人気ブログランキング |
美術館・博物館・ギャラリーを巡って感じたことや、日常で見つけた好きなことを記録しています。
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
ヤマザキマリ・Seque...
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

小杉未醒の誕生・出光美術館

出光美術館(丸の内)で開催中

没後50年ー東洋への愛ー
小杉放菴展


を、見て来ました。
HPはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

※番号は、作品リストの番号
※記載なしはすべて出光美術館所蔵


第Ⅰ部 洋画家・未醒のすべて

<第一章>
蛮民と呼ばれてー日光〜田端時代
e0295455_1923019.jpg


明治14年(1881年)、日光二荒山神社の神官で国学者の父の元に生まれた放菴は、幼名を国太郎と言いました。15才で地元の画家、五百城文哉(いおき ぶんさい・高橋由一門人)の内弟子となり、18才で上京。小山正太郎の画塾に入門。酒好きで「未醒」を名乗ります。日露戦争に挿絵画家として従軍した後は、田端の自宅近辺に倶楽部を作り、美術同人誌を発行。ご近所の芥川龍之介は外貌が勇壮ながら繊細で優しい放菴を「未醒蛮民」と、呼びました。

e0295455_19225915.jpg
若き日。
なかなか精悍な風貌です。

e0295455_1923144.jpg
自画像 1930年 49歳

1.日光東照宮 1901〜02頃
e0295455_192312.jpg


2.日光東照宮 五百城文哉 明治時代
e0295455_1923290.jpg



3.牛久沼 1923年
e0295455_1923341.jpg
沼のほとりの人物は親友、小川芋銭夫妻

4.漫画十題 明治時代
e0295455_1923397.jpg


5.婦人立像 1911年頃 栃木県立美術館
e0295455_1923422.jpg
妻、春がモデル。同様に妻をモデルとした作品「木蓮」がある。背景の白木蓮に装飾的要素がうかがえる。白木蓮、長い前掛けのフリルの白、ちらと見える足袋の白。新妻への愛情が伝わってくる佳品です。

そのほか、漫画と言われる挿絵が
多く展示されていました。


(951日目)

ご訪問、ありがとうございます。あなたのギャップは愛されています💖よ



画像は本展カタログよりお借りしました。
「没後50年 小杉放菴 <東洋>への愛」
平成二十七年二月二十一日発行
©Idemitsu Museum of Arts,2015
Printed in Japan
by abby819lucky | 2015-03-27 07:08 | 日本美術