美術館・博物館・ギャラリーを巡って、感じたことを書きとめます
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
なおこのイタリア写真草子...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

石井一男 展 ・ギャラリー愚怜

本郷三丁目の
ギャラリー愚怜

開催中の

石井一男 展
e0295455_23122165.jpg

を見てきました。


ワンフロアの
壁に掛かる
額装された
新作

20点

ほかに

クリアファイルに
額装していない作品が
何点か。

ほとんどが
売約済みでした。



昨年に増して

石井さんの
絵の世界

深められ

また

新たな世界観の萌芽も
感じさせられました。

特に私個人が
惹きつけられたのは

ギャラリーの
ウィンドウと
平行して掛かっていた
SM-15
とナンバリングされた作品

白が勝った
グレーの階調

小さな人


どんな感じかというと

第二画集 「絵の家」
突堤にて グワッシュ 4F 2004
の色合いで

イメージ的には

第一画集「絵の家のほとりから」
あるく人
アクリル SM 2009年




希望へ向かう
確かな足音

が聞こえてくるような

印象をうけました。

なにか
沈思黙考
から
新たな世界へと

向かう胎動を感じました。



そして

いつもながらの

女神のような
女性の頭部

もちろんあって
安らぎを感じました。

私は特にSM-12と
クリアファイルのデッサンのような細い線の作品が心に残りました。


似た感じの絵です。参考に。

女神 2004年
画集「絵の家」
e0295455_23122567.jpg


女神 2004年
画集「絵の家」
e0295455_23122529.jpg


©Kazuo Ishii 2010,Printed in Japan.


それと
クリアファイルにあった
花の絵。

初期の
ルオーのような温かみのある花
ではなく
どちらかといえば

ルドンのような
夢幻に揺らぐ雰囲気の
繊細な花です。




ギャラリーのお知らせには
島田 誠さんが

「作品のテーマも拡がってきました。
そのことで石井さんの本質である精神性が損なわれてはなりません」

と、文を寄せられています。


そうか。
そうなのか。


私は
昨年、銀座で観た時

とても多作になって
驚いたのですが


今年は

苦しい模索の中
原点回帰を目指したのかな

と推測したので。

原点に戻ったが故に
得られた新しさ、
のような。


独りよがりを
ちょっと反省しました。


賛美歌にも似た
静かな音楽の流れる
こじんまりとした空間で


絵を見る
とは

「何」か?
を思い出し

純粋に
瞬間を生きられる

時間を味わいに

是非、どうぞ。


19日水曜日まで。
ギャラリー愚怜


e0295455_23122839.jpg




(22日目)



おまけ

ギャラリー愚怜

今回初めてお邪魔しました。

木の温もりの
とても素敵な
空間でした。


しかし!

地下鉄 本郷三丁目からは
意外とありました。

初めての道は
長く感じるのかもしれませんね。

東大の赤門を過ぎて
更に行きます。


すると
目立つ案内が。
e0295455_23122631.jpg




途中には

赤門界隈ならではの
お店もあって
e0295455_23122729.jpg

顕微鏡専門店!

製麺所っぽいラーメン店も多かったですね。医学書専門店とか。


楽しい道のりでした。
[PR]
by abby819lucky | 2014-02-14 17:32 | アート