暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

<   2016年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1月のまとめ

2016年1月

観た展覧会

◯黄金伝説展(国立西洋美術館・上野)
国立西洋美術館 常設展

◯パリのリトグラフ工房(東京ステーションギャラリー・丸の内北口)

◯ウェストン・コレクション 肉筆浮世絵展 (上野の森美術館・上野)

◯再訪・プラド展(三菱一号館美術館・有楽町)

◯ボッティチェリ展(東京都美術館・上野)

うーん、この中で一番押しは
・・・・・・
≪ウェストン・コレクション 肉筆浮世絵展≫

でしょうか?!!

期待していなかった分、
ガツンと💖を掴まれてしまった
感じです💦

確かに絵も綺麗でした。

普段は日本のものは好みじゃないのですが〜〜特に江戸のもの、全く受け付けないのですが〜〜
民族のDNAでしょうか?!
不思議です〜〜

≪ウェストン・コレクション≫

が、瞳にガツン👊とすると

脳みそにガツン👊は

≪Parisのリトグラフ工房≫

精神にガツン、と言いましょうか。
素晴らしい体験でした。
そう、見る
というより
考える、感じる展覧会でした。

でも、どちらもカタログを入手していません。笑。
だから記憶で反芻するのみ。

良かったからカタログで、何度も味わおう、
というのはかえって、安心してしまって忘却も早いのかもしれません。笑。
私に限ってのことですが。

例えば、
あまりピンとこなかったホドラーなんかも、TV📺でたまたま曇天のスイスが映った瞬間に、あの湖の風景画が蘇ったりするのです。

なんでも観ておくにこしたことありません。
そして、観たものは何らかの形で、60億の細胞の一つに足跡を残しているのだろうと思います。
それきり代謝で消えるものもあり、忘れた頃に顔を出すものもあり、何度もなぞってハッキリと自分の一部になるものもあります。

今日の感想も
年末にはどうなるでしょうか?

『今月の一枚』を追記できたらよいな〜と思います。しんどそうですが。(~_~;)

☆今月もお付き合い頂き、ありがとうございました。出来るだけアートの記事を増やしていきたいと思っていますが、それにはもっと美術館へ足繁く通わなきゃいけないですね。
さて、今年も早、一ヶ月が過ぎました。元旦にたてた目標を振り返って、いかがでしょう?私は、既に忘れているのもありました。💦ブレないように取捨選択しながら、来月こそ1日を大切に生きたいと思います。あなたにも、良い月になりますように🍀☆


[PR]
by abby819lucky | 2016-01-31 23:27 | つぶやき

ボッティチェリ展の一枚



4月3日まで
東京都美術館にて開催中。

ボッティチェリ展
e0295455_20500166.jpg

HPはこちら
http://botticelli.jp


好きな作品が絵葉書に
ありました。

聖母子、洗礼者ヨハネ、大天使ミカエルと大天使ガブリエル
ボッティチェリと工房 1485年頃
テンペラ、板
パラティーナ美術館(ピッティ宮殿)、フィレンツェ

e0295455_20554709.jpg


日本に来たこと、あったでしょうか?
見たことがある気がします。

柔らかな聖母の表情も良いのですが
特に好きなのは、左下の大天使
ミカエル

カールした髪が艶やかで
取り澄ました横顔が
本当に愛らしい。

大天使ガブリエルの持つ
百合の花が
画に一層の気品を与え
見ているだけで
慈愛に包まれる気がしてきます。

ちなみに、ガブリエルの左脚が
とても難儀した箇所だったそうです。

この絵に先立つこと3年。
今回のポスターにもなっている
聖母子が描かれました。

聖母子(書物の聖母)
サンドロ・ボッティチェリ 1482-83年頃
テンペラ、板
ポルディ・ペッツォーリ美術館、ミラノ
初来日

e0295455_00274298.jpg

小ぶりながら
この絵の輝きは比類ないものでした。
吸い込まれそうな存在感。
聖母の額からデコルテまでの
肌の真珠のような美しさ。
背景までも
瑞々しい色彩で彩られ
見飽きることがありません。

この聖母の顔と
よく似ているといわれる
ボッティチェリの作品があります。
今回は来日していませんが
物販に絵葉書がありました。

マニフィカトの聖母
サンドロ・ボッティチェリ 1483-85年頃
テンペラ、板
ウフィツィ美術館、フィレンツェ
e0295455_00274307.jpg

来日することは、ないでしょうね。
でも一度は目にしたい。
絵葉書だけでも
素晴らしさに目が眩みます。

あぁ、本当に
明日にでもイタリアへ飛びたくなる
素敵な時間でした。



☆今回、ゆっくり見ながら、今更ながら、この時代の絵画の題材として、宗教と神話が圧倒的に多い点に変に感心してしまいました。改めて印象派の革新性を感じてみたり、そこに至る時間の長さを思ったり。また、日本絵画の自由さを感じたりもしました☆
[PR]
by abby819lucky | 2016-01-30 23:14 | 東京都美術館

雨のボッティチェリ


雨天の絵はありませんでした。
(と、思います)

金曜ナイトにお邪魔しました。
東京都美術館。

ボッティチェリ展
e0295455_21283990.jpg

HPはこちら
http://botticelli.jp


4月3日まで開催中


プラド展もそうでしたが
最近は
こんな撮影コーナーもあるので
鑑賞にスマホが欠かせません。
楽しいですね♫
e0295455_21283920.jpg


ボッティチェリって
なかなかイケメンです。
しかも
ヴァザーリによると
イタズラ好きの陽気な人だったとか。
e0295455_21283966.jpg


でも、
師匠、フィリッポ・リッピの息子で
自分の弟子であり、
ライバルでもあった
フィリッピーノ・リッピが
亡くなると、
筆を取らなくなり、
その6年後に亡くなったのですって。

ボッティチェリに会ってみたいな〜
と、思わせてくれる
展覧会でした。

78点。
これだけ良品・佳品、
揃えるの大変だったと思います。
イタリアだけでなく、
ワシントン、パリ、アムス、チェコetc……
色々な国から集められていました。

まだ始まって2週間、
しかも雨!
と、高を括っていたら、
意外と盛況でビックリ。

でも、まだまだ余裕で観覧できます。
私も、もう一回行きたいです。
是非とも!
多くの方が
✨ルネサンスの優美✨
に触れることを
祈っています🍀🍀🍀


☆上野にはこの看板が出ました!
楽しみ!!☆
e0295455_21283952.jpg






[PR]
by abby819lucky | 2016-01-29 21:36 | 東京都美術館

メランコリーの夕に

e0295455_21134089.jpg

≪黒猫 ベル・ホノルル 20≫ 1928年頃
板倉 須美子
松戸市教育委員会所蔵


とりかえしのつかない

思い出と
宝物と
過ち

小脇に抱える
後悔

サーモンピンクの
慰め



☆昨年、松戸市美術館で開催された『よみがえる画家 板倉 鼎・須美子展』の図録より画像をお借りしました。
素敵な絵がたくさんあったので、心と重なる日に、ご紹介できたらと思います☆

☆☆余談ですが、本日の「弐代目 青い日記帳」さんのBlog記事。罪作りですね〜〜💦吉岡さん、素敵過ぎて、諦めきれない〜〜💦
http://bluediary2.jugem.jp/?eid=4235
[PR]
by abby819lucky | 2016-01-28 21:10 | アート

プラドのお菓子

プラド美術館展
(1/31まで。三菱一号館美術館)
の物販購入品。

e0295455_19551419.jpg

プラス、カタログです。

一目で惹かれたのが
スペインのお菓子。
ポルボロン♫

手前のがアーモンド風味の甘いタイプ
奥の緑色のはマンテカード。
オリーブ味を求めました。
下の写真では、
左のしっとりした感じのものです。


e0295455_19551426.jpg

マンテカードは食べるとしっかりオイルの感触があります。甘みが控えめなので、軽食のお供にもなるかも。
ポルボロン、右側の甘いタイプも、しつこくなく、ほんわり優しい味です。
好きな絵を思い出しながら
スペインのお菓子を頂く。
とっても幸せなひと時です💛

ちなみにお菓子は
茨城県守谷のお店でした。
近いから、、、今度行ってみます。
✳︎お店は
≪ドゥルセ・ミーナ≫HP
写真だけでも萌え〜♡二子玉川のマヨルカも良いですが、こちらも素敵そうです✨


お菓子の奥は
アーティチョークのペースト。
これは輸入品。
何に使おうか、考え中。
こちらも美味しそうです〜〜💓


☆以前は、展覧会の物販で食品?とスルーしていましたが、最近は、出来るだけ購入。お土産を味わいながら、展覧会を反芻するのも、また一興。美味しくて、愉しくて、目が回りそうです♫☆



[PR]
by abby819lucky | 2016-01-27 20:56 | 三菱一号館美術館

今週末まで。プラド美術館展

1/31まで
三菱一号館美術館にて。

≪プラド美術館展≫
e0295455_01292312.jpg

HPはこちら

振り返ったら
こんな記事しか
書いておりませんでした…。orz

もう一度

ヴァン・デル・アメン
にも会いたいし
「スモモとサワーチェリーの載った皿」
1631年頃
ファン・バン・デル・アメン

e0295455_01140190.jpg


あれあれ?
ゴヤにこんな可愛い娘、おった?
「目隠し鬼」 1788年
フランシスコ・デ・ゴヤ・イ・ルシエンテス

e0295455_01140177.jpg

e0295455_01140249.jpg


それから
あの美人さんにも会っておきたい〜〜
「手に取るように」 1880年
ビセンテ・パルマローリ・ゴンサレス

e0295455_01140286.jpg



混雑していると思いますが
なんとか
足を運びたいです(>_<)

画像は本展カタログよりお借りしました。
©2015 The Yomiuri Shimbun



☆カタログを見返したら、やっぱりまた行きたくなりました。好きな作品は全体の4割くらいで、それ程多くはありません。でも、足が動かなくなるほど、💘な作品と出逢いました。とてもマイナーだから、また逢える予感がしない。。。
スペインまで行っても、会える保証もないし。昨年末のweb座談会で、えりみさんが仰っていました。『小品は、本場でもなかなか掛からないので、見ておくべき!』と。なんとか行きたいです!迷っているあなたも、行きましょう‼︎☆


[PR]
by abby819lucky | 2016-01-26 23:56 | 三菱一号館美術館

東京駅周辺美術館周遊券

今年も発売になりました。

東京駅周辺美術館共通券
e0295455_20164508.jpg

¥2500


◯出光美術館
◯三井記念美術館
◯三菱一号館美術館
◯東京ステーションギャラリー

年内
4館の展覧会に
一回のみ入場できる
大変お得なチケットです♫

当該美術館受付窓口にて
販売中。
例年売切れますので、各美術館HP等でご確認下さいませ。

私は東京ステーションギャラリー
にて、買い求めました。

今年からブリヂストン美術館が
入っていないので
寂し限り。



各美術館の
展覧会スケジュールが
載っているのが嬉しいです。

私の狙っているのは

◯出光美術館では
2/20〜3/27の≪勝川春章の肉筆美人画≫

なんと、この前上野の森のウェストンコレクションにて気に入った絵師の、生誕290年記念展覧会とは!
勝川春章、この2点を挙げております。
e0295455_20164582.jpg

e0295455_20164546.jpg
©Weston Collection
こんな美人にまた会えるの、
楽しみです〜〜♫

出光では他に
・水墨の壮美 5/13〜6/12
・大仙厓展 10/1〜11/13
が気になります。
こちらは前売り買わなければ。

◯東京ステーションギャラリーでは
リトグラフ工房でもう使用してしまったので、次の大注目
≪モランディ展≫ 2/20〜4/10
は早めにチケット用意しましょう。

◯三菱一号館美術館では
・マーガレット・キャメロン展
7/2〜9/19
LIFEの女性写真家の活躍を、
作品を通して早く体感したいです‼︎

○三井記念美術館
日本橋はなかなか足を運べないのですが〜そうですね〜〜お雛様を見にいってみようかな?(2/6〜4/3)今年は薩摩焼が特集されるそうなので、そちらを目当てに行ってみよう。
もしも、≪日本の伝統芸能展≫(11/26〜2017.1/28)に、文楽関連の物が出るなら行ってみたいですが、歌舞伎関連かな?
ま〜〜こういうのは、早く使うに限りますね。
善は急げ♫です!


☆ここに挙げた美術館のみならず、一般的に、企画展が多すぎると思うのは、私だけでしょうか。経営上、仕方ないのかもしれませんが、もう少し数を絞ってはと思います。ワンコインで入れる常設展の期間を増やしワークショップなどで開かれた美術の場を提供し、個々の美術館の特性の認知を深める事も必要では。。。。
そして、企画展にもっと予算と時間をとって充実した内容にして欲しい。
気ままに楽しんでいる分際ながら、ついつい出過ぎた事を言いました。すみません。m(_ _)m☆




[PR]
by abby819lucky | 2016-01-25 20:15 | アート

1月のsalvage

e0295455_23273165.jpg



colorfulに
新年を
寿ぐ

ラタンにfrill
ココロ
華やぐ

e0295455_23273239.jpg





☆今年のsalvageカレンダーは
例年より色が多い気がします。
それをお伝えしたら
花の接写を増やしたので
そう感じるかも、
と、丁寧なお返事を頂きました♡
今年も12回、めくるのが楽しみです☆
[PR]
by abby819lucky | 2016-01-24 23:27 | 今月のカレンダー

D。


そう言えば。
と、思い出して
引っ張り出した雑誌。

ノーベル文学賞受賞の莫言氏の
インタビュー。
e0295455_17242245.jpg


……ではなく。f^_^;
勿論、これも購入動機の一つでしたよ💦

載っていました。
e0295455_16133715.jpg

逃亡犯の映画を
製作・主演したプロモート
だったようで
長髪にヒゲが
wildな雰囲気です✨

DEAN
とは、留学先のシアトルの
ホストファミリーがつけてくれたこと。

それを香港で使っていたが
台湾へ来るとき

という字を用いるようになったことが
語られています。
最初、漢字にするのは抵抗が
あったようですが
由来を聞いて愛着が湧いたとか。

その由来とは、
この字はインディゴブルーを表し
インディゴブルーは
虹の七色の一つ。
虹に成功の縁起を掛けて
選ばれた文字だということです。

あとは、中国語学習の雑誌なので
外国語習得のコツなど。

最後に締めくくられた言葉が
印象的でした。

日本

時差 : 1時間

台湾・香港・中国

時差 : 1時間

バンコク/ジャカルタ
この2時間のタイムゾーンを縦軸として移動しながら、映像や音楽などをボーダーレスに発表していく。そこにアジア人として活躍する自分の存在意義が見いだせる。

凄いですね!

日本で成功した人が
海外公演をしたり
ハリウッドを始め
エンタテインメントの拠点へ
進出していくのとは
根本的に意識が違うみたいです。

私は自分のちっちゃなテリトリーが
凄く大事な性質なので
ボーダーレスとか
越境とかに
物凄く憧れます。
サラッと言える
(までには、きっと凡人には計り知れない様々なことがあったと思いますが💦)
DEANさんに益々憧れを持ちました♡

記者さんのコメントに
「質問に、言葉を選びながら丁寧に答える」とあって、昨日のA-スタの姿と重なりました◎

カラー写真も素敵でした〜💕
e0295455_17242367.jpg


この時は
カッコいい!!
とは思ったけれど
今の反響は予想出来なかったなぁ〜
何しろ
この時の目当てはこっちだったから。
大東、いま、どうしてる?
e0295455_17242352.jpg

追記:DEANさんは、お父様が山西省出身のエンジニアですって。だからか〜〜。骨格が日本人ぽくないのは、野村周平くんと同じ〜〜。わ!新しい日本人!と喜びましたが、違いました。苦笑。だからって、魅力が増減することはないですよ!DEANさんはDEANさんです♡

画像・本文引用は『中国語ジャーナル2013年冬号』©2013 ALC Press Inc.<よりお借りしました。/span>


☆DEANさんの紹介の一つが、映画のブルーレイの発売。『ハーバー・クライシス』。2009年大ヒットしたドラマの映画化で、2012年秋には日本でも公開され、これにDEANさんは重要な役で出演しているとのこと。『Black & White』
って、ドラマはとっても面白かった!これは役者が揃ってたし、ストーリーも良かったな〜〜。映画は未見なので、チェックしなければ。ちなみに、以前、台北のMRTでは金城くんのポスターをよく目にしたのに、先月はBlackさんばっかりでした☆
e0295455_17242450.jpg



[PR]
by abby819lucky | 2016-01-23 17:24 | つぶやき

五。

5loss.
e0295455_04581552.jpg



現代と比較する訳ですではありませんが、あの激動の時代には国を動かす中枢に、惚れ惚れする素晴らしい人がいました。それを演じたのが逆輸入ディーンさんなのも、何か象徴的。色んな意味でロス。


にしてもカッコええなぁ〜
奥様も、気絶しそうなほど美人。言うことなしや。

e0295455_04560947.jpg

e0295455_04560986.jpg

画像は今夜のTBS『A-studio』からお借りしました。

[PR]
by abby819lucky | 2016-01-22 23:56 | テレビ