〜竹柄は避けるべきかしら?」
e0295455_19094907.jpg

「そうですわね〜ちょっと!良いのがありましてよ!これ、いかが?縁起の良い凧に燕ですわ!」
e0295455_19094967.jpg

「あの方、凧は蛸に通じるって、お嫌いなのよ。それにこの燕、なんかひしゃげた柄杓みたい。だめ、だめだめ!」
「では、これなんぞいかがかしら?この萌黄色、あなたのお肌によく映えると思いますわ」
e0295455_19095023.jpg

「ふふ〜ん、やっぱりカラーはイメージし易くって良いわね!でも菊柄は3枚も持っているのよね。そういうお琴様は?なんだかもう決まっているような、余裕がおありね!」
「え、ええ、まあ。とりあえず目星は付けてあって、、、」
「ま、なに?今、後ろに何かお隠しになった?抜け駆けはズルいですわよ!」
「ちょ、ちょっと、おやめになって!お初様!乱暴狼藉!ひどい!」
「ひ、ひど、ひどいわ、ど、どっちっ!
わたくし、この雛形本、見ていなくてよ!……あーー!何これ!私も!この柄が良いっ!」
「(ばしっ!)だめよっ!お初様!これは!わたくしが先に見つけましてよ!」
「なんと!乱暴狼藉はお琴様!今一度お見せ下さりませ!」
かくして若きご新造様御二方、小袖の柄を巡って大乱闘。
な〜んて妄想を抱いちゃった罪作りな柄もありました。
e0295455_19095034.jpg








(1067日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。夏の涼があなたに届きますよ🎐うに
[PR]
by abby819lucky | 2015-07-21 00:46 | 工芸

やっと会えたS女史

会いたかった人に
やっと会えた

会いたかった絵に
やっと会えた


連休最終日の午後

出来れば小雨のグレーの空の下で
会いたかったけれど

ピーカンの
夏空

館内は凍えるほど寒くて
首にしていたストールを
広げて肩からくるりと巻いた

でも、ねえ
ヘレン

あなたの過ごした季節の方が
ずっと寒さは厳しかったのよね

そんな風に
話し掛ける
気安さが

本物のあなたにあったかどうかは
分からない


キャプションや
映像で
繰り返される
人生のストーリー

でも
そうじゃないの

それも、あるかもしれないけれど



そのものを
味わって欲しい


わたしは
絵の中に
目指していたものを
掴みたかったのよ

それを
感じてくれたら、、、


そんな声が執拗に
耳底に谺して
なんどもホールを巡った


その国の長い冬のような
あなたの人生を思ったけれど

絵との対話は
その国の短さに凝縮した夏の美しさ
のように

言葉を失う幸福感に満ちていた


人生は
長かった?


「かわいい」と印象に飛びついたり

「このテクニック!したを巻くわ!」
と、絵を描く人は評価したり

色んな感想が飛び交っていたけれど
声にならない感想も渦巻いていたけれど


あなたそのものをしる美術展か
であることは
たった一つ
確か



あなたに会えて
良かった

こんな東の果ての
小さな国まで
来てくれて
ありがとう

e0295455_06394008.jpg

≪赤いりんご≫Helene Schjerfbeck 1915年 油彩・カンヴァス フィンランド国立アテネウム美術館蔵



(1066日目)

ご覧くださり、ありがとうございます。あなたが会いたい人に会えますよ💕うに
[PR]
by abby819lucky | 2015-07-20 23:19 | つぶやき

web座談会 初参加

今朝10:00から開催の

参加型web座談会~2015夏休みwebでアートトーク~

参加しました!

webでの座談会って
初めてだったので
楽しみにしていました。

前準備にちょっと手こずり、
慌てました。
PCでの入室が出来なかったのですね〜〜
大きな画面で参加したかったのですが。

しかし
背に腹は変えられない。
スマホにアプリをダウンロードして
参加しました。

なので
画面の切り替えごとに
ちょっと音声が途切れたり
チャット参加が
不便だったりと
若干の不都合はありました。

でもでもそれも
面白さの一つ。
いまは満足感でいっぱいです♡

主催はウィンダム

進行役は
アートのカリスマ、

青い日記帳のTakさん

そして

深遠なる哲学をお持ちの、
はろるどさん http://blog.goo.ne.jp/harold1234


お二人の知的に息の合った
漫談 会話に
時に爆笑しつつ

大変楽しい1時間半を過ごしました🎶


前半は
この夏、注目の展覧会の紹介。
山﨑館長を招いて
特に山種美術館の今後の展示を詳しく。

休憩10分をはさんで

後半は
年間400展も鑑賞なさる
練馬区立美術館の
若林館長を招き、
アートの楽しみ方のアドバイスを
お聞きする

という内容。


進行中に
随時アンケートがとられ
すぐにその結果が表示され、

それを元に
また話が進んでいく

「参加している」感が
リアルに感じられたのも
大きな魅力でした!

アンケートも
あらかじめ用意されたもの以外に

「ちょっとこれ
皆さんに訊いてみましょうか」
と、突然ふられ

「いま、選択肢聞き漏らした!」
なんて発言が入ったりして
本当、面白かったです。


そんな中、
ゲストの館長、御二方のお話は
特に聞き応えがありました。

山種美術館の
山﨑館長は
暑い中でも、
相変わらず見目麗しく✨

そんな館長から
「ゆかいな大観、目出度い若冲」
なんてキャッチーな言葉がでるとは
びっくり!

これは「Happyな日本美術」
とのサブタイトルがつき、

来年年明けの特別展
なのだそうです。
楽しい展覧会になりそうです!

個人的に前のめりになってしまったのは

「裸婦像」重文認定記念
『村上華岳 展』

です。
スケジュールはこちら↓↓
山種美術館

http://www.yamatane-museum.jp/exh/schedule.html

村上華岳といえば
わたしにとっては
何必館
http://www.kahitsukan.or.jp

河原町まで行ったら
可能な限り立ち寄っていた
大好きな場所

「太子樹下禅那」
という絵は

絵画が
その美によって
見るものを引き込む

吸引力だけではなく

放つ輝きによって
空間を統べてしまう

放出の美
というものを持っていることを

厳かな雰囲気の中で
教えられました。

この秋、必見!の美術展です。


一方、

若林館長は
豊富な経験から
アートに対する視点を
ほんの少し広げてみよう、
と大変示唆に富むお話。

特に練馬区立美術館を
全面的にリニューアルしたことで

中村橋という街自体も活性化した
という成功談を引き合いにしたお話には
説得力がありました。

美術館を運営するサイドの方の
思いや姿勢がうかがえたことは
鑑賞者にも大変有意義でした。

「美術館は内側だけでなく、
外側も
アーティスティック
でなければならない」

敷地の庭園を一部ではなく
全体に作り変えた時の
館長のポリシーです。

鑑賞者も
一歩敷地に足を踏み入れたら

建物内の展示品だけでなく

貪欲に
目を光らせて?笑
空間全てを
味わい、楽しみたい
と、思わされました。

練馬区立美術館、
恥ずかしながらまだ行ったことが
ありません。

「あしたのジョー 展」
など、地域に所縁のある
ユニークな企画も数多くされています。

練馬区立美術館

現在開催中の展覧会はこちら↓↓

http://www.neribun.or.jp/web/01_event/d_museum.cgi?id=10249
舟越保武展

絶対行きます!


まだまだ書き足り無いのですが
とりあえずここまで。

とっても素敵な企画を
ありがとうございました。


次回は出来れば
休館日の多い曜日や時間
に設定してもらえると
更に!嬉しいです。笑。

でも本当に楽しかった!🎶


(1065日目)

ご覧頂き、ありがとうございます。あなたにワクワクすること、沢山降ってきますように✨

[PR]
by abby819lucky | 2015-07-19 21:03 | アート



e0295455_19314882.jpg


大きな二重の虹でした。


(1064日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたに飛躍のステップが訪れますよ☆うに
[PR]
by abby819lucky | 2015-07-18 19:31 | 今日の空

ボルドー展、物販

9月23日まで
国立西洋美術館で開催中

ボルドー展
美と陶酔の都へ

を見てきました。

HPはこちら
http://www.nmwa.go.jp/jp/exhibitions/2015bordeaux.html

物販で
買ったものをまずアップ。

というのも
今日、これを開けるからです。

e0295455_21165497.jpg


買っちゃいました。
会場限定ボルドーワイン🍷

赤と白のセット2700円也。


もともとワインも目的の一つ。

田崎真也セレクションも
食指が動きました。
が、

やっぱり限定品に弱い〜〜
何が限定って
恐らくラベルだけだと思うのですが

いちばん美術展を
思い出しやすいかしら?
と。

めっちゃ重かったので
今回はこれしか買っていません💦

金曜ナイトに買ったワインを
金曜の夜にあける。

7月ですもの
良いですよね。


(1063日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたの乾杯がとびきり幸せですよ🍷うに

* ワインの説明書き *

品名:グラン・クール ボルドー・ブラン

伝統ある特級シャトー、
フィリップ・カステジャ氏。

“Grand coeur ”(大いなる情熱)
によって造られた
ボルドーならではの
エレガントかつしっかりとした味わいの
白。

感想 : 一口ふくんでビックリ!真ん中が空洞みたいな印象なのです。
ところが、これが魚に合う!
素人の感想で恐縮ですが
お料理とのマッチングでこんなに
味わいの変化を感じたのは初めてです。

効率よく酔いました〜〜(^^)
ご馳走さまでした♫
e0295455_10031499.jpg




[PR]
by abby819lucky | 2015-07-17 21:16 | 国立西洋美術館