暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

Cute!「バチカンで会いましょう」

映画「バチカンで会いましょう」
e0295455_21451510.jpg
を観てきました。(キネ旬シアター・柏)

詳しい内容
及び
カイザーシュマーレンのレシピは
こちら↓
http://cinematravellers.com/vatican/


動機はもちろんヒロイン
マリアンネ・ゼーゲブレヒト??

名作『バグダッド・カフェ』。
もう25年も前になるのですね。
e0295455_21451478.jpg


私はリバイバルみたいな特集で
観たのですが
それでも18年も前。

この映画のなかのマリアンネは

口数少なく

その不思議な存在感で
周りをハッピーにしました。
e0295455_21451667.jpg


そう。
存在そのものの魅力。

それに触れたくて
映画館に足を運ばせる
稀有な女優さん。


それだけに
一度ついたイメージを
払拭するのは大変だったと思います。


今回の映画も

ある意味、
バグダッドのジャスミンへの
オマージュが感じられ
なくはない役柄。


と、私がそんな目で
見てしまっていたんでしょうね。
反省。



カナダの片田舎で
未亡人として暮らす
マリアンネ演じる
Oma.ことマルガレーテ。

ひょんな事から
たった1人でローマへやって来ます。

そこで彼女のとる行動は
ビックリ事件や騒動を
巻き起こします。
e0295455_21451919.jpg


ワザとルールを破るのではなく、
自分の気持ちに正直になったが故の
「ローマの日常」との衝突。

でも不思議と周りはハッピーになってしまう。

それはきっと
彼女の気持ちの中心にあるのが
愛、だから。
e0295455_21452071.jpg


連れ戻しにきた
娘、マリーについに
本音をぶつける一言が
印象的です。

「ここへ来てから、生きてるって実感があるのよ」


ローマの明るい日差しには
ヒトを素直にするチカラが
あるのかもしれません。

マリアンネ、
その娘マリー、
マリーの娘マルティナ。
e0295455_21451718.jpg


三代に渡る女性は
感情をぶつけ
互いの愛を確かめ合い

自分というかけがえのない存在を
大切にする選択をします。
e0295455_21451856.jpg


愛を見つけに、

ではなく

自分の愛を放ちに

ローマへ行きたくなる
そんな映画でした。


マリアンネは
確かに変わらず愛らしい。

でも昔の神秘的な雰囲気の魅力
ではありません。

彼女自身が
長く険しい道を
しっかりと歩いてきた

その積み重ねたものが
確固とした人間的魅力となって
滲み出ています。

愛に触れ

自分軸を確認する映画
と思います。

オススメです⭐︎
e0295455_21451840.jpg


<2012年 ドイツ映画/カラー/シネマスコープ/ドルビー・デジタル/105分/日本語字幕 松浦美奈>






(720日目)

画像は本映画パンフレットからお借りしました。

読んで下さり本当にありがとうございます。あなたにも思いも寄らない幸福が訪れますように??



舞台はイタリアなのに
ドイツ語が溢れているのが
ちょっとオカシイですね。

小さな孫たちの機転や
小道具の伏線
それに法王と主人公が同郷など

細部までよく計算された
シナリオだなぁと感嘆。

食べたくなるシュニッツェルなどの
ドイツ料理ですが
重要な一品、
カイザーシュマーレンは

ドイツ語圏(スイスやウィーンなどでも)
ではクノールがインスタントの粉を
販売していて
お土産にうってつけ。
e0295455_21452169.jpg

あ〜、食べたくなってきた!



e0295455_21452232.jpg

[PR]
by abby819lucky | 2014-08-08 00:52 | 映画