暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

感嘆「せいのもとで」資生堂ギャラリー

銀座 資生堂ギャラリーで
10月12日(日)まで開催中

せいのもとで展
e0295455_15142953.jpg



を見てきました。

しっとりと
生命に向き合う
すてきな展覧会でした。



HPこちら
http://www.shiseidogroup.jp/gallery/exhibition/index.html


いつもながら
照明を落とした
落ち着いた
フロアに

11点

どれも
茶器のように手に取って
じっくり味わいたいような
独特の存在感

『易経』の一節
「至哉坤元 万物資生」

から採られた社名にそって

その世界観を表した展覧会。


会場には

本展のゲストキュレーターで
ポスターも手掛けた
須田悦弘の木彫り彩色の作品
「花椿マーク」
e0295455_21395035.jpg

も飾られています。

須田さんが展示 プランニングをなさった

志村ふくみ、志村洋子
「經(たて)」
2014年 絹糸、染料(インド茜)ほか

は、天井近くに並べられた
糸巻きから
糸が流れ出て

鉄の枠に
赤を基調とした
絹糸の滝となります。

お二人の
「布を織る前の糸の状態の時の色が
もっとも美しい」
との言葉に添って

構成された作品。
e0295455_21395198.jpg

釜糸のままではなく
撚ったものを使用していると
場内スタッフの方の説明でした。



e0295455_21395227.jpg
宮島達男さんのLEDの点滅する作品も
あの頃を思い出して
複雑になります。



声を上げるほど
美しかったのは
クリスティアーネ・レーア
e0295455_21395296.jpg

植物を乾燥させた
繊細な作品に心はくぎづけ。
写真を撮れないのが、残念です。



けれども
1番感嘆したのは

珠寳さんが銀閣寺で花を摘み
そして生ける映像。
e0295455_21395384.jpg

白い布を敷き
細心の注意を払って
草花を生ける。

最初と最後には
深く一礼。

何より驚いたのは

そのように
特性を吟味して
もっとも美しく生けられた草花が

珠寳さんが一礼して去った後

空間に見事に君臨すること。

草花が明瞭な意思をもって
空間を統べること。

花に生命を吹き込む
というと平凡ですが

本当にその瞬間を
垣間見た気がしています。

そんな風に
関わる相手の
声なき声を聞き、

相手が最も輝くことに
心をくだき、

全身全霊で委ねると
手を離れた草花が

まさに
いま、私の生きる場所はここ
と、深く納得して
自らの生を生きる。

その様子に目が釘付け、
になりました。


心に静寂を。
そして生の根源に思いを馳せ
自分と宇宙のつながりを実感できたら
最高だと思います。


本当に良いひとときを
ありがとうございました。



(779日目)

読んで下さりありがとうございました。✨あなたにこころ安らぐ時間を✨



画像は本展フライヤーからお借りしました。
本展出品作品の参考画像です。
[PR]
by abby819lucky | 2014-10-06 23:14 | アート