暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

<   2016年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

癒されて「樹の風景画」

損保ジャパン日本興亜美術館(新宿西口)
2016年4月16日〜6月26日(日)

フランスの風景
をめぐる物語

コローからモネ、ピサロ、マティスまで
e0295455_16055209.jpg

HPはこちら
http://www.sjnk-museum.org/program/3729.html


遅くなってしまいましたが、
ぜひぜひ!
お勧め致します🍀🍀🍀

「樹木」をテーマにした
風景画。
場所をフランスに限定しているのも
ユニークです。

三章構成、
全108点。

見れば森林浴の後のように
気分も晴れやかに。

サブタイトル通り
印象派以前、印象派、
印象派の後のナビ派あたりまでの
絵画の変遷を
樹木の描き方を通して感じ取ることが出来ます。

第1章 戸外制作の画家たち
第2章 印象派の画家たちと同時代の風景画
第3章 ポスト印象主義と20世紀前衛芸術への試み

チラシ裏面に有名画家の作品が幾つか。
e0295455_18054587.jpg

ヴァロットン、コロー、
ドニ、モネ、カイユボット、、、

でも
日本ではそれほど有名ではない画家、
初めて会った画家の作品にも
素敵なものが沢山ありました。

◯第1章から

「樹木の習作」
アルフォンス・ニコラ・ミシェル・マンドヴァール 1800年頃
タヴェ=ドラクール美術館、ポントワーズ
e0295455_18054609.jpg

最初からこんな素描で魅了されます。

「ヌイイ公園の大きな島」
テオフィル・ナルシス・ショヴェル 1852年
タヴェ=ドラクール美術館、ポントワーズ
e0295455_18054687.jpg

こちらの素描も素敵でした。今回、素描の美しい作品が心に残りました。

「嵐の後、スコットランドの急流」
ギュスターヴ・ドレ 1875-78 個人蔵
e0295455_18132536.jpg

対照的にこちらは108.0×183.0の大画面。雲間から射す光の神々しさに圧倒されました。

◯第2章から

「花咲く樹、春の庭」
アシール・ロージェ 1897年 個人蔵
e0295455_23411195.jpg

春の訪れの幸福感が伝わります。

「街路、夜景」
ルイ・アイエ 1889年頃 個人蔵
e0295455_18470008.jpg

実物はもっと色に深みがあって、夜の寂寥と密やかな開放感が漂います。とても好きになりました。

◯第3章から

「手すり」
エミリオ・ホッジオ 1909年 個人蔵
e0295455_18470028.jpg

温かみに溢れた色彩が魅力的です。


「道、雪の効果」
ロベール・アントワーヌ・パンション
1905年 個人蔵
e0295455_18470069.jpg

数少ない雪景色の絵。色彩が豊かです。

「ブーヘンヴァルトの春 II」
エミール・ノルデ 1915年
フォン・デア・ハイト美術館、ヴッパータール
e0295455_18470056.jpg

グリーンが独特で目を引きました。タイトルにギョッとしたのですが、ブーヘンヴァルトが歴史に顔を出すずっと以前の制作です。北国の森の深さを思いました。

作品リストには
地図もあり、
参照しながら
フランスを旅する気分も味わえます🎵
e0295455_18470001.jpg

こちらのコピーがリスト3ページ目に載っています。リストの作品名の後に地図の対応ナンバーが記してあります。至れり尽くせり!

今年の12月まで、全国を巡回します。
多くの方にご覧いただきたいです。

画像は本展カタログよりお借りしました。アートインプレッション©️2016


<追記>
この展覧会、カタログがD_CODEさんです〜💖手にした瞬間から、本に対する愛が伝わります💕なんだろう?編集のリズム感?でしょうか?レイアウトとかぴったりツボに入って好きなんです。手元に置いて、折にふれ見たくなります。2300円。こちらもぜひぜひ!オススメです❣️
e0295455_18470007.jpg

e0295455_18470023.jpg



[PR]
by abby819lucky | 2016-06-23 22:18 | 損保ジャパン日本興亜美術館

アートシーン「樹をめぐる物語」展

『日曜美術館』(NHK教育)
≪アートシーン≫のコーナーで
取り上げられていました。

2016年 5月 8日放送
フランスの風景
樹をめぐる物語
-コローからモネ、ピサロ、マティスまで-


語りは
伊東敏恵アナウンサー

*ー*ーー*ー*ー*ーー*ー*
樹木というモチーフを通して
フランスの風景画の変遷をたどる
展覧会が開かれています。
e0295455_11201742.jpg



詩情溢れる風景画で知られる
カミーユ・コロー

カミーユ・コロー
エトルタ近くの風景 1872
e0295455_11201804.jpg


生い茂る木々の下で
野良仕事に励む村人

自然と向き合いながら
どこにでもありそうな情景を
美しく柔らかな色彩で描きました


水のほとりの景色を得意とした
ドービニーの作品です

シャルル=フランソワ・ドービニー
ヴァルモンドワの下草 1872
e0295455_11201840.jpg


e0295455_11382583.jpg




樹木の美しさやみずみずしさを表わそうと
画家たちは
自然をより深く観察するようになっていきます

損保ジャパン日本興亜美術館
主任学芸員 小林 晶子さん

19世紀に入る以前、特にフランスでは
風景や自然は
歴史画や物語や宗教画の背景として
描かれることが主でした

19世紀、特に半ば頃になると
自然が主題の作品が盛んに描かれるように
なっていきます

戸外でスケッチをし
それを元にアトリエで
理想の風景に仕上げるのが主流でしたが
印象派の時代になると
戸外で仕上げまでなされるようになっていきます


刻々と変化する自然を
画面に留めようとする画家たち

クロード・モネ
ヴェトイユからの河岸からの眺め、ラヴァクール(夕暮れの効果) 1880年頃
e0295455_11201880.jpg

印象派を代表するモネは
時間や季節によって移りゆく
自然の光と色の変化に魅せられます
e0295455_11201829.jpg


様々な天候や光線の下で
同じ場所を繰り返し描きました


光の強さを色によって表わそうと試みた
ピサロ

カミーユ・ピサロ
マトゥランの丘にて、ポントワーズ 1871
e0295455_11201811.jpg


樹木の色を微妙に変え
変化を付けているのが分かります
e0295455_11201930.jpg



カミーユ・ピサロ
樹のカーテン(色に関する書き込みのあるスケッチ)
1877頃
e0295455_11201912.jpg

ピサロがスケッチした樹木には
色を細かく記したものも残されています

色にこだわることで
より正確に自然を捉えようとしました


光を更に科学的に追及し
点描で表わそうとしたのが
新印象派の画家たち

レオ・ゴーソン
樹木の向こうの村 1890
e0295455_11201988.jpg


絵の具を混ぜずに
色の点として置き
より明るい光の表現を目指しました
e0295455_11253153.jpg




シャルル・アングラン
ル・クロ、ノルマンディー 1907-1908年頃
e0295455_11253171.jpg


e0295455_11253138.jpg

e0295455_11253154.jpg



樹木は風の動きや光を
効果的に表現出来る格好の主題でした

印象派の流れを汲みながら
斬新な手法で自然を描こうとする画家たちも
登場します

明るい色使いが特徴的な
モーリス・ドニ

モーリス・ドニ
小さなブルターニュの女性たち、沼のほとり
1892年頃
e0295455_11253171.jpg


e0295455_11253181.jpg

e0295455_11253243.jpg

風景をデフォルメし
後の抽象絵画にも影響を与えた一人です


対象の色のみならず
その強さにも注目したアンリ・マティス

アンリ・マティス
オリーヴの並木道 1919
e0295455_11253209.jpg


絵の具を絞り出したままのような力強さで塗り
樹木の生命力を表しました
e0295455_11253200.jpg

e0295455_11253201.jpg

素朴な風景に
新たな時代を感じさせる一枚です


e0295455_11312490.jpg


e0295455_11312454.jpg


e0295455_11312421.jpg


<巡回>

札幌芸術の森美術館 7/9〜8/21

岐阜県美術館 8/30〜10/16

山梨県立美術館 10/22〜12/11

*ー*ーー*ー*ー*ーー*ー*
画像はNHK教育「日曜美術館」よりお借りしました。
[PR]
by abby819lucky | 2016-06-22 22:47 | アートシーン

汐留パナ美で ♣︎ミケランジェロ♣︎

ボッティチェリ
カラヴァッジョ
ときて

次は
ミケランジェロ!!!!

2016年6月25日〜8月28日
汐留パナソニックミュージアム
ミケランジェロ展
-ルネサンス建築の至宝-

e0295455_14143253.jpg

開催されます!

HPはこちら
http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/16/160625/


日伊国交150周年記念
本当に凄いことになっています。。。

ミケランジェロは絵画も良いですが
私は彫刻が好きです。
ミケランジェロの立体造形に
惚れ惚れしてしまいます。

内部に空間を有する
建築
にフォーカスした企画展が開催されるとは!
夢ではないでしょうか⁈



そして東京会場では
丹下健三、磯崎 新といった
日本の巨匠たちと
ミケランジェロ建築の関連性に触れた
映像も流れるそうです‼︎


なんて贅沢なのでしょうか!!

ちょうど夏休みにもかかります。

書簡も含め全70点
プラス、建築模型や映像。

素描や設計図、
思考の跡や
温もりが感じられる
展示の数々。
じっくり見るの、楽しみです💛💛💛

多くの方々と感動を分かち合えることを
期待しています❣️

【概要】

『ミケランジェロ展 - ルネサンス建築の至宝 -』
◯会場:パナソニック 汐留ミュージアム
東京都港区東新橋1-5-1パナソニック東京汐留ビル4F
◯JR 「新橋」駅より徒歩約8分、
東京メトロ銀座線・都営浅草線・ゆりかもめ「新橋」駅より徒歩約6分、
都営大江戸線「汐留」駅より徒歩約5分
◯会期:2016年6月25日(土)~8月28日(日)
◯協力:アリタリア―イタリア航空、日本通運、モンテーノビ
◯主催:パナソニック 汐留ミュージアム、日本テレビ放送網株式会社
◯後援:イタリア大使館、イタリア文化会館、一般社団法人日本建築学会、
公益社団法人日本建築家協会、港区教育委員会
◯休館日:毎週水曜日夏期休館(8月12日~ 8月18日)
◯開館時間:午前10時より午後6時まで (ご入館は午後5時30分まで)
◯入館料:一般:1,000円 65歳以上:900円 大学生:700円 中・高校生:500円 小学生以下:無料
20名以上の団体:各100円割引
障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで無料で入館可能
e0295455_14143214.jpg


画像は本展フライヤーよりお借りしました。
[PR]
by abby819lucky | 2016-06-16 17:32 | パナソニック汐留美術館

Seed 2016 山種美術館 (2)

山種美術館(恵比寿・広尾)
2016.5.31〜6.26(日)

山種美術館 日本画アワード
Seed 2016
e0295455_21045989.jpg

HPはこちら
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2016/seed2016.html


見てきました。

三鑰さん以外にも
魅力いっぱいの全52点の中から
特に気になった作品を
ピックアップしたいと思います。

まずは三鑰さんの「依存」と併せて
私のベスト3になる作品。

「草 木 花」 長澤 耕平 2016年
朽ち始めた木とそこに宿る草々に、それぞれ異なる時間の中で繰り返される生成と消滅がひと時交わる瞬間を感じました。
e0295455_21050678.jpg

色彩の微妙な淡さ、画面構成、見るほどに魅力の増してくる作品だと感じました。



「水辺」 水津 達大 2016年
自分にとって実感のあるものを描くことができれば良いな、と考えています。 今回は旅をしたり色々なものを見ていった中で蓄積された記憶から生じた景色を描きました。
e0295455_21050609.jpg

ともかく水の美しさ!これに尽きます。夢の中を彷徨うように、この水辺に身を置きたいと切に思いました。素敵な風景を描いてくれて感謝です。



その他にも素敵な作品、あります!

特別賞(セイコー賞)「勢焔」 狩俣 公介 2016年
e0295455_19120469.jpg

スリランカ、ヌワラエリヤの畑へ向かう途中のランボダの滝だそうです。写真ではない、絵画の力に思いを致しました。



「風がふく」 清見 佳奈子 2015年
e0295455_21050607.jpg

作家は、捉え難い水面の一瞬の風景の儚さに惹かれると言います。画面から清涼な微風が流れてくるようです。絵画の美しさ、その普遍性に感じ入りました。


「春景」 小田川 史弥 2016年
e0295455_21050786.jpg

舞台は冬、風の強い上野・不忍池だそうです。枯れた蓮と揺れる水面に心象が重なり奥行きのある作品。


「畔」 加藤 丈史 2016年
e0295455_21050761.jpg

湖畔にて心の凪を獲得していく感覚を込めて描かれたそうです。思わず足を止める静寂を湛えた作品です。

好みの作品は他にも。

審査員奨励賞 Living Pillar 外山 諒 2016年
e0295455_21050731.jpg


対自ーハシビロコウ 北川 安希子 2016年
e0295455_21050756.jpg


陽光 鹿間 麻衣 2016年
e0295455_21050738.jpg



塀 中村 嘉宏 2016年
e0295455_21050719.jpg



冬三日月

など、もうほとんど全部好きじゃないですか?笑

審査員評では
絹本にまつわる現況のお話、面白かったです。
また、もっと冒険して良いのでは、とのこと。

世界の中の日本画
という視点がもっと直接的に加わると
面白い作品が生まれるかも、
と全く素人の横槍を入れつつ
期待を寄せております。

同じ時代を生きる
作家さんたちの作品
新鮮な刺激を貰えて
クセになりそうです💛


斜め文字の作家コメント及び画像は本展カタログよりお借りしました。©️Yamatane Museum of Art 2016
[PR]
by abby819lucky | 2016-06-15 21:04 | 日本美術

Seed 2016 山種美術館 (1)

山種美術館(恵比寿・広尾)
2016.5.31〜6.26(日)

山種美術館 日本画アワード
Seed 2016
e0295455_21305907.jpg

HPはこちら
http://www.yamatane-museum.jp/exh/2016/seed2016.html


見てきました。

日本画に特化したコンクール

損保ジャパンのFACE展とは
またひと味違った趣で面白かったです。

足を運んだ最大の理由は
そのFACE展で知った
三鑰さんの新作がかかると知ったから!

「依存」
e0295455_21210205.jpg

紙本・岩絵具、胡粉、膠、純金箔・真鍮箔・額
髪の毛の配色が独特で
とても♡です
箔の入り具合も♡
作品自体は「曖昧」の方が
インパクト大なのですが

この「依存」も透明感があって
とても好きです〜〜〜〜💕

無礼を承知で正直に言いますと
題名と印象を一致させるのに
やや時間を要するのです。
鑑賞者が未熟な為か
言語感覚に年代の隔りがあるせいか
(三鑰さん、20代💦)
ごめんなさいっっ💦。

でも
「なんでこんな色が出せるの⁈」
とびっくりするような透明感に溢れた
その瞳を見つめていると
「あ〜〜生きててよかった‼︎」
と思えるのです。

タイトルの意味を探っていくのは
それから。

そっか、私がこの絵の美しさに
依存してる?
なんて自嘲しながら。。。

カタログには
作家さんの顔写真とコメントが
掲載されています。
『依存』 平成28年


「この作品は髪の毛に人物が取り囲まれるように描いており、(中略)情報や過剰な装飾を髪の毛に例え、
それがあることが当たり前
且つなくてはならないものとなっていること。
更に、自身がそれに依存、支配されていく
という意味が含まれています。
周りにある当たり前と思い込んでいるものを
私なりの解釈で表現しました。」


三鑰さんの
これからに目が離せないです☆

他にも力作ばかり。

館内、なかなか盛況でした。
お気に入り作品の投票を行っています!
HPからも出来ます!
結果が楽しみで〜〜す♬♪🎶

画像は本展カタログよりお借りしました。©️Yamatane Museum of Art 2016


[PR]
by abby819lucky | 2016-06-14 21:25 | 日本美術

珈琲でひと休み


恵比寿へ行って

やっと猿田彦珈琲さんに
お邪魔出来ました。

といってもカフェは外に行列だったので
豆の購入のみ。

Sarutahiko Mild
Classic French

e0295455_01150953.jpg


今日はSarutahiko Mildを開けました。
e0295455_01150930.jpg

ブレンドにしては良心的なお豆です。

初めてお豆、ワクワクドキドキ
e0295455_01150991.jpg

e0295455_01150967.jpg


ちょっと馴染みのないtasteでした。
e0295455_01151007.jpg

フレッシュを入れた方が
美味しいかも
です。

ご馳走さまでした☕️
e0295455_01151002.jpg




[PR]
by abby819lucky | 2016-06-12 21:06 | 食・食

児玉靖枝展 MEM

MEM (恵比寿)
2016.5.21〜6.26

児玉靖枝 展
深韻 - 白 -

e0295455_01023524.jpg

HPはこちら↓
http://mem-inc.jp/2016/05/15/160521_kodama_jp/


行って来ました。

MEMでは2年ぶりの個展。

新作が9点ほどでしょうか
ギャラリーの白い壁面に
ぴったりはまっていました。

HPに寄りますと
タイトルの「白」は「びゃく」と読み
『水の系譜』から連なる
これも水の一種の形状である雪
がテーマなのですが

作家のホワイトアウトの体験が
根幹にあり

日頃散歩する宝塚の雑木林の風景に
作家自身の魂を反映させた
作品になっています。

同一モティーフながら
一枚一枚、
それぞれに違う味わいがあり
雪の表情の多様さに驚かされます。

私が特に気に入ったのは
入口を入って正面の画です。

ふと
自分の足場を見失い
未来を向いているのか
過去を向いているのかさえ
分からなくなってしまう
生を刻む瞬間

途方に暮れて仰いだ空から
降りしきる雪に
惑わされ
抱きとめられ
やがて存在の不確かさの中に
安住点を見出したような
肯定感を喚起させます。

良いひと時を、過ごせたことに
感謝です✨

e0295455_02131067.jpg


e0295455_01055062.jpg








[PR]
by abby819lucky | 2016-06-11 22:08 | アート

出光の水墨画

出光美術館(有楽町)
2016. 5月13日〜6月12日(日)

美の祝典
II 水墨の美

e0295455_00053006.jpg

HPはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/highlight.html


またもや終了ぎりぎり〜💦このフレーズ登録しておこうかと諦めの境地に💦

とても良かったです!
開館50周年記念企画。

6/17〜7/18には
III 江戸絵画の華やぎ
があり、
国宝 伴大納言絵巻 下巻
も展示されます。

ひとつ覚えておきたいのは
この企画展の最中は
金曜日の延長開館は無し!

知らなくて
入場後、間もなく閉館のお知らせになり
焦りまくりでした💦

館内はなかなかの盛況。

国宝の伴大納言絵巻 中巻
は、ケースに沿って
一定のペースで進みながら見る
という具合でした。
戻って二度見も十分可能でした。←閉館間際だったからか?!

絵巻の展示スペースは
たっぷりとられていました。

拡大コピーが壁面に並び、
展示されていない上巻・下巻を含め
絵巻の場面の内容(あらすじ)や
絵の見方、見どころが丁寧に解説されていて
国宝がぐっと身近に感じられる
展示でした。

絵巻を楽しんだ平安時代の人々に
ちょっと近づけたような気持ちになれました。

国宝以外は
タイトル通り水墨画の名品、佳品が
たっぷり堪能出来ました。

入って直ぐに
能阿弥の重文「四季花鳥図屏風」
大胆で伸びやかな筆運びが魅力的でした。

そして
長谷川等伯の「竹鶴図屏風」
e0295455_01060390.jpg

絵葉書は部分
竹の描写が力強く
緩急自在で素晴らしかったです。

等伯はもう一点あって
「松に鴉・柳に白鷺図屏風」桃山時代
e0295455_01060444.jpg

絵葉書は部分
白鷺は左隻で、
右隻の鴉につながる空間に
正面を向いた白鷺が描かれて
それが変わったアングルで印象的でした。

牧谿の重文「平沙落雁図」中国・南宋時代
も出ていました。
e0295455_01201178.jpg

水面に漂う雁たちの
拡大コピーが作品名の下に貼られていました。
今回、この様な配慮が多く
水墨画に親しみやすい工夫だと感じました。

嬉しい再会は田能村竹田。
重文の「梅花書屋図」と
「目撃佳趣画冊」の違う頁が
展示されていました。
拙ブログ「田能村竹田展」感想→http://chibakkye.exblog.jp/23526121/

毛倫中国・元時代)の「牧牛図」の繊細な描写にため息。

狩野元信"室町時代)の「西湖図屏風」は六曲一双の大画面。

なかでも
与謝蕪村の重文「山水図屏風」(1763年)
は大作ながら細部まで丁寧に描かれて見応えがありました。

作品リストにはないのですが
九谷焼きでしょうか、
鮮やかな色彩の作品が目を引きました。

大切にされた美術品が
丁寧に設えられた空間に身を置くだけで
特別な時間を味わえた満足感に満たされました。


館蔵品それぞれに
再会出来る日を
楽しみにしています。

e0295455_02081948.jpg

ロビーから見える皇居の緑は格別です。ソファがベンチに替わって、眺めがより楽しめる様になりました♬

[PR]
by abby819lucky | 2016-06-10 23:35 | 日本美術

いつの間に、紫陽花

日が伸びました。

いつもと違う道を帰ったら
鮮やかなブルー
e0295455_15072253.jpg

蝶が集って収蜜しているような
額紫陽花

自然の創り出す色は
何より心を捉えます。

気持ちも梅雨支度
始めよう ☂️☘

[PR]
by abby819lucky | 2016-06-09 20:20 | 今日のお散歩

ふらりと旅する、文字の世界 番外編

古代オリエント博物館(池袋)
2016.4/9〜6/5

世界の文字の物語
ーユーラシア 文字と形ー

e0295455_03312124.jpg


文字の世界を旅しましたが

現実世界もちょっと旅気分。

古代オリエント博物館は
池袋サンシャインシティの7階にあります。
e0295455_20403460.jpg


廊下が細長くて
古代遺跡の回廊みたい雰囲気が
すてきです☆

サンシャインの中では
かなり端っこなのが
ちょっと寂しいです💦
e0295455_20403544.jpg

青いラインがいかしてます。

すっごく昔に
1度来たことがあるような?
ですので
博物館に来るだけでも
プチ旅気分でした。

普通、
サンシャインシティまでは
山手線で池袋から徒歩ですが
どうせなら、と
大塚から都営荒川線に乗ってみました〜

都電!
記憶にある限りでは
初めて♬

大塚駅のホームからキョロキョロ
改札を出てからもキョロキョロ
改札を出て右のロータリーへ出たら左へ。間もなく都電のプラットホームが見えます。線路を渡ってそのままホーム。
駅前が工事中で分かりにくかったんです💦


かわいいホーム
線路を間近に見たのも久しぶり♬
e0295455_20403509.jpg

都電もSuicaが使えるので安心です☆

ホームで待っていると
線路にモンシロチョウが
ヒラヒラ
長閑です🍀

ほどなく
電車が来ました
次の駅からの走行状況がわかる
案内板が便利◎
e0295455_20403565.jpg

今ドキの車体
e0295455_20403599.jpg

中もキレイ✨
e0295455_20403640.jpg


東池袋まではほんの10分位。

降りてからまたてくてく
長かった。

初めての道は
それだけでドキドキ
やっと着いたら
ホッとしました。
e0295455_20403682.jpg

展示会場内は
女子大生がとっても多かったんです。
みんなメモを熱心にとっていて
何かの課題かな?
と感じました。
違っていたらごめんなさい〜〜
なんだか、遠い昔が、笑
懐かしく思い出されました🌷

帰りは
地下鉄の駅まで。
途中でベーカリーワゴンを発見!
e0295455_20403659.jpg

Essenというパン屋さん
閉まりそうなところを
大急ぎで買わせてもらいました。
値段も手頃だし
オススメのミルキーパン、
und 夏限定のナストマ、
sehr lecker!
近かったら毎回通ってしまう〜🌟

ビル風が強くて
日傘がさせなくて
街路樹の「葉裏のそよぎ」は
無秩序に大暴れ
夏の気配
異国の余韻
楽しいプチ旅でした🍀
[PR]
by abby819lucky | 2016-06-08 22:30 | 今日のお散歩