美術館・博物館・ギャラリーを巡って、感じたことを書きとめます
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
なおこのイタリア写真草子...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

「こども展」その①

六本木 森アーツセンターギャラリーで
6/29(日)まで開催中

こども展
名画にみるこどもと画家の絆


印象的だった作品を
ピックアップしています。

作品名・作家名・製作年・所属
の順に記します。



序章

近代的観点から子供の肖像を描き始めた先駆的な画家の作品を集めた章

地位や格式を重んじ、その継承者としての肖像でしか
描かれることのなかった子供

18世紀半ば
ジャン=ジャック・ルソーの教育論『エミール』によって

子供固有の人格が尊重され
人間形成に重要な時期として
幼少期が位置付けられる
ようになりました

そうした社会の発展とともに
19世紀のフランスでは
有産市民階級が台頭し

「こども王様(アンファン・ロア)」
と言われるように
子供が家族の中心となっていきます。


「座るイタリアの少年」
e0295455_23511686.jpg

ジャン=バティスト・カミーユ・コロー
1825年頃
ランス美術館


コロー初期の貴重な人物画
29歳でイタリアを最初に訪れた際の作品。

大胆な構図と抑えた色調がコローの個性を表して、魅力的です


「ポール・デュビュッフの肖像」
クロード=マリー・デュビュッフ
1848 個人蔵

「ネリー・ビュネルの肖像」
クロード=マリー・デュビュッフ
1850 個人蔵

e0295455_23511787.jpg


クロード=マリー・デュビュッフが
別荘地で
ビュネル家と懇意になり

息子を描いた2年後、
おしゃまなネリーの肖像を描きました。

後に2人は結婚します。

未来を先取りした肖像画は
子孫によって大切に
受け継がれてきました。

フランスでこの展覧会を企画した
エマニュエル・ブレオン氏(オランジュリー美術館館長・当時)は

まさにこの2人の子孫にあたります。


(125日目)



画像及び解説は
本展カタログによります。

監修 千足伸行

執筆 エマニュエル・ブレオン
千足伸行
ミシェル・オルン(オランジュリー美術館)
クリスティーヌ・ボレル(オランジュリー美術館)

翻訳 太田雅子
谷川かおる
野口沢子
花岡敬造

フランス語校正 花岡敬造

制作・デザイン 美術出版社

印刷 大日本印刷

編集・発行 日本テレビ放送網 ©2014
東京都港区東新橋1-6-1
[PR]
by abby819lucky | 2014-05-28 23:11 | こども展/森アーツ