暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

「川合玉堂 展」山種美術館 その3

第2章 玉堂とめぐる日本の原風景 続き

19.柳蔭閑話図 1922年 個人蔵
(前期のみ)

e0295455_3245917.jpg


黄土色が印象的なこの絵は
滅多に貸し出されないそうです。
感謝感謝!

大倉(ホテル)喜七郎さんの所蔵だそうです。

玉堂にしては珍しく
海外・韓国の風景。

1922年に朝鮮総督府主催の
朝鮮美術博覧会の審査員として
朝鮮半島を訪れた川合玉堂。

その体験を元に
描かれた朝鮮風俗。
1930年にはローマの展覧会にも出品されているのだとか。

薄い雁皮紙の裏から金箔を貼り、
強度と風合いを持たせている
と、専門家は推察しているのだそうです。

独特な地色が味わい深いです。

画面を横切るカササギは
観覧者の方によると
韓国や
日本の九州北部では
縁起の良い鳥として大切にされているのだそうです。

そんなこの絵は
⑤の壁の1番右手にあります。
(③の壁に1番近いところです)
e0295455_325128.jpg



その他の⑤の作品。

35.春風春水 1940年

e0295455_325365.jpg


玉堂の作品は題名が素敵ですね。

水の色がなんとも言えません。

42.荒海 1944年
e0295455_325447.jpg


大変迫力があります。
穏やかな作品が多い中、
良いアクセントに。

とはいえ。
こちらは戦時特別美術展に
出品された作品。
戦闘場面を描かずに
荒々しい波をもってきたところが
玉堂らしい、と館長の解説でした。


41.山雨一過 1943年
e0295455_325659.jpg


水彩のように瑞々しい作品。
雨後に冴える緑が鮮やかで
深呼吸したくなるようです。

45.朝晴 1946年
e0295455_325658.jpg


38.雪志末久湖畔 1942年
絹本・墨画淡彩
e0295455_325786.jpg


志末久=しまく、と読み
風巻く=激しい風 を表すそうです。


37.烟雨 1941年
e0295455_325920.jpg

e0295455_325106.jpg


雨にけぶる大気が
なんとも言えません。


44.渓村春靄 1945年頃
e0295455_3251261.jpg


竹の秋、色遣いが見事です。


46.渓雨紅樹 1946年
e0295455_3251341.jpg


珍しく赤が効いている作品です。
が、中央下の水車にご注目。

晩年は、自宅の庭に設置するほど
水車を好きだったそうです。

<会場図・⑦>
43.早乙女 1945年
e0295455_3251366.jpg

e0295455_3251527.jpg


本展のポスターにもなっている
作品。

「たらし込みや掘り塗りなどの
古典的な技法も駆使しつつ
近代的な俯瞰構図で構成された
快作」
との解説です。

砥粉色、というんでしょうか。
もう少し黄色がかっていますか、
田んぼの地の色が
早乙女の衣装の黒を引き立てて
素敵だなぁ、と思います。

<会場図・C>
すみません。
このガラスケース内、
映しておりません。

目録で
参考出品となっているものが
ここにあったと思います。

葬儀の帰りに
琵琶湖辺りをテーマに作られた
スケッチや
短歌、俳句

「加茂女十三首」や
山﨑種二宛ての書簡など
です。


会場図⑥へと続きます。

(313日目)



※内覧会のため、特別に許可を得て撮影しています。
[PR]
by abby819lucky | 2013-06-27 01:59 | 川合玉堂 展 山種美術館