人気ブログランキング |
美術館・博物館・ギャラリーを巡って感じたことや、日常で見つけた好きなことを記録しています。
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
ヤマザキマリ・Seque...
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

「こども展」森アーツセンターギャラリー

六本木の
森アーツセンターギャラリー
で開催中(〜6月29日)

「こども展」

を見てきました。


オランジュリー美術館の
元館長が
自らの偉大な祖先たちの
画業を
総括しようと
思いついた
ところから
始まった企画。

パリでは20万人を
集めたそうです。

画家たちが
自分や血縁、
あるいは友人などの

子供を描いた
プライベートな作品群

半数近くが
プライベートコレクション

という点からも
必見です○

森アーツセンターギャラリー
エキジビション・ディレクターの
中山三善さんによれば

「とにかく、子供の愛らしさを
素直に味わって欲しい」

とのことで
難しいことは抜きに、
楽しめる企画のようです。


構成は
以下のようになっています。

○序章
ここに
将来、元館長の祖先となる
可愛らしい子供の絵があります。


○第1章 家族

家族、の肖像画が集まったコーナー。
富裕層から庶民まで
子供が中心に描かれ
存在の大切さが強調されています。

私はアルマ=タデマの
友人一家を描いた絵に惹かれました。

○第2章 模範的な子どもたち

ベル・エポックのパリ
を中心にしたコーナー

この時代、子供の肖像画は
最盛期を極め
子供の成長の過程を残したい
という

現代のビデオ🎥録画に熱中する
親心にも通じる作品が
多く描かれました。

ここには
かの偉大な哲学者の幼児期が!
レヴィ=ストロース。
その幼くとも知的な風貌を
ぜひ会場でお確かめ下さい。

この学校にまつわる
絵のあるコーナーが
好きです。
e0295455_172796.jpg

e0295455_172839.jpg



第3章 印象派

マネの弟と結婚したモリゾ
の娘、ジュリー・マネ

彼女も画家になり
画家と結婚し
子供を描いています

そんな印象派の近しい間柄が
伝わるセクションです。

e0295455_172884.jpg



もちろんモネやルノワールの
ステキな作品も。
e0295455_172966.jpg



第4章 ポスト印象派とナビ派

特にナビ派の室内画を中心に描いた
親密派

その代表ともいえる
モーリス・ドニは
子沢山でした。

伸びやかで
豊かな色彩の絵からは
子供への溢れる愛を
感じ取ることができます。
e0295455_173049.jpg


第5章 フォービズムとキュビズム

ピカソは3度の結婚をしましたが
子供を愛し
その肖像を多く描き
殆どを手元においていたそうです。

今回は
2度目のフランソワーズ・ジロー
との間の
パロマとクロードを描いた作品と
製作した玩具が展示されています。

また
フランソワーズ・ジローの
作品も展示されています。

同じ子供を描きながら
ピカソとはまた違う、
母親らしい慈愛の眼差し
が感じられる素敵な作品です。

追記(6/1)
ピカソの婚姻について
誤りがありました。

ピカソの結婚は2度。
婚姻関係を結ばなかったパートナーは
5人

フランソワーズ・ジローは
最初の結婚から
3人目のパートナー

ピカソが子供をもうけたのは
最初の妻との間に男の子。
次のパートナーの間に女の子。
そして、ジローとの間に
クロードとパロマの2人。

でした。
訂正致します。m(_ _)m




第6章 20世紀のレアリスト

子供を題材にする必要のない
前衛芸術の時代が到来

そのなかで
子供を描くことは
技法や主義にとらわれない

画家の私的で純粋な
作業でもありました。

キスリングやレンピッカ
先のジュリー・マネの甥、
オーギュスタン・ルーアールなど

子供の愛らしさを存分に
感受出来る作品が並びます。




愛すべき子供の存在を感じ
また
自分が子供の頃のことを振り返り
親の愛を感じられる

心温まる展覧会です。


竹内まりやさんの
音声ガイドもオススメです。

※会場内の写真は美術館より特別に許可を得て撮影したものです。



(118日目)



開催概要

開催期間 2014年4月19日(土)~6月29日(日)※会期中無休

場所
森アーツセンターギャラリー

開館時間 10:00~20:00
※火曜日は17:00まで。
※入館は閉館30分前まで

料金 【入館料】
前売・団体券
一般 ¥1,300(税込)
大学生 ¥1,000(税込)
中・高生 ¥600(税込)
当日券
一般 ¥1,500(税込)
大学生 ¥1,200(税込)
中・高生 ¥800(税込)
※障がい者手帳をお持ちの方と介助者(1名まで)は、
当日入館料が一般¥750(税込)、大学生¥600(税込)、中・高生¥400(税込)となります。
※団体券は展覧会会期中に、森アーツセンターギャラリーで発売します。
※団体料金は15名以上で適用されます。
※小学生以下無料。

ギャラリーHP
by abby819lucky | 2014-05-21 21:09 | こども展/森アーツ