暗中模索の出口を捜して、師走迄毎日更新します。→暗中模索の出口を目指して、一日一日を綴っていきます。
by abby819lucky
プロフィールを見る
画像一覧
以前の記事
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
最終投票☆「あなたが選ぶ展覧..
at 2016-12-26 21:18
今夜も2355
at 2016-12-23 00:35
昨夜の2355
at 2016-12-22 07:32
カンルイ
at 2016-12-18 21:07
12月のシシリーメアリー
at 2016-12-01 21:41
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

ルーヴル美術館展・混雑

6月1日まで開催中

ルーヴル美術館展
e0295455_2331757.jpg



国立新美術館(乃木坂)

を、見てきました。


有難くも月曜日開館している
美術館。

しかし過去の経験上
月曜日は意外と混み合うので

平日の午後に行ってみました。

閉館が18:00
ですので
16:00に入っても
たっぷり2時間は見られます。


前の用事が早くに済んだので
15:30に入りました。

最前列はずぅっと列を作って見る
状態でした。

勿論、
フェルメールは
長い行列。

全83点を約45分で一周
(後ろから眺め、解説はスルー)

少し休憩して
16:30から2週目。
行列も少しは緩和。

作品によっては
独り占めで眺められました。

特に混雑していた
最初の部屋、古代のカテゴリー
は、まだ最前列は多少待つ状態。

フェルメールも行列は解消。
間近でじっくり鑑賞。
(後から来る方への配慮も必要)


音声ガイドのある作品は
人が溜まります。
仕方ないですね。


3週目は
17:15位から。

最初の古代の展示コーナーも
さすがにゆっくり見られました。

この時間は
殆ど会場内、ゆとりがあります。

フェルメールも少しですが
独り占めできました♪

83点ですので
予習をしておくと
17:00過ぎからでも
案外充実した鑑賞が
出来るかもしれません。

金曜ナイトが良いかもしれないですね。

音声ガイドのある作品と
ルーベンスやコローなど
有名な画家の作品は
人だかりができます。

でも
そうでない画家も
さすがはルーヴル
と唸る素晴らしい作品が
集まっています。

フェルメールやティツィアーノ
だけでなく
「風俗画」の歴史に着目した
学芸員の狙いを汲み取りたいです。

絵画そのものと

絵画の映し出す
ヨーロッパの生活や精神性を
読み解き
味わえる
興味深い展覧会です。

会期後半は混雑すると思います。

お早めに、是非どうぞ。


(935日目)

ご訪問、ありがとうございます。あなたに思わぬラッキーがありますよ??うに



◯展覧会名
ルーヴル美術館展 日常を描く―風俗画にみるヨーロッパ絵画の真髄
◯会期
2015年2月21日(土)-6月1日(月)
◯休館日
毎週火曜日 ただし、5月5日(火)、26日(火)は開館
◯開館時間
10:00-18:00 金曜日、5月23日(土)、24日(日)、30日(土)、31日(日)は20:00まで、
4月25日(土)は22:00まで[入場は閉館の30分前まで]
◯会場
国立新美術館
企画展示室1E(東京・六本木)
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2

◯交通案内
東京メトロ千代田線 乃木坂駅 青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
都営地下鉄大江戸線 六本木駅 7出口から徒歩約4分
東京メトロ日比谷線 六本木駅 4a出口から徒歩約5分

◯お問い合わせ
03-5777‐8600(ハローダイヤル)
◯主催
国立新美術館 / ルーヴル美術館 / 日本テレビ放送網 / 読売新聞社
◯後援
在日フランス大使館 / アンスティチュ・フランセ日本
特別協賛

◯協賛
大日本印刷 / 損保ジャパン日本興亜
◯協力
エールフランス航空 / 日本通運 /
JR東日本 / BS日テレ /
CS日テレ / ラジオ日本 /
J-WAVE / InterFM /
文化放送 / テレビ神奈川
◯企画協力
NTVヨーロッパ
[PR]
by abby819lucky | 2015-03-11 21:57 | 国立新美術館・乃木坂