美術館・博物館・ギャラリーを巡って、感じたことを書きとめます
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
なおこのイタリア写真草子...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

驚愕!「夢見るフランス絵画展」

12月14日まで
渋谷の東急
Bunkamura ザ・ミュージアム

で、開催中

夢見るフランス絵画 展
e0295455_1643443.jpg
「宝石をつけたガブリエル ピエール=オーギュスト・ルノワール 1908-10年

を、見てきました。

HPはこちら
http://yumemiru2014.jp

なにが驚愕って、

ほんとに余計な個人的感想なのですが
これが全部!!
日本人のイチ・コレクターの所蔵ってことです。

もう本当にビツクリです。

そんな羨望で前のめりになりつつ
鑑賞しました。

全71点です。


第1章 印象派とその周辺の画家たち
17点・・・セザンヌ 、シスレー 各2点
モネ 4点
ルノワール 7点
ボナール、マルケ 各1点


e0295455_1643556.jpg
イル・ド・フランスの風景
ポール・セザンヌ 1879-80年

昨日の記事のアートシーン冒頭の作品、「大きな松と赤い大地」も素敵ですが、こういう空の開けたセザンヌも好きです。


e0295455_1643776.jpg
四月の森
アルフレッド・シスレー 1885年


e0295455_164388.jpg

サン=マメスの船着場
アルフレッド・シスレー 1885年

この絵の左に
モネの「小さな積藁」、「エトルタの断崖」が並びます。



e0295455_1644090.jpg
ヴェトゥイユの柳
クロード・モネ 1880年

こういう木立の絵、大好きです。緑のバリエーション。



e0295455_1644152.jpg
睡蓮のある池
クロード・モネ 1919年
モネは睡蓮の絵をたくさん(200点以上とも。)描き、日本でも所蔵している美術館は多いですね。あちこちで目にしたうちでも、これは一眼で好きになりました。あまり大きくないのですが、ハスの花が割としっかり描かれていること。水面に映り込む柳の緑や空の青のコントラストが美しいことがその理由です。あとは絵から受ける輝きですね♪


e0295455_1644336.jpg
アネモネ
ピエール=オーギュスト・ルノワール
制作年不詳の作品。ルノワールにしてはちょっと面白いと思いました。

ルノワールはほかにタンホイザーの舞台など他ではあまり見ない作品が並んでいた気がします。アートシーンに取り上げられていた「ド・ガレア夫人」など背景の孔雀と対をなしてるように見え、花のヘアアクセは牧歌的雰囲気を醸し、なんとなくルノワールの反骨を感じてしまいました。



第2章 革新的で伝統的な画家たち
20点・・・ルオー 6点
ヴラマンク 10点
デュフィ 2点
アンドレ・ドラン 2点

モーリス・ド・ヴラマンクの風景画が連なる中で一点「花と花瓶」(制作年不詳)が目を引きました。「橋のある風景」(1910年頃)も、らしさが伝わって好きです。

続くアンドレ・ドラン。「森の妖精」(1938年頃)が面白い!

その隣からルオーが並びます。
ルオーの絵は見る状況によって
本当に違う。見る者の心理を映し出す怖い絵だと思います。
やや大きめの「聖書風景ー夕」(1953-56年)に惹かれましたが、一番は「ニコデモ」(1940-48年頃)でしょうか。


e0295455_1644512.jpg
ニースのホテルの室内
ラウル・デュフィ 1928年
もう一点の「エッフェル塔」(1923-24年あるいは1930年)はとても大きな作品で黄色が使われた軽やかなタッチです。その横に小ぶりに見えますが、こちらも力作。戸外の青や天井の紫などが引き立て役になり、赤の美しさが際立つ絵です。



つづく。



(829日目)


ご覧くださり、ありがとうございます。あなたが夢を手に入れられますよ🌟うに



【開催概要】
○開催期間
2014/10/18(土)-12/14(日)
*11/4(火)のみ休館

○開館時間
10:00-19:00(入館は18:30まで)
毎週金・土曜日は21:00まで(入館は20:30まで)

○会場
Bunkamuraザ・ミュージアム

○主催
Bunkamura、毎日新聞社

○協賛・協力等
[協賛]
トヨタ自動車、野崎印刷紙業、三菱商事
[後援]
在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、TOKYO FM

○お問合せ
03-5777-8600 [ハローダイヤル]

○他会場
【兵庫展】
兵庫県立美術館 2014/4/12(土)-6/1(日)[終了しました]
【北海道展】
北海道立近代美術館 2015/6/27(土)-8/23(日)
【栃木展】
宇都宮美術館 2015/9/20(日)-11/23(月・祝)

○チケット情報
入館料(消費税込) 当日
一 般 1,400円
大学・高校生 1,000円
中学・小学生 700円
(団体は各200円引き)
[PR]
by abby819lucky | 2014-11-25 01:10 | Bunkamura 渋谷