暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

タグ:アート ( 31 ) タグの人気記事

最終投票☆「あなたが選ぶ展覧会2016」その2

ツイートで
今年の動員客数のベスト展覧会を知りました

最近良く拝見させて頂いてる
art-placeさん、ありがとうございます🌟

https://twitter.com/onward_thinking/status/812663034590040064

ソースはこちら
http://bitecho.me/2016/12/23_1410.html


e0295455_21190722.jpg


ほ〜〜〜〜う
興味深い!

動員数も美術館経営には重要なファクター
人々の嗜好も分かり、なかなか面白いです。

若冲が1ヶ月の開催で3位なのが驚異的
とか
ルノワールは圧倒的な一位
とか
行っておけば良かった
とか
別に興味ないな
とか
感想もろもろです。笑笑。

と、
こちらの方も
最終エントリが出ました!
e0295455_14161703.jpg

http://arttalk.tokyo/


「あなたが選ぶ展覧会2016」エントリー結果
順位展覧会名美術館
1生誕300年記念 若冲展東京都美術館
2日伊国交樹立150周年記念 カラヴァッジョ展国立西洋美術館
3鈴木其一 江戸琳派の旗手サントリー美術館
4オルセー美術館・オランジュリー美術館所蔵 ルノワール展国立新美術館
5ジョルジョ・モランディ―終わりなき変奏東京ステーションギャラリー
5ゴッホとゴーギャン展東京都美術館
7日伊国交樹立150周年記念 ボッティチェリ展東京都美術館
7村上隆のスーパーフラット・コレクション ―蕭白、魯山人からキーファーまで―横浜美術館
7ダリ展国立新美術館、京都市美術館
10クラーナハ展―500年後の誘惑国立西洋美術館
11ボストン美術館所蔵 俺たちの国芳 わたしの国貞 Bunkamura ザ・ミュージアム
12杉本博司 ロスト・ヒューマン東京都写真美術館
12没後40年 髙島野十郎展 ―光と闇、魂の軌跡目黒区美術館
14福井移住400年記念 岩佐又兵衛展―この夏、謎の天才絵師、福井に帰る―福井県立美術館
14【開館50周年記念特別展】速水御舟の全貌 ―日本画の破壊と創造―山種美術館
14トーマス・ルフ展東京国立近代美術館
17ポンピドゥー・センター傑作展―ピカソ、マティス、デュシャンからクリストまで―東京都美術館
18原安三郎コレクション 広重ビビッドサントリー美術館
18日伊国交樹立150周年特別展 アカデミア美術館所蔵 ヴェネツィアルネサンスの巨匠たち国立新美術館
20リバプール国立美術館蔵 英国の夢ラファエル前派展Bunkamura ザ・ミュージアム
20臨済禅師1150年 白隠禅師250年遠諱記念 禅 ─ 心をかたちに ─東京国立博物館
20メアリー・カサット展横浜美術館
23生誕140年 吉田博展千葉市美術館
23没後100年 宮川香山サントリー美術館他
23開館90周年記念展 木々との対話──再生をめぐる5つの風景東京都美術館
26開館20周年記念展 初期浮世絵―版の力・筆の力―千葉市美術館
26出光美術館開館50周年記念 美の祝典出光美術館
26安田靫彦展東京国立近代美術館
29特別展「黄金のアフガニスタン-守りぬかれたシルクロードの秘宝-」東京国立博物館
29ルイ・ヴィトンの真髄(こころ)を辿る 驚きに満ちた旅「旅するルイ・ヴィトン」展特設会場
29ジャック=アンリ・ラルティーグ 幸せの瞬間をつかまえて 埼玉県立近代美術館
29いま、被災地から -岩手・宮城・福島の美術と震災復興-東京藝術大学大学美術館
29MIYAKE ISSEY展 三宅一生の仕事国立新美術館
29特別展「古代ギリシャ―時空を超えた旅―」 東京国立博物館
3521_21 DESIGN SIGHT企画展 西村浩ディレクション「土木展」21_21 DESIGN SIGHT
35PARIS オートクチュール—世界に一つだけの服- 三菱一号館美術館
35【開館50周年記念特別展】奥村土牛 ―画業ひとすじ100年のあゆみ―山種美術館
35はじまり、美の饗宴展 すばらしき大原美術館コレクション国立新美術館
35開館75周年記念特別展  円山応挙「写生」を超えて根津美術館
35デトロイト美術館展上野の森美術館
35日韓国交正常化50周年記念 特別展「ほほえみの御仏―二つの半跏思惟像―」 東京国立博物館
42柳幸典 ワンダリング・ポジションBankART Studio NYK
42特別展 国宝 信貴山縁起絵巻展奈良国立博物館
42恩地孝四郎展東京国立近代美術館
42水ー神秘のかたちサントリー美術館
42Chim↑Pom『「また明日も観てくれるかな?」~So see you again tomorrow, too?~』歌舞伎町振興組合ビル
42特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」国立科学博物館
42村上隆の五百羅漢図展森美術館
42特別展「生誕150年 黒田清輝─日本近代絵画の巨匠」東京国立博物館
42大妖怪展 ― 土偶から妖怪ウォッチまで江戸東京博物館
42日伊国交樹立150周年記念 メディチ家の至宝-ルネサンスのジュエリーと名画東京都庭園美術館
42驚きの明治工藝 東京藝術大学大学美術館
42ビアトリクス・ポター™生誕150周年 ピーターラビット™展Bunkamura ザ・ミュージアム
42DMM.プラネッツ Art by teamLabお台場みんなの夢大陸2016
42開館50周年記念大仙厓展 ―禅の心、ここに集う出光美術館


なんと!
私の投票した展覧会、2/5しか入っていません💧

けれども
アート好きな人のランキングなだけあって
動員数よりはるかに納得の結果。

見た展覧会 23
見る予定 3
見たかった 7
見なかった 19
知らなかった 3

この中から一つだけ投票です!
どうしよう〜〜
すごく悩みますね〜〜〜〜💦

順位なんて無意味とは思いつつ、
でもこんな迷いは楽しいです🎵

と、迷った挙句
今回はエゴ丸出しで
一つに投票❣️

どれを選んだのかは
最終発表の日に打ち明けます!



[PR]
by abby819lucky | 2016-12-26 21:18 | アート

投票しました☆「あなたが選ぶ展覧会2016」


アートブログのヒーロー
青い日記帳」さんと
はろるど」さん

主催のweb座談会
「あなたが選ぶ展覧会2016」

私も投票しました。

フォーマットには
選択理由を書くようになっていたので
内容をコピペします。

ちょっと恥ずかしいですね


今年(2016年)でお気に入りの展覧会名 その1
◯カラヴァッジォ展   国立西洋美術館  
e0295455_12040184.jpg

その理由
日本に居ながらにして、カラヴァッジォがこれだけまとめて見られるなんて奇跡だと思いました!日伊交流150周年記念で名だたる名画が来日した中、これをダントツで挙げたいです。  

今年(2016年)でお気に入りの展覧会名 その2
◯ウェストンコレクション肉筆浮世絵展   上野の森美術館  
e0295455_12473249.jpg

その理由
浮世絵は苦手でしたが、その認識を大きく覆してくれた展覧会。若冲も良かったのですが、筆致の繊細さ、叙情的な美しさで、こちらを。  

今年(2016年)でお気に入りの展覧会名 その3
◯メアリー・カサット展   横浜美術館  
e0295455_12040364.jpg

その理由
ベアトリクス・ポター、ジュリア・マーガレット・キャメロンなど、女性の生涯にスポットを当てた展覧会が記憶に残った今年。その生き方や芸術の革新性から最も心に響いたカサット展。学芸員の方が展覧会へ込めた愛情が伝わって、より絵画への理解が深まった良い展覧会でした。  

今年(2016)でお気に入りの展覧会名 その4
◯ライアン・マッギンレー BODY LOUD!   東京オペラシティー・アートギャラリー  
e0295455_12040376.jpg

その理由
時代の息吹を感じる清新な展覧会でした。まさに「いま」見ることに意味のある展示。ファッショナブルだけでない、人間存在の本質を問う内容だと思います。  

今年(2016年)でお気に入りの展覧会名 その5
◯黄金のアフガニスタン展   東京国立博物館 表慶館  
e0295455_12040399.jpg

その理由
展示も素晴らしいものでしたが、同等に、文化・芸術の存在意義そのものを再認識させられ、心に響きました。日韓「二つの半跏思惟像」と共に、好き嫌いを超えて、歴史的にも非常に有意義な展覧会でした。  


なんだか盛りだくさんの理由で潔くない感じですが、こちらはあくまで『web座談会用』です。2016年日本のアートシーン(やや大げさな?)に於ける存在感、という視点を優先してチョイスしてみました。
自分の好みを押し出したBest10は、改めて年末にエントリします🌟

一次予選、結果が楽しみです!

[PR]
by abby819lucky | 2016-11-26 20:44 | アート

megaキュート「村田朋泰の世界」

2016.11.9〜11.28
ギャラリーX (日本橋高島屋 6F )

村田朋泰の世界

行ってきました。

詳しくはこちら
↓↓↓
http://worldoftomoyasu.wixsite.com/project

「森のレシオ」
大好きです💖💖💖

その実物が‼️
目の前に‼️

卒倒するような
可愛らしさ💓

一体、いくつハートを散らせば良いのやら。

会場はギャラリーなので
殆どの作品にプライスが付いていて
うーーん
録画して1日の終わりに
癒しの極みとして楽しむ身としては
現実感に
ふらっと
眩暈を覚えしたが。。。www

夢のような空間です。
手仕事によって
蓄積された時間が
作品に宿る生命となって
見る者を物語の世界へ
引き込んでしまいます。

会場には
映像も流れています。
入口のパンフレット(¥200)
e0295455_00423818.jpg


にプログラムが載っています。
e0295455_00423992.jpg



そう。
レシオより先に
村田さんを知ったのは
↓↓↓↓
ポンユタウン
https://m.youtube.com/watch?v=F2Tzpwky33k

人形で、ここまで美しい世界を築く事が
出来るのか、と本当に驚きました。
台詞が殆どないのに
(その分、音楽が魅力的に雄弁です)
叙情に溢れて、郷愁を誘います。

多くの人が
千載一遇の
セットや人形との出会いをモノにし、
村上朋泰さんの
美と不思議の世界を
堪能されますように🌟

お人形を買えない私は
ガチャポン(1回 ¥500)で
クリアファイル&絵葉書をゲット❣️
嬉しい〜〜😆💕
e0295455_00424021.jpg


レシオの原画もあります〜
e0295455_00424048.jpg



e0295455_00424168.jpg





[PR]
by abby819lucky | 2016-11-17 23:54 | アート

今日の一枚/「若い新婦」メアリー・カサット


e0295455_21244560.jpg

若い新婦
メアリー・カサット
1875年 モンクレール美術館

メイドのマルタ・ガンローザが結婚するのを祝い、マルタをモデルにした贈り物。すでにドガのパステル画と衝撃的な出逢いを果たした、その影響が見てとれる作品。

©︎Art Life Ltd.,Japon 1995

かなり柔らかなタッチなのですが、人体は光を含んでより写実的に描かれています。華やかな朱色のドレスと、人体に比べかなり粗いのにも関わらず、それと分かる襟元のレース、そして新婦の豊かでウェーブのかかった結いあげた黄金色の髪。優しさに溢れた心惹かれる一枚。残念ながら、横浜には来ませんでしたが、いつか再会出来ることを祈っています。
[PR]
by abby819lucky | 2016-09-02 22:25 | アート

児玉靖枝展 MEM

MEM (恵比寿)
2016.5.21〜6.26

児玉靖枝 展
深韻 - 白 -

e0295455_01023524.jpg

HPはこちら↓
http://mem-inc.jp/2016/05/15/160521_kodama_jp/


行って来ました。

MEMでは2年ぶりの個展。

新作が9点ほどでしょうか
ギャラリーの白い壁面に
ぴったりはまっていました。

HPに寄りますと
タイトルの「白」は「びゃく」と読み
『水の系譜』から連なる
これも水の一種の形状である雪
がテーマなのですが

作家のホワイトアウトの体験が
根幹にあり

日頃散歩する宝塚の雑木林の風景に
作家自身の魂を反映させた
作品になっています。

同一モティーフながら
一枚一枚、
それぞれに違う味わいがあり
雪の表情の多様さに驚かされます。

私が特に気に入ったのは
入口を入って正面の画です。

ふと
自分の足場を見失い
未来を向いているのか
過去を向いているのかさえ
分からなくなってしまう
生を刻む瞬間

途方に暮れて仰いだ空から
降りしきる雪に
惑わされ
抱きとめられ
やがて存在の不確かさの中に
安住点を見出したような
肯定感を喚起させます。

良いひと時を、過ごせたことに
感謝です✨

e0295455_02131067.jpg


e0295455_01055062.jpg








[PR]
by abby819lucky | 2016-06-11 22:08 | アート

『中国リアリズムの煌めき』展


2016年2月25日〜4月10
日中友好会館美術館(飯田橋)

『中国リアリズムの煌めき』展
e0295455_01394351.jpg

終了してしまいましたが
とても面白かったので
ご紹介します。

HPはこちら
http://www.jcfc.or.jp/blog/archives/7421


現在は 福岡アジア美術館にて
5/22まで開催中
詳しくはこちらへ
http://faam.city.fukuoka.lg.jp/exhibition/detail/316

福岡アジア美術館では、東京展ではなかった、「福岡⇔上海便ペアチケット」が当たるアンケートや、薬膳講座など様々な催しがあるようです。いいな〜〜

HPによりますと

『中国政府主催のもと5年に1回開催される
【全国美術展】』

こちらが
『中国全土から2万点以上の応募作品が寄せられる最大規模にして、最も権威ある公募展』
だそうです!

この日本巡回展は

『2014年12月に開催
「第12回全国美術展」の受賞優秀作品中』

『厳選した約80点』

という展示内容。

コピーにも気合が漲っています。


世界のアートシーンが注目!
現代中国アートの登竜門といわれる「全国美術展」受賞優秀作品およそ80点が来日!!


実際は
2万点の応募から
入選 4391点
受賞ノミネート 576点
内、金賞 7点
銀賞 18点
銅賞 49点
優秀賞 86点
いや〜〜審査する方も大変ですね💦

この中から
日本側主催美術館の学芸員が厳選し
海を渡って来ました。

質が高くないわけがない!!

ということで
期待度150%で足を運びました。
の、割には最終日ギリギリ💦

多彩なジャンル。
見応えたっぷり!

前置きが長くなったので
詳しくは
つぎに続きます〜

e0295455_21215772.jpg





[PR]
by abby819lucky | 2016-04-15 23:02 | 中国美術

「オートクチュール展」三菱一号館美術館

三菱一号館美術館(丸の内)
3月4日〜5月22日

PARIS
オートクチュール

世界にひとつだけの服
e0295455_16110377.jpg

HPはこちら
http://mimt.jp/paris-hc/

カリスマブロガー
『青い日記帳』のTakさんナビゲートによる
本展担当学芸員の岩瀬 慧さんの
解説付き内覧会にお邪魔しました。

1人、一点
ほぼ1回

しか着用されなかったという
贅を尽くした衣服が
厳かに陳列しています。

一昨年になりますが
銀座の「Dior」アーカイブが
目も眩む美の迷宮だったので
もういいかな
と、ちょっぴり思っていたのですが

そんな自分を殴りたい❗️❗️❗️

というほど
素晴らしい展示でした✨

パリ・モードの殿堂ガリエラ宮がパリで好評を博したファッション展を
日本向けに再構成したものです。

ガリエラの館長で
スターキュレーターのオリヴィエ・サイヤール氏は
開催が桜の季節と知り
生地の劣化で
殆ど貸し出されることのなくなった
桜色のドレスを
来場者を見送る最後の一枚として
出口に配置されたそうです。

バレンシアガ
イヴニング・ドレスとペティコートのアンサンブル

1967年春夏
アブラハム社製ガザール織り、ナイロン・チュール、型押しした絹タフタとオーストリッチの花飾り

e0295455_20504604.jpg




またジャン=ポール・ゴルチエが
プリーツを得意としたグレに
オマージュを捧げた
イヴニング・ドレス『青い鳥』
2006年秋冬
プリーツ加工したジャージー、玉虫織のモスリン、絹オーガンザ

e0295455_21473832.jpg


その反対側には
グレ
(1934年頃のアリックスをモデルに)
イヴニング・ドレス

1947年
ビスコースのジャージー

e0295455_21473807.jpg


が、あるなど
練られたレイアウトになっています。

もう一つ注目したいのが
ドレスの下のマネキン!

腕のあるマネキンは
パリのガレリアから
分解して
持ってこられたものだそうです!

重量もある上に

一体一体、
ドレスに合わせて
胸や腿に綿を縫い付ける
途方もない作業が施されているそうです。

パリからこられた専属の作業員の方や
協力の三菱レーヨンの尽力によって
見えない所まで
非常に手間のかけられた
まさにオートクチュールな
展覧会。

会場に一歩足を踏み入れれば
丁寧な手仕事によって紡がれた
濃密な時間が流れています。

ドレス小物類、
デッサン画、
写真など
e0295455_21523030.jpg

いつまでも見飽きない全137点。

是非多くの方に鑑賞して頂きたいです。

e0295455_21473829.jpg


e0295455_21473884.jpg



会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。
それ以外は、本展HP、フライヤーよりお借りしました。

≪開催概要≫
PARIS オートクチュール—世界に一つだけの服
◯開館時間10:00~18:00
(祝日を除く金曜、会期最終週平日は20:00まで)
※入館は閉館の30分前まで
◯休館日月曜日
(但し、祝日と5月2日、16日は開館)
◯主  催三菱一号館美術館、日本テレビ放送網、ガリエラ宮パリ市立モード美術館、パリ・ミュゼ
◯特別協力公益財団法人京都服飾文化研究財団
◯後  援 在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本
◯協  賛 大日本印刷
◯協  力 三菱レイヨン株式会社、エールフランス航空、日本通運株式会社 
◯企画協力NTVヨーロッパ
◯お問い合わせ03-5777-8600(ハローダイヤル)

☆こちらカタログもオススメです!
撮影出来たので要らないかな〜とおもったのですが、見本を手に取った瞬間、「これは良い本❗️」の予感。中身も確認せず購入。表紙、厚み、レイアウト、裏表紙の手触り、素晴らしいのです!
と、思ったらやはり!『D_CODO』さんのデザインでした!さすが〜〜〜〜💖
会場資料室の壁面解説も折込頁で入っています。
好評で、増刷も決定!
電子版も拡大が精巧で良いらしいです、
が!
俯瞰して見られ、
細かい解説を確認出来、
デザイナーの引き出す新たな展示の魅力を味わえるのは紙書籍ならではの良さです。
是非是非、お手元に一冊!(私は何かの回し者?笑)
今後のファッション鑑賞にも役立つこと請け合いです☆
e0295455_20262602.jpg


[PR]
by abby819lucky | 2016-04-10 21:52 | 三菱一号館美術館

決定!オーディエンス賞「FACE展」③12位〜6位

新宿 損保ジャパン日本興亜美術館

FACE展2016
e0295455_00555069.jpg

HPはこちら
http://www.sjnk-museum.org/program/3559.html


4月1日に
オーディエンス賞が決定しました‼︎

結果は下記、ご参照下さいませ。
http://www.sjnk-museum.org/wp/wp-content/uploads/2016/04/face2016_adaward.pdf

順を追って見ています。


得票数は省略。
80票以上がランキングされています。
23位→1位
と、遡り

順位、エントリーナンバー、氏名
「」内に作品名

という順番で記していきます。
エントリーナンバーは入賞9作品以外は氏名のアイウエオ順

12位 48. 田嶋里菜「Hello,my old friend.」
2015年 岩絵具・水干・クレヨン・和紙
神奈川県在住

e0295455_21281107.jpg

≪子供の描くような図象が漂っており、ほどけていくようなタッチと、溶け合う色彩が画面に大きな流れを生み出している。(野口 玲一審査員)≫
淡く透明な色の混じり合う中に、落書きのようなモチーフが潜んでいます。童話の挿絵のようなファンタジックな印象。

11位 38.甲賀 保 「マスクⅣ」
2015年 アクリル・キャンバス
静岡県在住 一陽会会友

e0295455_21281232.jpg

≪モノクロームと陰影 コントラストによる訴求力のある作品(堀 元彰審査員)≫
とてもインパクトのある作品でした。

10位 1. 遠藤美香 「水仙」
2015年 木版画
静岡県在住 日本版画協会会員 FACE展2013 入選

e0295455_21281270.jpg

グランプリ作品。うーん。やはり改めて細部にまで込められた情熱は圧巻です。

9位 6. 秋山 淳「降り積もるもの」
2015年 日本画・麻紙
大阪府在住

e0295455_00534763.jpg

審査員特別賞(本江邦夫審査員)
日本画らしい筆遣いの細やかさを堪能しました。紅葉した葉の描写も美しいですし、背景の色も好きな作品です。


8位 2. 唐仁原 希「それでも僕は。」
2014年 油彩・キャンバス
京都府在住

e0295455_00534799.jpg

優秀賞


7位 5. 中原未央「Life-2015」
2015年 ミクストメディア・キャンバス
福岡県在住

e0295455_00534793.jpg

読売新聞社賞。赤いトマトの生々しい、瑞々しい生命感。インパクト大。


6位 45. 紫嵐「栗」
2015年 紙本着彩
兵庫県在住 FACE展2014 入選

e0295455_00534888.jpg

≪一見日本画らしき体裁で栗樹を描くが、突き放したようなクールな描写と彩色を評価した。(野口 玲一審査員)≫
とっても好きな作品が6位!やはり多くの方がこの絵に惹かれたのですね。嬉しいです。授賞式で是非お話を伺いたかったのですが、生憎欠席されていました。色遣いが独特です。安らぎよりも緊張を覚えるのですが、そこに心地良さを感じる不思議な画です。

*入賞作品の解説は既出のため割愛しました。

画像は本展カタログよりお借りしました。審査員解説も同カタログに拠ります。©︎2016 Sompo Japan Nipponkoa Fine Art Foundation
[PR]
by abby819lucky | 2016-04-07 23:54 | 損保ジャパン東郷青児美術館

決定!オーディエンス賞「FACE展」②19位〜13位

新宿 損保ジャパン日本興亜美術館

FACE展2016
e0295455_00535033.jpg



HPはこちら
http://www.sjnk-museum.org/program/3559.html


4月1日に
オーディエンス賞が決定しました‼︎

結果は下記、ご参照下さいませ。
http://www.sjnk-museum.org/wp/wp-content/uploads/2016/04/face2016_adaward.pdf

順を追って見ています。


得票数は省略。
80票以上がランキングされています。
23位→1位
と、遡り

順位、エントリーナンバー、氏名
「」内に作品名

という順番で記していきます。
エントリーナンバーは入賞9作品以外は氏名のアイウエオ順

19位 50. 信國由佳理 「厨 file」
2015年 エッチング・アクワチント・ペン・和紙コラージュ・コラグラフ
熊本県在住

e0295455_19064084.jpg

≪モチーフと素材の質感や表現方法がうまく一致して、つよいインパクトがある。(坂元暁美審査員)≫
よくよく見ると、なんで?何これ?と、ぎょっとします。細かい構成にびっくり。数少ないコラージュ作品です。

18位 58. 福田絵理 「私室とだれもいない町」
2015年 油彩・キャンバス
東京都在住

e0295455_19355162.jpg

≪小建造物が佇立するベッドは、強い象徴性を喚起(堀 元彰審査員)≫
162×194という画面は、一瞬雪景色を思わせます。離れてよく見ると、非現実の風景と分かり、タイトルと相俟ってこちらの想像を刺激します。好きな作品です。

17位 49. 中山紘樹 「Danchi Mode」
2015年 油彩・パネル
神奈川県在住

e0295455_19355156.jpg

≪奥行きを排して正面性に徹した風景(坂元 暁美審査員)≫
≪そこに住む部屋の住民の個々の生活をとらえる視線と、それらを真正面から等価なものとして扱う手法と葛藤が、強い緊張感を生み出していた(野口 玲一審査員)≫
窓ガラスの向こうのカーテンに映る物干し竿の影まで描くスーパーリアリズム。でも対象は昭和懐かしい団地。そのアンバランスが面白く感じました。

16位 36. 木下泰徳「緑の沼」
2015年 油彩・キャンバス
神奈川県在住

e0295455_19355281.jpg

少しの青空が見えるだけで殆ど緑。深呼吸したくなるような風景画。


15位 22. 大石勝子「夢物語(蛍の森)」
2015年 油彩・キャンバス
神奈川県在住 FACE展2013 入選

e0295455_20073028.jpg

≪(意識が内と外に分裂した『二重性』の例として)濃密な、楽しげな夏の風景にある陰鬱さが潜(んでいる)(本江 邦夫審査員長)≫
審査員長評にある通り、豊かな自然と人間生活の共存が果たせた幸福に満たされ、それが過去である事に虚無感を抱く作品です。


14位 52. 橋本大輔 「工房の片隅」
2015年 油彩・パネル
東京都在住 独立美術協会準会員
FACE展2015 入選

e0295455_20073051.jpg

≪堅実な写実にもとづきながら、卓抜な空間表現を示していた(堀 元彰審査員)≫
これも写真のようなリアルさ。人の気配を感じさせ、いつか何処かで見た普遍性を感じさせる風景です。

13位 23. 大川心平「勇敢な馬」
2015年 油彩・キャンバス
東京都在住

e0295455_20073193.jpg

≪(意識が内と外に分裂した『二重性』の例として)『死』を孕んだ豊穣な画面が風景であると同時に静物である(本江 邦夫審査員長)≫
美しい花に惹かれて近寄ると髑髏はじめ、色々不気味なものが見えてきます。背景の空も交通標識も怪しげ。



画像は本展カタログよりお借りしました。審査員解説も同カタログに拠ります。©︎2016 Sompo Japan Nipponkoa Fine Art Foundation


[PR]
by abby819lucky | 2016-04-06 23:50 | 損保ジャパン東郷青児美術館

決定!オーディエンス賞「FACE展」①23位〜20位

新宿 損保ジャパン日本興亜美術館

FACE展2016
e0295455_21115432.jpg



HPはこちら
http://www.sjnk-museum.org/program/3559.html


4月1日に
オーディエンス賞が決定しました‼︎

というか、していました。チェック遅い💦💦

結果はこのようになっていました。
と、コピぺしようと思ったら
出来ませんでした💦
下記、ご参照下さいませ。
http://www.sjnk-museum.org/wp/wp-content/uploads/2016/04/face2016_adaward.pdf

やはり!と思ったり、
おおっ!と驚いたり、
へぇ〜!と意外に感じたり、、、

面白いので、
順を追って見てみます。
楽しい〜〜♬♬♬

なお、面倒なので(笑)、得票数は省略。
80票以上がランキングされているので
23位→1位
と、遡り

順位、エントリーナンバー、氏名
「」内に作品名

という順番で記していきます。
エントリーナンバーは入賞9作品以外は氏名のアイウエオ順

23位 51. 羽賀洋子 「色奏ー影映15-14」
2015年 水性アルキド樹脂絵具・綿布
東京都在住

e0295455_22481778.jpg

≪澄明な音楽(本江 邦夫審査員長)≫
私も大好きな作品がランクイン!とっても嬉しいです。透明感と溶け合う輪郭が夢見心地にさせてくれます。

22位 9. 井澤由花子「スプーンの中の夢」
2015年 水彩・紙
東京都在住 FACE展2014入選

e0295455_01195516.jpg

これも好きな作品です。前の記事に書きましたが、水彩でこの発色、筆触が凄いと思います。極楽鳥舞う密林の豊かな水源を思わせる、ファンタジックな世界。

21位 47. 滝浪文裕「最初の晩餐」
2015年 油彩・キャンバス
埼玉県在住 三軌会会員評議委員

e0295455_01380729.jpg

≪古典絵画を思わせる佇まい(堀 元彰 審査員)≫
なぜこんなに陰鬱なのか。タイトルの意味と共に背景に含みがある作品に思えます。

20位 同票2作品
18. IZUMI 「ephemeral」
2015年 Aqyla・パステル・キャンバス
埼玉県在住

e0295455_01573560.jpg

≪鉢植えのバラの軽快な眩さには何か霊的なものすら感じられます。(本江 邦夫 審査員長)≫
≪絵画に時間を取り込んだ(坂元 暁美 審査員)≫
“きれい!”と思って近づくと、思わぬしっぺ返し?鉢と幹は写実的で、浮いたように描かれる花と葉はパステルなどを用いて軽やかなタッチ。よく見れば影は鉢と幹しかないのです。ここで実景と記憶の融合に思い至り、はたと考え込んでしまうのです。「うたかた」の美は記憶に留まり、そこに永遠の命を得るのではないかと。

30.柏木久美子 「絆の木」
2015年 岩絵具・水干・箔・雲肌麻紙・和紙
東京都在住

e0295455_02251384.jpg

≪鳥は視線を交わさず同じ方向を向き、それが樹木の緊密な描写と相俟って、強い意志を感じさせる。(野口 玲一審査員)≫
日本画らしい日本画。画面から絵に傾ける情熱が迸っていて圧倒されました。




画像は一部会場内で撮影、他は本展カタログよりお借りしました。審査員解説の抜粋も同カタログに拠ります。©︎2016 Sompo Japan Nipponkoa Fine Art Foundation

[PR]
by abby819lucky | 2016-04-05 23:37 | 損保ジャパン東郷青児美術館