人気ブログランキング |
美術館・博物館・ギャラリーを巡って感じたことや、日常で見つけた好きなことを記録しています。
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
ヤマザキマリ・Seque...
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

是非!「建築家ピエール・シャローとガラスの家 展」

パナソニック汐留ミュージアムにて
開催中

建築家ピエール・シャローとガラスの家 展

http://panasonic.co.jp/es/museum/exhibition/14/140726/
HPはこちら
e0295455_15315937.jpg


Web内覧会にお邪魔しました。


とても興味深い展覧会です!
是非❗️オススメします!

ピエール・シャローは
ユダヤ系フランス人。

主に
1920〜30年代の20年間が
活躍期間でした。

その短い期間に
様々な革新的な作品を
次々と生み出したのでした。

そのため本展覧会は

年代毎に区切るのではなく

主だったトピックをたてて
展示されており

全体を通じて
時間の経過も追えるように
工夫されています。

全198点の中でも

スペース的にも
メインはやはり
「ガラスの家」

映像、設計図、写真

と、媒体を違えて
理解出来る展示です。

実際に現地に足を運ばれた
学芸員の大森さんは

肌でその素晴らしさを
体感されたようで

その情熱的な説明に
現地へ行きたくなりました!

しかし❗️

構想5年を経て
1932年に建てられから
ずっと現在まで個人宅であり

建築関係者など
限定的な公開のみ
に、なっているそうです。
がっくりorz

ちなみに
購入者のダルザス夫妻の子孫の方が
2005年に手放され
現在は
アメリカ人コレクターの所有
となっているそうです。

また、市役所の提出図面位しか
資料が残っておらず、
80年代に再調査、検証され

大変な労力を要して
全体像が明らかになったそうです。

会場外にBS TBSの映像があります。
こちらも必見。

また、
昨年春、当館で開催された
「日本の民家 1955年」
(これも素敵な企画展でした)
の写真家 二川幸夫氏も

この「ガラスの家」を撮影されて
いるそうです。


様々な環境要因を
高い技術や最新のマテリアル
そしてシャローの卓越したアイデアで
見事に対処しています。

まさに
建築、デザイン、家具
と、シャロー芸術の粋が
集められた
総合作品と言えるでしょう。

呼び鈴が

1.患者用(ダルザス氏は産婦人科医)
2.来客用
3.御用聞き用

と3つあり、
それに自分たち夫婦や子供を加えて
何通りもの動線が考えられた
構造に驚嘆します。
e0295455_1532018.jpg


動線については
パネルに詳しく書かれているので
是非、じっくシミュレーション
して楽しみたいところです!

特にナーバスな患者のための
動線を考慮した配置は
感涙ものです。

不利な日照を克服すべく
9m×9m
の大きな壁面をかざり
家の代名詞ともなった

オリジナルのガラス
も展示されています。
e0295455_1532194.jpg



映像も見応えあり。
e0295455_15321319.jpg



完成後は
パリの文化人のサロン
にもなっていたという

いわば
当時のフランス文化の
モニュメント。

これは
じっくり鑑賞して
飽くことがありません!

多くの方に楽しんで頂きたいです❗️



♣︎開催概要♣︎

○開館期間
2014年7月26日(土)~2014年10月13日(月・祝)
○開館時間
午前10時より午後6時まで(ご入館は午後5時30分まで)
○休館日
毎週水曜日、夏期休館8月11日(月)~15日(金)
○入館料
一般:800円 大学生:600円 中・高校生:200円 小学生以下:無料
65歳以上の方:700円 (年齢のわかるものをご提示ください)
20名以上の団体:各100円引(65歳以上の方は除く)
障がい者手帳をご提示の方、および付添者1名まで:無料

<主催>
パナソニック 汐留ミュージアム、東京新聞、ポンピドゥー・センター、パリ国立近代美術館
<後援>
一般社団法人日本建築学会、社団法人日本建築家協会、
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、 公益財団法人日仏会館、
日仏会館フランス事務所、日仏工業技術会、港区教育委員会

<協力>
エールフランス航空


会場内の写真は美術館より特別に許可を得て撮影しています。
e0295455_15321446.jpg





(760日目)



読んで頂き、ありがとうございます。あなたにエスプリ溢れる✨ヒラメキ✨の訪れを!
by abby819lucky | 2014-09-17 20:28 | パナソニック汐留美術館