暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

多摩川のほとり・玉堂美術館

e0295455_064863.jpg


多摩川のほとり

久しぶりに玉堂美術館を
訪れました

秋を主題の絵画が多数

心が洗われました


かわいい2羽の兎の
掛け軸もありました

昨年の山種美術館での
色紙のものと
似た雰囲気



その他
「みのり」と題した
稲穂を描いた作品や

風景画の中の
芒や秋の草花が
印象的でした

題を失念しましたが
淡彩の水墨画のような
水辺に小舟の寄る情景
の絵が素晴らしいと思いました。


若い頃の修行中のスケッチ集も
あったのですが

14歳の時点でも
息を飲むほどの描写力なのに
16歳では更に力強く上達し
18歳ではもはや神業

これほどの
対象に向かう注意力や観察力
例えば鳥の羽毛の一本まで
正確に写し取る描写力

これらが血肉になってこその

個性

なのだなぁと
つくづく感嘆しました

川合玉堂という方は
本当に人柄が良かった、

山種美術館の山﨑館長が
説明して下さいましたが

その人柄の良さは
大自然を模写した若い頃から
培われたものなのかもしれないと
勝手に解釈しました

自然に対する
畏敬と感謝
それらがこれほどの画力をもってして
なおも画家を謙虚たらしめたのでは
ないか、と。


でも、私が好きな玉堂は
やはり青葉の頃でしょうか

多摩川の清流は
台風を前に水嵩を増して

あの水温む春の碧緑色は
記憶から手繰り寄せるしか
ありませんが

秋の冷涼とした翠色も
また玉堂の画と重なり
美しかったです
e0295455_065678.jpg

e0295455_065875.jpg




よく整えられた
清々しい庭園の
みごとな銀杏が
黄金色になるのは
もう少し先のようでした
e0295455_065086.jpg




玉堂美術館から
川向かいにある旅館は
e0295455_065338.jpg

玉堂が名付け
その書もしたためたそうです
e0295455_065510.jpg




お料理の締めくくりの
栗ご飯には
なんと
千日紅が添えられていました
e0295455_065166.jpg

ふふ。
1人で大喜びでした??



(784日目)


ご覧下さり、ありがとうございます。あなたに清流の清々しさが届きますように??
[PR]
by abby819lucky | 2014-10-11 23:02 | 今日のお散歩