人気ブログランキング |
美術館・博物館・ギャラリーを巡って感じたことや、日常で見つけた好きなことを記録しています。
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
ヤマザキマリ・Seque...
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

極上!「プレイタイム」by Tati

渋谷 イメージフォーラムで
開催中

ジャック・タチ特集


を、見てきました。

e0295455_2013387.jpg



6つのカテゴリーから
選んだのは
e0295455_2014065.jpg


①の「プレイタイム」



タチといえば『ぼくの伯父さん』(1958年)。

その世界的大ヒットで
がっぽり儲けたお金をつぎ込み(←ヤラシィ表現f^_^;))


思う存分!

自由に!

天上天下唯我独尊!(←言い過ぎ)


制作した映画です。


「撮影日数345日、
総制作費15億フラン(=約1,093億円!)

資金不足による中断 6回
全編 70mm撮影の
超大作(124分)

であり、

タチを破産に追い込んだ
究極の野心作!」

(以上、パンフレットより抜粋)

と、聞いて
見ないわけにいきません。

破産も破産、
そのために、タチ自身の撮影した作品の権利まで手放すことになったのだから
究極です。

映画は
タチがパリ東部に建設した

近未来的都市
「タチ・ヴィル(タチの都市)」

からスタート。

太秦もビックリのすごいセット!
(と思いきや、、、!)

ここは何処?
というような

無機質な建物の中、

ごくごく少数の人間が
人間性を表すのは罪

とでもいうように
密やかに行き交います。

そして
時間の経過と共に
そこがエアポートであることが
わかります。

地方の小さな空港など

発着時間以外に訪れると
ゴーストタウンのような
錯覚に陥ることがあります。

そんなことを思い出して
上手いな〜〜〜と

のっけからカウンターパンチ❗️

そのフランス語満ちる
穏やかな空港に

突然乱入する

イングリッシュ❗️


喧しく喋べりながら
旅の興奮にどっぷり浸かった
アメリカからのご婦人の団体。

ところが
いるのですね〜〜

このようなツアーの中に
野に咲く一輪の百合
いえ、スズランのような
楚々とした美女。

しかし、この
スズランの花、バーバラは

意外と自由で
集団行動を乱します。

それがいかにも
現代っ子っぽい。

風貌も
パリジェンヌではなく
アメリカンガール(こ、こんな言い方?)

大筋としては

このバーバラと
「ぼくの伯父さん」ユロ氏が

出会い
心を通わせ
そして
別れて行く

という内容です。

場面としては

○空港

○ビル

○ナイトクラブ

と、大まかに分けられると思います。
e0295455_201414.jpg

e0295455_2014283.jpg


場面が変わる毎に
クスクス笑いが大きくなって

ナイトクラブの場面は
ゲラゲラと大笑い!

劇場で声を出して笑ったのなんて
ムトゥ以来です😂

これは本当に
見ないと伝わらない面白さ❗️❗️

どんなにスラップスティックになっても
品格が保たれているのが
ハリウッドとは違う
気がします。

そして
ナイトクラブの
喧騒と極彩色に

ジャン・ルノワール監督の
「フレンチ・カンカン」

を思い出していました。

こういう場面に
人生を織り込められる
フランス文化のエスプリ、
奥の深さ
に感服しました。

この映画に
人間讃歌
人生に対する信頼
を感じたのは

もしかして
揶揄したアメリカから
オスカーを貰った
体験が影響しているのか?

と推測するのは
浅はかかもしれません。

でも
タチというフランスと
バーバラというアメリカは

共に
素敵な時間を過ごしました。

時にアメリカ的合理主義を
皮肉りつつも
(日本人も皮肉られていますf^_^;))

見終わって
気持ちが満たされるのは
人生讃歌に
なっているからではないでしょうか。


最後に象徴的に出てくる
スズランは
ヨーロッパでは
愛する人に
幸福を願って贈られる花です。


硝子に映るサクレクール寺院や
エッフェル塔
朝焼けのパリ

映像の工夫も素晴らしい。

大笑いして
幸福感に酔いしれる

本当に本当の傑作です。


渋谷 イメージフォーラム
HPをご参照のうえ
是非!

尚、大好評!
満席が続き
6月に再上映が決定❗️

これは嬉しい❗️

また来月もタチに会いに行こう❗️❗️

e0295455_2014279.jpg



(100日目)
by abby819lucky | 2014-05-03 19:55 | 映画