暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

タグ:つぶやき ( 12 ) タグの人気記事

最終投票☆「あなたが選ぶ展覧会2016」その2

ツイートで
今年の動員客数のベスト展覧会を知りました

最近良く拝見させて頂いてる
art-placeさん、ありがとうございます🌟

https://twitter.com/onward_thinking/status/812663034590040064

ソースはこちら
http://bitecho.me/2016/12/23_1410.html


e0295455_21190722.jpg


ほ〜〜〜〜う
興味深い!

動員数も美術館経営には重要なファクター
人々の嗜好も分かり、なかなか面白いです。

若冲が1ヶ月の開催で3位なのが驚異的
とか
ルノワールは圧倒的な一位
とか
行っておけば良かった
とか
別に興味ないな
とか
感想もろもろです。笑笑。

と、
こちらの方も
最終エントリが出ました!
e0295455_14161703.jpg

http://arttalk.tokyo/


「あなたが選ぶ展覧会2016」エントリー結果
順位展覧会名美術館
1生誕300年記念 若冲展東京都美術館
2日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展国立西洋美術館
3鈴木其一 江戸琳派の旗手サントリー美術館
4オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展国立新美術館
5ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏東京ステーションギャラリー
5ゴッホとゴーギャン展東京都美術館
7日伊国交樹立150周年記念 ボッティチェリ展東京都美術館
7村上隆のスーパーフラット・コレクション ―蕭白、魯山人からキーファーまで―横浜美術館
7ダリ展国立新美術館、京都市美術館
10クラーナハ展―500年後の誘惑国立西洋美術館
11ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞 Bunkamura ザ・ミュージアム
12杉本博司 ロスト・ヒューマン東京都写真美術館
12没後40年 髙島野十郎展 ―光と闇、魂の軌跡目黒区美術館
14福井移住400年記念 岩佐又兵衛展―この夏、謎の天才絵師、福井に帰る―福井県立美術館
14【開館50周年記念特別展】速水御舟の全貌 ―日本画の破壊と創造―山種美術館
14トーマス・ルフ展東京国立近代美術館
17ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―東京都美術館
18原安三郎コレクション 広重ビビッドサントリー美術館
18日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィアルネサンスの巨匠たち国立新美術館
20リバプール国立美術館蔵 英国の夢ラファエル前派展Bunkamura ザ・ミュージアム
20臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅 ─ 心をかたちに ─東京国立博物館
20メアリー・カサット展横浜美術館
23生誕140年 吉田博展千葉市美術館
23没後100年 宮川香山サントリー美術館他
23開館90周年記念展 木々との対話──再生をめぐる5つの風景東京都美術館
26開館20周年記念展 初期浮世絵―版の力・筆の力―千葉市美術館
26出光美術館開館50周年記念 美の祝典出光美術館
26安田靫彦展東京国立近代美術館
29特別展「黄金のアフガニスタン-守りぬかれたシルクロードの秘宝-」東京国立博物館
29ルイ・ヴィトンの真髄(こころ)を辿る 驚きに満ちた旅「旅するルイ・ヴィトン」展特設会場
29ジャック=アンリ・ラルティーグ 幸せの瞬間をつかまえて 埼玉県立近代美術館
29いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-東京藝術大学大学美術館
29MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事国立新美術館
29特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館
3521_21 DESIGN SIGHT企画展 西村浩ディレクション「土木展」21_21 DESIGN SIGHT
35PARIS オートクチュール—世界に一つだけの服- 三菱一号館美術館
35【開館50周年記念特別展】奥村土牛 ―画業ひとすじ100年のあゆみ―山種美術館
35はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション国立新美術館
35開館75周年記念特別展  円山応挙「写生」を超えて根津美術館
35デトロイト美術館展上野の森美術館
35日韓国交正常化50周年記念 特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」 東京国立博物館
42柳幸典 ワンダリング・ポジションBankART Studio NYK
42特別展 国宝 信貴山縁起絵巻展奈良国立博物館
42恩地孝四郎展東京国立近代美術館
42水ー神秘のかたちサントリー美術館
42Chim↑Pom『「また明日も観てくれるかな?」~So see you again tomorrow, too?~』歌舞伎町振興組合ビル
42特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」国立科学博物館
42村上隆の五百羅漢図展森美術館
42特別展「生誕150年 黒田清輝─日本近代絵画の巨匠」東京国立博物館
42大妖怪展 ― 土偶から妖怪ウォッチまで江戸東京博物館
42日伊国交樹立150周年記念 メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画東京都庭園美術館
42驚きの明治工藝 東京藝術大学大学美術館
42ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展Bunkamura ザ・ミュージアム
42DMM.プラネッツ Art by teamLabお台場みんなの夢大陸2016
42開館50周年記念大仙厓展 ―禅の心、ここに集う出光美術館


なんと!
私の投票した展覧会、2/5しか入っていません💧

けれども
アート好きな人のランキングなだけあって
動員数よりはるかに納得の結果。

見た展覧会 23
見る予定 3
見たかった 7
見なかった 19
知らなかった 3

この中から一つだけ投票です!
どうしよう〜〜
すごく悩みますね〜〜〜〜💦

順位なんて無意味とは思いつつ、
でもこんな迷いは楽しいです🎵

と、迷った挙句
今回はエゴ丸出しで
一つに投票❣️

どれを選んだのかは
最終発表の日に打ち明けます!



[PR]
by abby819lucky | 2016-12-26 21:18 | アート

カンルイ


真田丸、完。涙

e0295455_21100127.jpg


e0295455_21100112.jpg


[PR]
by abby819lucky | 2016-12-18 21:07 | テレビ

12月のシシリーメアリー

e0295455_16501387.jpg


とうとう今年のカレンダーも
最後の1枚

スピンドルベリー

これはイギリス🇬🇧のものですが
ドイツ🇩🇪のカレンダーは
週末毎にAdventがカウントされています。

冬至
柚子湯
クリスマス
大晦日

時間の流れに
道標を立てて
生活は続きます

去年と同じだけど
すこぅし違う
その繰り返しで
人生は積み重なっていき

幸福の定義も
ちょっとずつ修正されて

年の瀬を迎える
幸せ
を、心に刻む


朝露に光る蜘蛛の糸を
絹のように紡ぐ
スピンドルベリー

慈しみの12月

e0295455_16501437.jpg



皆さま、良い年の瀬を🌟
[PR]
by abby819lucky | 2016-12-01 21:41 | シシリーメアリーのカレンダー

投票しました☆「あなたが選ぶ展覧会2016」


アートブログのヒーロー
青い日記帳」さんと
はろるど」さん

主催のweb座談会
「あなたが選ぶ展覧会2016」

私も投票しました。

フォーマットには
選択理由を書くようになっていたので
内容をコピペします。

ちょっと恥ずかしいですね


今年(2016年)でお気に入りの展覧会名 その1
◯カラヴァッジォ展   国立西洋美術館  
e0295455_12040184.jpg

その理由
日本に居ながらにして、カラヴァッジォがこれだけまとめて見られるなんて奇跡だと思いました!日伊交流150周年記念で名だたる名画が来日した中、これをダントツで挙げたいです。  

今年(2016年)でお気に入りの展覧会名 その2
◯ウェストンコレクション肉筆浮世絵展   上野の森美術館  
e0295455_12473249.jpg

その理由
浮世絵は苦手でしたが、その認識を大きく覆してくれた展覧会。若冲も良かったのですが、筆致の繊細さ、叙情的な美しさで、こちらを。  

今年(2016年)でお気に入りの展覧会名 その3
◯メアリー・カサット展   横浜美術館  
e0295455_12040364.jpg

その理由
ベアトリクス・ポター、ジュリア・マーガレット・キャメロンなど、女性の生涯にスポットを当てた展覧会が記憶に残った今年。その生き方や芸術の革新性から最も心に響いたカサット展。学芸員の方が展覧会へ込めた愛情が伝わって、より絵画への理解が深まった良い展覧会でした。  

今年(2016)でお気に入りの展覧会名 その4
◯ライアン・マッギンレー BODY LOUD!   東京オペラシティー・アートギャラリー  
e0295455_12040376.jpg

その理由
時代の息吹を感じる清新な展覧会でした。まさに「いま」見ることに意味のある展示。ファッショナブルだけでない、人間存在の本質を問う内容だと思います。  

今年(2016年)でお気に入りの展覧会名 その5
◯黄金のアフガニスタン展   東京国立博物館 表慶館  
e0295455_12040399.jpg

その理由
展示も素晴らしいものでしたが、同等に、文化・芸術の存在意義そのものを再認識させられ、心に響きました。日韓「二つの半跏思惟像」と共に、好き嫌いを超えて、歴史的にも非常に有意義な展覧会でした。  


なんだか盛りだくさんの理由で潔くない感じですが、こちらはあくまで『web座談会用』です。2016年日本のアートシーン(やや大げさな?)に於ける存在感、という視点を優先してチョイスしてみました。
自分の好みを押し出したBest10は、改めて年末にエントリします🌟

一次予選、結果が楽しみです!

[PR]
by abby819lucky | 2016-11-26 20:44 | アート

キタキター☆「あなたが選ぶ展覧会2016」

今年も残すところ
あとひと月半。

段々と寒さも本格的になってきました。

当blogもサボりっぱなしで
寒風吹き荒んでおります。。。

カテゴリが増えすぎたし
内容にもまとまりがないので
一新しようか考えているうちに
進まなくなってしまい〜
いじいじ、言い訳です……💧

そんな俯き加減のこの頃
嬉しいニュース📰

アートブログの双璧
青い日記帳」さんと
はろるど」さんからの告知です❣️

web座談会が開催されるそうです💓
「あなたが選ぶ展覧会2016」

11/25までの投票でエントリーが決定。

12/1に発表されたベスト50から
再度、投票により
2016年 展覧会ベスト10が決定‼️

うわ〜〜ん、これめっちゃ楽しみにしていたんです!

しかも今年度のベスト10の発表は
年明けとのこと。
年末は忙しいし
年末に駆け込みで見るのもあるから

年明けの発表は最高に嬉しい🌟🍾🎍

昨年は、私もベスト1に推した
『グエルチーノ展』
が㊗️1位㊗️に輝きました🎊

その結果を受け
西美の馬渕館長が
「(入場者数に拠らない)
重要な展覧会が押さえられた
ラインナップ」
と、ベスト10の感想を述べられていて
小さくガッツポーズ💪。
我が事のように嬉しかったです。

そう、アート好きの集まりなので
興行的観点とは違う結果になるところが
エキサイティング🌟🎉

投票結果も気になるのですが
web座談会では
チャットのように
文字入力で随時発言できます。
自分の発言をTakさんやはろるどさんに
拾ってもらえたり
他の方にフォローしてもらったりして
本当に楽しい〜〜〜〜🎵🌟

難点は
最初の投票が5展に限られていること。

わたくし、11月15日現在
94展 鑑賞しております。
(ギャラリーを含む)
(延べ回数では100を超えています)
(適宜tweetはしております💦)

その中から
たったの5展
すみません。ちょっと声を大にして叫びたかったのです。

酷です。

しかし昨年の3展から増えたので
我慢しましょう。
集計も大変でしょうし。。。

あ〜〜〜〜
これ、考えるの楽しいですね〜〜

「若冲展」が上位に来るのは必至
と思いますが

私としては
今年は日本人の画が面白かったのです。

「原田直次郎 展」(埼玉県立近代美術館)
「高野野十郎 展」(目黒区美術館)
「吉田 博 展」 (千葉市美術館)
石橋美術館の坂本繁二郎も良かった。。。
九博の東山魁夷も。。。

でも西洋絵画も捨てがたい。
「ボッティチェリ展」(東京都美術館)
「カラヴァッジォ 展」(国立西洋美術館)
は、もちろんのこと
「モランディ 展」(東京ステーションギャラリー)
そして外せない初来日のド・ラ・ギャレット
「ルノワール 展」(国立新美術館)✨

毎年、挫折してしまうので
今年こそ
My Best展
を年末までにはアップしたいと思います。
web座談会との比較が楽しみだし、自分の嗜好も確認できますし☆

昨年のベスト10では
「鴨居玲 展」がエントリーしていて、
私は絶対ムリ〜〜と思っていましたが
皆さんの感想や分析を聞くうちに
興味が湧いてきました!

先入観を壊す機会って
滅多にないと思うので
そんな点からも凄く楽しみです🌟

ひとつだけ残念なのは
いつも関東の人が主流なのです。
もっと地方の方も参加して頂いて

日本は素晴らしい美術館が
全国にありますので
地域の展覧会の魅力も伝えてくれたらなぁ〜
と、願っています💖


なんだか書いてるうちに
熱くなってしまいました(//∇//)

いずれも参加無料なので
この記事に目を留めて下さった
奇特な貴方、貴女
ぜひぜひ💓エントリーして
一緒に結果を楽しみませんか?❣️
↓↓↓↓↓
http://arttalk.tokyo/


[PR]
by abby819lucky | 2016-11-15 22:32 | つぶやき

11月のシシリーメアリー


e0295455_12043272.jpg

11月の妖精は
Große Klette

“ゴボウ”


英語だと burdock

ゴボウを食用にするのは
日本、台湾、韓国
だけで
中国でさえも薬用のみなのだとか。
ちなみに日本では
縄文遺跡から牛蒡を食用にした形跡が
認められています。

鶏肉の牛蒡巻きとか、
美味しいですよね🎵

英語名のburは「いが」
dockは葉の形が似ている「ギシギシ」
(実際は、ゴボウはキク科、ギシギシはタデ科)


ヨーロッパでは雑草扱いの
ゴボウにも
宿る妖精を描いたシシリーメアリー
彼女の感性が大好きです。



e0295455_12043263.jpg


路傍の草にも、生命の輝きをすくい取ったシシリーメアリー。どんな小さな生命にも生まれてきた意味がある事を、尊重される存在である事を、教えてくれている気がします。地球🌏に生きる等しい生命。まずは自分自身の生命を大切にするところから、意識したいと思います。

[PR]
by abby819lucky | 2016-11-01 22:02 | シシリーメアリーのカレンダー

ピーターからの贈り物


Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)
で、開催されていた
ピーターラビット展
e0295455_12393306.jpg

特設ショップで購入すると
もれなく貰えた
アフタヌーンティールームのハーフスイーツチケット

有効期限 2016年10月31日

。。。。

行ってきました。
おひとり様で❗️


大体、ティールームなのだから
「チケット1枚で4名様まで有効」
という設定にしてくれたら
行きやすいと思うのですが。

カフェと違って
ティールームって
「お喋りする場所」というイメージがあって
1人だと入りにくい……。(._.)

でも、アート展とのコラボなので
意を決して← そんなに大袈裟な?
行ってきました。

どんなものか分からず
オーダーした後に
チケット🎟を見せました。

通常のメニューの
スイーツ5〜6種類位かな?の中から
好きなのを1つ、
選べるとのことでした

ので
ショートケーキ🍰💓
をチョイス。

そして出てきたのがこちら。
ジャーーン🎉
e0295455_12055674.jpg


「サイズはハーフになります」
と言われましたが、
これでハーフ⁈
(๑˃̵ᴗ˂̵๑)
とビックリする程の大きさ❣️

飲み物はアールグレイ。

意外と1人の方も多くて
静かにゆっくり過ごせました☕️

ピーターの生まれた時代を想い、
ロンドンのティールームや
郊外の瀟洒なカントリーハウスの
お茶の時間の優雅さを
ひととき味わい
雑事に流される
日頃の粗忽さを反省しました🍀

素敵な
ピーターからの贈り物でした🌟





と、お行儀よくまとめようと思いましたが
正直に書きます。

オーダーのときに
「ハーフって、フィンガーサイズ?」
と勝手に思い込み
「トリュフサイズのケーキだったら
お茶とのバランスが悪いかも、、、」
と要らぬ心配をし

スコーンとのセットを頼んでしまいました。

そうして運ばれた
実際は
↓↓↓
e0295455_12055787.jpg

ケーキに
スコーンが2つ。
しかもクリームとジャムと
ベリー入りスプレッド付き❗️

2皿並んだ時は
死のうかと思いました。
嘘です。
なんのご褒美なの?
バカバカ!私!
心の声とは裏腹に
目の輝きは誰にも隠せなかった事でしょう。

3種類の味も是非、試してみたくて
パクパクパクパク……必死!

スプレッドやクリームは
残してしまいましたが
完食。
当分、ケーキは食べなくても良い
という程です💦

「ありがとうございました!」
と可愛らしい声に送られ
店を後にし
体内の糖分濃度の異常な上昇で
フラフラになりながら
もういい加減に
「加減」を知ろうと反省しました💧

いや、自制心?

カミツレ草はこんな時にも効くかしら。
ね、ピーター?


[PR]
by abby819lucky | 2016-10-31 23:13 | 食・食

ポター女史生誕150周年「ピーターラビット展」

Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷)

ビアトリクス・ポター生誕150周年
ピーターラビット展


e0295455_17040972.jpg

HPはこちら

http://www.peterrabbit2016-17.com/


世界中で愛されているウサギ
を生み出したビアトリクス・ポターの
生誕150周年

その世界観を鑑賞してきました。
10月2日日曜日の午後の混雑については
こちらへ→http://chibakkye.exblog.jp/24708827/

全208点
【構成】
プロローグ
1章 ピーターラビットの誕生
2章 絵本シリーズの世界
3章 ビアトリクス・ポターの人生

2章が大部分を占めます
シリーズ毎の展示なので、見やすいです。

帰宅してから後悔しているのですが
3章から出口へ向かう間に

日本における<ピーターラビット>受容の過程
をたどる翻訳本の展示があり、
大変興味深かったのです。

しかし、作品リストにも
カタログにもなんの記載もされておらず
今となっては手がかりがありません。
ちゃんとメモしておけば良かったです。。。

私家版を、自費出版した翌年、
絵本の大手フレデリック・ウォーン出版社から
ピーターラビットの初版が出版されたのが
1902年

時は明治。日本では翻訳本が大流行。
世界に先駆けて
ピーターラビットの翻訳がなされたのは
1906年(明治39年)

すごい早さです。
ヨーロッパでは最も早いオランダで1912年
といいますから、
洋の東西や距離を考えても
驚くべき事ではないでしょうか。

もっともこの時は
『御伽小説 悪戯な小兎』
として、似たような挿絵があるものの
原作者の情報などは記載されていませんでした。

文章は漢字とカタカナで書かれており
(「サイタ、サイタ、桜ガサイタ」のような)
昔の国語の教科書を彷彿させる
リズミカルな表現。
ピーターはペターに、
マグレガーさんは杢兵(もくべえ)爺さんに
翻訳されているのが面白いと思いました。

時代変わって大正期のものは
《ピータロー兎》と翻訳されていて
その後は《ピーターうさぎ》が主流となったようです。

明治、大正はまだ日本で農業が盛んな時期であり
兎が身近な存在であった事と
兎が畑を荒らすというシーンが
共感を得やすい理由だったとの
解説がありました。

私は幼少時、ピーターのお話には
あまり馴染みがなかったのですが
(↑単に興味がなかった?)
日本でももう100年以上
読み継がれている事に驚きました。

もう一つ興味深かったのは
ポターのビジネス感覚でしょうか。

これほど夢のある絵を描きながら
商才に長けている点は見逃せません。
商業出版の翌年には
自らピーターの縫いぐるみを製作し、
商標登録して特許をとっています。
食器やゲームなど多岐にわたっての
商品展開、
その商品の品質にも大変こだわりをもって
仕上がりに細かい注文をつけています。

そしてナショナルトラストの活動。
特に、自分の原画を全て買い戻し、
ナショナルトラストへ遺贈した例など
作品に関してビジネスライクに考える
彼女の一面に全く感心させられました。

ポター女史は
大変裕福な階級の家に生まれ育ちました。
産業革命の時流に乗って
ビアトリクスの祖父が捺染業で大成功を
収めたのがきっかけです。

「同じ年の子とはばい菌がうつるから
遊んではいけない」
と、言われて育った少女は
6歳年下の弟と
自然や動物に夢中になりました。
その興味は当時流行の解剖学にも向けられ
コウモリやネズミなどの死体を拾ってきては
鍋でぐつぐつと煮込み
煮出した骨を取り出して
寸法を細かく計測して記録する
ということも行なったそうです。

これが絵画にも生かされ
ビアトリクスの描く動物は

例えば、この動物が二本脚で立つなら
こうなる、
という骨格の確かさに
裏打ちされたものだそうです。

こんな面からも
彼女の現実的な面がうかがえました。
e0295455_01275520.jpg



[PR]
by abby819lucky | 2016-10-05 22:56 | Bunkamura 渋谷

10月のシシリーメアリー



e0295455_21034636.jpg


「大丈夫だよ」

ため息つくたび
そう励ましてくれそうな
スウィートなピンク

Thistle は アザミ

可憐な姿に手を伸ばすと
チクッ
あざむかれておどろく
あざみ

魚と刀に草冠とは
よっぽど痛い目に遭った
教訓

油断すれば

チクッ

慰めて
突き放して
そっと見守る

すっくと首を長く伸ばして
衛兵みたいに

その視線に
キリリ
気を引き締めて
前を向きます


とうとう10月です。ここまで来たら、言い訳している暇はありません。とにかく前進あるのみ!足元をいちいち確認しつつ、小さくても重くても、前へ歩を進めます。

e0295455_00440355.jpg


[PR]
by abby819lucky | 2016-10-01 22:00 | シシリーメアリーのカレンダー

KAJALLA のフライヤー


e0295455_15220435.jpg



カジャラ #1 大人たるもの

作・演出 小林賢太郎
出演 片桐仁/竹井亮介/安井順平/辻本耕志
小林賢太郎

コント。こんなに難しくて、こんなに楽しいものに出会えたことを、今改めて感謝しています。
コントグループ「ラーメンズ」、
演劇プロジェクト「K.K.P.」、
ソロパフォーマンス「ポツネン」、
NHKBSプレミアムでのコント番組「小林賢太郎テレビ」。
どれも大きくて特別な体験でした。
これから、全部ここに返します。
KAJALLA #1 「大人たるもの」へようこそ。
どうぞごゆっくりお楽しみください。
小林賢太郎

宣誓。我々KAJALLA一同は、コントマンシップにのっとり、正々堂々と上質なコントを追求することを誓います。
KAJALLA 一同

フライヤーより



よく見ると
宙に浮いています。

裸足。

この人数が妥当だったのかは
別として
一人一人のチカラが
存分に発揮されていて
それぞれの個性が伝わる内容でした

仁くんの登場に
歓声があがり、、、
あの声が劇場に響くと
久しぶりで
懐かしくて
おかえり!と、
本当に嬉しかった。

仁くんは仁くんで
たくさんの経験を
積んできたはずなのに
やっぱりここでは
ギリジン
であることに妙に安心してしまいました。

2度目の成人式を迎えたオトナたちは
どこへ行くのでしょうか?笑




[PR]
by abby819lucky | 2016-09-04 15:12 | ライブ