人気ブログランキング |
美術館・博物館・ギャラリーを巡って感じたことや、日常で見つけた好きなことを記録しています。
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
ヤマザキマリ・Seque...
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

石井 一男 展 ・ギャラリー枝香庵

銀座、ギャラリー枝香庵
石井一男」展
(2015.2.5〜2.14)
e0295455_16265542.jpg



を見てきました。


HPはこちら
e0295455_16265727.jpg



ギャラリー枝香庵。
銀座ビルの7Fから上のフロアに
3カ所に分かれて展示されています。

こじんまりして
絵との距離が近いので
細部までじっくり
鑑賞出来ます。

数え忘れましたが
20点以上あったでしょうか。


是非、写真が沢山あるギャラリーHPのブログをご参照下さい。
例えば、ギャラリーブログの会場内フォトの上から2段目写真。左2枚や、最下段の一枚など。数点ですが、売約済みセーフのものもありました。

入り口に、
竹下景子さんからの贈花。
竹下さんが石井さんのために、まさに選ばれたのだと伝わる、ちょっとフリルのある素敵な白梅でした。

冬空を照らす陽のような
白梅が象徴するように

今年の石井さんの絵画は

軽やかさ

を感じました。

女神の閉じられた瞳が
ぱっ
と、開きそうな

子を抱く母親から
ハミングが
聴こえてきそうな

そんな開かれた
明るさ。


それは

自分の内に芽生えた光を
戸惑いながら
どうにかこうにか
慈しみ育ててきた
石井さんの変化

から生まれたもの
の、ような気がしました。


個人的にとても好きな

「ひとり立つ」。

暗闇を歩きながら
「絵を描くことでしか、救われない
やり切れない孤独」

を、脱して

暗闇を照らすために
自らが発光することに
気付き、

他者を含む 外界
との
ざらつきのある
接触

すらも

発光に還元し得る

ことを

絵筆を動かすことによって
自らに証明した


そういった

軋みの克服

のように感じ取れました。



でもそれは

わたし自身が
余りに
無自覚に

石井さんの絵画に
自己を投影しすぎた故の
解釈

に、過ぎない
のかもしれません。
きっと。


そんな重さを持たずとも

一枚の絵画として

充分に楽しめる
石井さんの作品。

1人でも多くの方に
足を運んでいただきたいです。


絵の中に吸い込まれるような
時間を
沢山の方が
楽しまれますように。



参考:出品はされていません。画集より抜粋です。

e0295455_16265543.jpg
こころとあそぶ
2009年 画集「絵の家のほとりから」
©Kazuo Ishii 2009,Printed in Japan.


e0295455_1626561.jpg
花(連作)
1998年 画集「絵の家」
©Kazuo Ishii 20010,Printed in Japan.




(908日目)

お運び下さりありがとうございます。あなたに豊かな時間がありますように☕️



ギャラリー枝香庵さん

テラスにて
珈琲 or 紅茶のサービスを
いただけます❤️

画集などながめつつ
余韻に浸れる
贅沢な場所です。

銀座の風に吹かれながら
春待ちパンジーのキイロや
ムラサキに癒される
至福のひとときでした♬

ごちそうさまでした。
ありがとうございました。

e0295455_16265434.jpg

by abby819lucky | 2015-02-12 17:27 | アート