暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 - F...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
関東
画像一覧

<   2015年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

やっぱり凄い!兵馬俑 (2)

東京国立博物館(上野)にて

2016年2月21日まで開催中

始皇帝と大兵馬俑 展
e0295455_18244178.jpg



11月6日ナイトで
観てきました。

トーハクさんの画期的なレイアウト。
e0295455_18244154.jpg


いよいよ
第2会場です。

【第Ⅲ章】
始皇帝が夢見た「永遠の世界」
兵馬俑と銅車馬


歩を進めると

真っ白な部屋。

手術室のような
宇宙船の中のような

不思議な感覚に陥る
眩い部屋の中央に

1号、2号の銅車馬が
むき出しで展示されています。

e0295455_23352176.jpg

本展フライヤーより。

周囲の壁面には
金銀の金具飾りなどが展示され
贅を凝らした様子に
ため息。


この部屋を出るとゆるやかなアプローチをジグザグとのぼっていきます。
何?
どうなってるの?

ドキドキしながら進むと
ミニ展望台のような場所に出ます。
するとその眼下に

ざっと広がる兵馬俑の展示。

思わず「オオーーッ!!」

と歓声が上がるほどです。

正面の壁には
兵馬俑と始皇帝陵の写真が貼られ
雰囲気満点💯❗️

下へおりると

点在する兵馬俑を
全方位で
間近に鑑賞することができます。

馬とか
ぽっこりお腹の出た技芸俑とか

本当にリアルで
見飽きません。

その大きさを実感します。

そして
最後に撮影場所。

係りの方は撮影しないので
側にいる方にお願いしたりf^_^;)
自撮り。

e0295455_00120334.jpg




(1265日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたの楽しみが倍増しますように🌟

≪オマケ≫

私の西安旅行の写真です。(09.3)

兵馬俑博物館入口に立つ
始皇帝の像
e0295455_00120375.jpg


入場チケットはカードでした。
e0295455_00120355.jpg


入ったらカートで
建物まで。
広さにびっくり。
e0295455_00120447.jpg

e0295455_00120402.jpg


そして
いよいよの兵馬俑。
1号坑は圧巻でした!
e0295455_00120403.jpg


まだ発掘してない地面。
ちょっと盛っています?笑。
e0295455_00120429.jpg

この深さにも驚きました。
e0295455_00120422.jpg


お土産屋さんには
第1発見した農夫の方の家族が
サイン入りのカタログを販売。
そうですね、この為に土地を失った訳ですから。お金持ちになったそうですが
その隅で、農夫本人が
サインや握手をしんどそうに
こなしていました。

離れた所から目があって
会釈を交わしたとき
にっこり微笑んでくれたのを
懐かしく思い出しました。


[PR]
by abby819lucky | 2015-11-16 22:10 | 東京国立博物館

やっぱり凄い!兵馬俑 (1)

東京国立博物館(上野)にて

2016年2月21日まで開催中

始皇帝と大兵馬俑 展
e0295455_21263204.jpg


11月6日ナイトで
観てきました。

トーハクさん、渾身のレイアウト。
素晴らしい会場構成に
大コーフン💓

e0295455_17411808.jpg


まずは、
画面 左の第一会場から。

【第Ⅰ章】
秦王朝の軌跡ー周辺の小国から巨大帝国へ

咸陽や宝鶏の文物も
多く展示されていました。

日本が石器時代にこのクオリティ!
と、下を巻く展示内容です。

【第Ⅱ章】
始皇帝の実像ー発掘された帝都と陵園

度量衡の統一など
秦が支配を広め、強めていった様子が
窺い知れる展示です。

封泥や
陶鈴など
都の賑わいが伝わる文物に
楽しさアップ!

第1会場最後に
映像コーナーがあります。

約10分間。

始皇帝陵の空撮や
現地の発掘現場の写真など
見応えたっぷり!

ぜひ余裕をもって
ご覧頂きたい映像です。

以下、自分の旅写真で申し訳ないですが
参考までに。


西安の
始皇帝陵はA級観光地!
力入っています!
e0295455_18085329.jpg

e0295455_18085328.jpg



てっぺんまで
階段にて上れるように
なっています。
e0295455_18085377.jpg

結構、急勾配。
しかし、その甲斐あって眺望良好!
e0295455_18085373.jpg

本当の中心部分は
始皇帝の亡骸の真上にあたるため、
柵があって入れない=踏まれないようになっています。

パンフレット裏面上部に
写真がありますが、
緑が多く、春は桜もきれいです。
e0295455_18085323.jpg





(1264日目)

ご覧くださり、ありがとうございます。あなたの旅の計画が実現しますように🌟
[PR]
by abby819lucky | 2015-11-15 23:43 | 東京国立博物館

兵馬俑 物販

東京国立博物館(上野)にて

2016年2月21日まで開催中

始皇帝と大兵馬俑 展

11月6日ナイトで
観てきました。

いや〜〜〜〜
言っても良いですか?

良いですか?

「兵馬俑さんたち、久しぶり!」

すみません。m(_ _)m

図らずも
ひょんなことから
数年前に現地で見ました。

ですので、私には
懐かしい〜〜〜〜〜〜っっ(≧∇≦)

という展覧会でした。
本当、イヤな感じで、
すみませんm(_ _)m

ざっくり
イヤミな感想にならないように
まず、物販から載せます。

展示関連商品も数多ありますが
それ以外の、玉の工芸品や印章など
中華物産も充実。
6桁の兵馬俑レプリカも売約済みで
びっくりしますた。

色々迷って
余韻に浸るため、
購入したのは
こちら
e0295455_21005791.jpg

クッキー🍪10枚入り1000円也。

意外にしっかり焼いてあり
美味しかったですよ!
どれから喰らうか、迷うのも楽しくて。
e0295455_21005751.jpg

やっぱり皇帝は最後になっちゃいました。
笑。

それから

トーハクお決まりの
ガチャポンもやりました。

中身は兵馬俑のpinsです。

狙わなかったのに
なぜか「シークレット」というのを
引いてしまいました。

大きい!
e0295455_21235920.jpg

1号銅車馬の写真です。

どっちかというと
軍馬とかの方が
使い勝手が良さそうな、、、

いやいや!
嬉しい。嬉しいですよ!!

この銅車馬の展示も
良かったですね〜〜

まだまだこの頃は
ゆったり見られました。

オススメです!




(1263日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたに美味しい出会いがありますように🍴✨
[PR]
by abby819lucky | 2015-11-14 21:23 | 東京国立博物館

春信でまったり in トーハク

トーハクの本館。

いつも浮世絵はスルーなのですが
今回は

鈴木春信

が特集されていたので
楽しく拝見させて頂きました♫


一番好きなのは
なぜか人垣が途切れず
写せなかったのですが

そんなに混雑していないのに、ですよ〜〜

ずらっと並んだ
春信らしいたおやかな絵に
ほっこり♡まったり♡ゆったり♡
しました。

e0295455_21444488.jpg


犬を愛でる遊女と禿
江戸時代 18世紀
e0295455_21444565.jpg

お揃いの着物の禿が可愛らしい。着物の模様といい、細い指先といい、彫り師さん、刷り師さんの腕に感服です。


遊女と禿 (文使い)
江戸時代 18世紀
e0295455_21444635.jpg

何気ない一瞬を捉えて見事。禿の帯の結び方が斬新ざます。
大暖簾、簾、縁台の右上方へ上るラインと大胆な配置。3人の黒髪と遊女の下駄の黒が良い分量で軽やかなリズムを取っています。構図も好きな作品🎵



おや⁈
e0295455_21444630.jpg


微妙に違う?
と、思ったら

こちらは
磯田湖龍斎
「風流略源氏・紅葉の賀」
e0295455_21444719.jpg

「春信の絵を描いていた」との解説ですが
意味がよく分かりません。版木に写していたとか?いうことでしょうか?
そして「春信の死後、より現実的な美人絵を描いて成功した」とのこと。

季節感を大切にする感覚は
どの時代でも
どの国でも
素敵だなぁと思います。

春信のくれる
優しい気分に感謝✨


(1262日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたのご贔屓さんが益々ご活躍なさいますように🌟
[PR]
by abby819lucky | 2015-11-13 23:24 | 東京国立博物館

獅子王

東京国立博物館

本館 2階 第5室に展示中

獅子王を見てきました。

【重文】 太刀 大和物(号 獅子王) 銘 無
平安時代 12世紀
e0295455_20500711.jpg

源頼政が天皇より下賜されたという太刀。

平安後期の大和鍛治の特徴をよく表す名品。鎬が高く細身で腰反りが強く、古風な太刀姿。地は柾目がかって、刃紋は匂口が締まった直刃。


鋒が鋭く、勇壮な美しさを感じます。
e0295455_20500718.jpg





【重文】黒漆太刀拵 平安時代 13〜14世紀
e0295455_20500810.jpg

獅子王を収めた拵。
平安武家常用の黒漆が
柄、鞘、金具など隅々まで
用いられた質実な作り。
鞘には青糸の渡巻き。


平安の太刀は
神々しく
存在感に満ちていました。


(1261日目)

ご訪問ありがとうございます。あなたの宝物がずっと輝きますように✨
[PR]
by abby819lucky | 2015-11-12 22:15 | 東京国立博物館

1260 感動‼️地底湖クルーズ🚣

栃木旅。


OHYA UNDERGROUND

企画のえにしトラベルさん HPはこちら

感想の続きです。



ラフティングボートで
地底湖クルージング

ぐるっと回るだけかと思いきや

対岸?に上陸。

ツアーのナビゲーターのお二人が
発見したのだそうですよ〜〜

狭い穴をくぐり、
傾斜を上って

広い空間へ。

頭上注意❗️

と、気を取られていると
ぬかるんでいて

足元注意❗️

と、思っていると
他の人とぶつかったりして

全方位注意❗️

と、一行、思い知るのです。

すべてに注意‼️

は〜〜〜〜

現場から生まれた標語。
まさにその通りの重要な言葉でした。



e0295455_21450564.jpg


ヒト型のシルエット
カッコいいので
自分も撮ってもらいましたが
なんかカッコよくなかった。(._.)
e0295455_13261268.jpg


写真撮りまくって
帰りのクルーズ
e0295455_21450558.jpg

サイコ〜〜にステキでした💕

クルーズの後、
もうちょっと洞窟散策👟👟

壁にはフワフワの結晶。
触るとコットンパフのけばけばみたいに
感覚は無いのに指にくっつきます。
e0295455_21450609.jpg



低温で一定な気温を利用して
レストランが自家製ハムを熟成中。
e0295455_21450646.jpg


切り出した石を運び上げる滑車。
e0295455_21450631.jpg

ここで、ナビゲーターの方が
「よく見て下さい。レールがありますね〜〜♫」
滑車で引き上げた巨石を出口へ
運ぶためのレール。

そうです!

あの!入り口で見たトロッコは
ここにつながっていたのです!

今は岩に阻まれていますが
見えました!
出口の光💫
e0295455_21450759.jpg

ナビゲーターさんによると

この坑道をきれいにして
最後はここからトロッコで脱出!

というルートを構想中とのこと。

ヒャ〜〜〜〜
インディージョーンズだ!!

ぜひぜひ‼️
1日も早い実現をお願いします‼️

そのための
お掃除ツアーとか
企画してはいかがでしょうか⁈

参加者は
一番列車の搭乗優先権
とかの優待があったら嬉しい💓
すみません。ひとり妄想が、、、💦

楽しいツアーもそろそろおしまい。
e0295455_21450744.jpg


戻ってくると、なんと!
地元のゴボウ茶とミソクッキーの
ティータイム☕️💕

これ、めちゃめちゃ美味しかったです☆
ゴボウ茶は香ばしくて温まりましたし

大谷石の穴をミソというのですが
(ミソが少ない方が高級品。でも、ミソをウォールガーデンに利用したら、すっごくカワイイと思いました🍀)
それに掛けた味噌味のサブレ。
これ、意外なほどに美味しかったんです!
ろまんちっく村で探したのですが
無くて、残念でした〜〜💧
e0295455_21450722.jpg


最後にそれぞれのカメラで

全員の記念写真を撮って終了しました。

ほんっとーーに楽しかったです!!!

この午前中で
ナビゲーターのお二人とはお別れ。

なんと!
バスが見えなくなるまで
見送ってくれていたんですよ!!!

凄い感激しました✨✨✨✨✨

ツアーも良かったのですが
お二人が爽やかだったのも
同じ位、印象に残りました🌟

観光地にありがちな
地元アピールのガツガツした所が
全然なくて、

でもよく地元のことを勉強されていて
良さをさりげなく伝えて
くれました。


意外と、栃木は遠かったのですが
リピ決定です☆☆☆

本当に新鮮で楽しい体験でした。

ありがとうございました‼️


(1260日目)

ご訪問、ありがとうございます。あなたの冒険心はきっと叶いますよ🌟❗️
[PR]
by abby819lucky | 2015-11-11 23:29 | 今日のお散歩

感動‼️地底湖クルーズ🚣

栃木旅。


OHYA UNDERGROUND

企画のえにしトラベルさん HPはこちら

感想の続きです。

とうとう!

この瞬間が来ました!!

ハイキングの場所から移動して

いよいよ!!!

洞窟の中の

地底湖

を、クルーズします!!

いや〜ワクワクする(≧∇≦)✨

普段は立ち入り禁止の場所へ
入っていきます。
e0295455_15181347.jpg


そこで、長靴はそのまま

ライフジャケットと
ヘルメットを装着!

うぅっ、本格的!(≧∇≦)!
e0295455_15181337.jpg


ボートは二艘なので

ここで、グループ分けを発表。

いよいよ出発!
💓ドキドキ💓

夏など、このテラスのような場所での
ランチ付きツアーもあるらしいです。
参加してみたい♫
e0295455_15181435.jpg


さあ、中へ進んでいきます!
e0295455_15181484.jpg


さっきのが予行演習になってるはずが
やっぱり真っ暗はちょっと怖い!
e0295455_15181511.jpg

なんと、ガイドライトもなく、
前の人の肩に掴まって
真っ暗闇を
ヨチヨチと前進!

ほんと不安〜〜〜〜…>_<…

またしても
ゲートのキー。
秘密感ぷんぷん!
財宝とか出てきそうです!
e0295455_15181508.jpg


全員がゲートインしたタイミングで

パッ‼️

と点灯〜〜
やるなぁ〜〜〜〜🌟

一同から「オオーーーッ」
と、歓声が上がりました!

そしてこのロケーション❗️
e0295455_15181567.jpg

キャーーー!
気持ち⤴︎⤴︎MAX!

これはラフティングボートなので
浸水があるため
長靴必須なのです。

そして中に座るのではなく、

縁のグレーのところに座るのです〜〜

乗るときも
踏まないように大変ですが

座ったときも
後ろにひっくり返りそうで
緊張感たっぷり〜〜💦💦


でもですね。

湖なので
基本、波がないです。

しーーーーん。

オールが水を掻く音しか
聞こえません。

贅沢なほどの静寂。
e0295455_15181667.jpg



と、天井が近いところがあったり!
油断できません。
e0295455_15181620.jpg


さて、これからボートは
どこへ?

(1259日目)

ご訪問、ありがとうございます。あなたの好奇心が満たされますよ🌟🍀
[PR]
by abby819lucky | 2015-11-10 23:55 | 今日のお散歩

驚天動地!大谷エリア(4)ハイキング❗️

栃木旅。


OHYA UNDERGROUND

企画のえにしトラベルさん HPはこちら

感想の続きです。

ついに洞窟到着。
これを待っていました〜〜

かぶりつきで見ますと
切り出しのノミの跡も生々しい!
e0295455_19583186.jpg


それにしても本当にきれい✨
e0295455_19583282.jpg


e0295455_19583279.jpg


ガイドさんが教えてくれていた
おむすび🍙石がここに!
e0295455_19583361.jpg


だんだんと奥へ……💦
e0295455_19583397.jpg


奥へ奥……へ…………💧💧💧
e0295455_19583396.jpg


ま、真っ暗!

ここは、ラスコー⁈
e0295455_19583413.jpg

手形をつけたくなりました。

ウキーー!←人類の祖先に対する冒涜也


はぁ〜〜〜〜
光の有り難みを実感します。
ちょっとした胎内めぐり。

同じ道を辿って
入り口に戻ってきました。

進行方向から後ろの繁みに
廃屋。
昔のトロッコの運転室だったみたいです。

e0295455_19583415.jpg


ここも草刈りで探りあてたそうです。
中に埋まった瓦礫を
少しずつ除去している最中だとか。

かなり屈んで覗き込みますが
微かな光が。
ガイドさん曰く、
この風景をよく覚えておいて下さい、と。
e0295455_19583514.jpg


トンネル脇の看板。
『すべてに注意!』
e0295455_19583573.jpg

一同、爆笑!

しかし!
現場から生まれたこの標語。
この後、真実だったと
一同思い知ることになるのでした。

続く。 一体いつまで引っ張ることやら


(1258日目)
ご覧下さり、ありがとうございます。あなたの行動すべてに注意が行き渡りますよ🌟

[PR]
by abby819lucky | 2015-11-09 22:35 | 今日のお散歩

驚天動地!大谷エリア(3) ハイキング♫

栃木旅。


OHYA UNDERGROUND

企画のえにしトラベルさん HPはこちら

感想の続きです。


ハイキングはいよいよ藪の中へ。

ひんやりして気持ち⤴︎⤴︎

夏の草刈りで
新たに発見した石切場
e0295455_19362675.jpg


こちらは井戸。まだ使えそうだとか。
e0295455_19362614.jpg


狭い切り通し
e0295455_19362779.jpg


e0295455_19362748.jpg


県の文化財指定を受けている
十一面千手観音菩薩が
祀られいます。
e0295455_19362883.jpg


e0295455_19362969.jpg


この茂みを抜けると
土地の名主の方のお宅前にでます。

昔ながらの立派なお屋敷。
もちろん元は茅葺屋根だったそうです。
門柱も大谷石。
e0295455_19362989.jpg


現在の耐震基準をほんの少し満たさない
大谷石なのですが

こちらの蔵のように
しっかりと留めの作業
(こちらがとても細かく煩雑なそう)
をおこなったものは
先の震災も乗り越え
立派に建っています。
e0295455_14062037.jpg

↑こちらは最高級の虎目。
キメが細かく、茶色の筋が入り
美しいだけでなく
強度もあるそうです。

これを二棟の蔵に用いた御宅
往時の繁栄がしのばれます。。。


↓こちらが二棟目の蔵。
大正時代といいますから
優に100年はたっていますが、
この輝き!
e0295455_19363070.jpg



来た道を戻って
大きな砕石場跡地に
入っていきます!
e0295455_19363103.jpg




(1257日目)

ご覧下さりありがとうございます。あなたの外見の素敵さがずぅっと続きますよ♡うに🌟
[PR]
by abby819lucky | 2015-11-08 22:35 | 今日のお散歩

驚天動地!大谷エリア(2)ハイキング⁈

栃木旅。


OHYA UNDERGROUND

企画のえにしトラベルさん HPはこちら

感想の続きです。


さて、
超ビビリ体験の後は

楽しいハイキング♫

と、その前に
トイレ休憩を兼ねて
大谷石景観公園へ。

なんと!
このあと午前いっぱい
トイレがない場所へ行く!

ということで
ここはイヤでも行っとかないと。
(「イヤ」の意味をお察し下さい……)
ツアーでのポケットティッシュの配布が
助かります。


景観公園は道路沿いにあります。
車を止め、
ベンチや芝生の上で休憩できる
といったスペース。

周囲はぐるり、巨岩が聳えます!
e0295455_17491694.jpg


上から掘り進めことによる段差。
近寄ると生々しいです!
e0295455_17491606.jpg


沖縄の斎場御嶽みたい⁉︎
e0295455_17491692.jpg


たっぷり岩肌萌え〜〜
を楽しみましたら

再びバス移動。

カーナビでの指定も不可能?
と、勘ぐるような
草深い場所へ。


ここで
手荷物を最小限にして

採石場跡ハイキング♫

石層が
地面間近に迫る場所では
水はけが悪く
年中ぬかるんでいるため

ここで!
レンタルの長靴に履き替えます。

サイズは24,27,29
普段、22.5の私ですが24でぴったりでした
e0295455_17491707.jpg


虫除けスプレー、
近くの方とかけ合います。
e0295455_17491764.jpg



では準備万端!
出発!

あ、言うまでもないですが
帽子はあった方が良かったです。
防寒、日除け両方に活躍してくれます。


草刈りをして
この歩道を見つけたそうです〜〜
足元も大谷石。
e0295455_17491743.jpg


必死に前の方についていくと
日当たりの良い場所にでます。
作業された方達の休憩所だった場所。
e0295455_17491805.jpg


様子が伝わるような小屋の内部。
e0295455_17491836.jpg


左手は新品種「大谷イチゴ」開発の
ビニルハウス。
右手は?
e0295455_17491885.jpg



大谷石の壁に囲まれ
大谷石の囲いの中にはドラム缶。
そう。お風呂です。
e0295455_17491936.jpg


力仕事に汗を流した石工達の
大きなため息が聞こえてきそうです。


さらに先を進みます。


(1256日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたの休息がたっぷり癒しになりますよ🌟うに
[PR]
by abby819lucky | 2015-11-07 20:05 | 今日のお散歩