人気ブログランキング |
美術館・博物館・ギャラリーを巡って感じたことや、日常で見つけた好きなことを記録しています。
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
ヤマザキマリ・Seque...
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

放菴、線の発見・出光美術館

丸の内・出光美術館の企画展

没後50年ー東洋への愛ー
小杉放菴展


を、見て来ました。
HPはこちら
http://www.idemitsu.co.jp/museum/honkan/exhibition/present/index.html

※番号は、作品リストの番号
※記載なしはすべて出光美術館所蔵

※以降、日本画は個人的趣味の抜粋になります。


第Ⅱ部 <東洋への愛>の目覚め
e0295455_21213124.jpg


<第四章>
大雅との出会いー文展入賞〜深まりゆく東洋画憧憬の心
e0295455_21213216.jpg

放菴が渡欧した1913年代のパリは、ピカソやマティスによる前衛芸術が台頭していました。そのような流れの中で、放菴は、池大雅の南画の線に惹かれていきます。大雅芸術の美点の全てが「太く緩く引かれたる線條にある」と語るほどでした。

右:洞庭秋月 瀟湘八景図 八幅対の内 池大雅 江戸時代
左:洞庭秋月 小杉放菴 昭和時代
e0295455_2121337.jpg


右:瀟湘夜雨 瀟湘八景図 八幅対の内 池大雅 江戸時代
左:瀟湘夜雨 小杉放菴 昭和時代
e0295455_21213363.jpg


右:竹裏館 池大雅 江戸時代
左:竹裏館 小杉放菴 昭和時代
e0295455_2121346.jpg


右:籠煙惹滋図【重文】浦上玉堂 江戸時代
左:夏山 小杉放菴 昭和時代
e0295455_21213528.jpg


初秋水村図巻 小杉放菴 1925年
e0295455_21213695.jpg


大雅堂瀟湘八景扇面小皿 小杉放菴 画 ・
板谷波山作陶 大正時代 田端文士村記念館 /最下部・参考 池大雅 洞庭秋月図(東山清音帖のうち) 【重文】


<第五章>
麻紙の誕生と絵画の革新ー<東洋回帰>と見られて
e0295455_21213779.jpg


大正末期に福井の紙漉き職人、岩野平三郎が平安時代以来の麻紙の再現に成功。放菴はこの紙に魅せられます。1929年中国旅行に際して、号を「放菴」と改めると 転向 と批評されました。しかし放菴自身は「自分はずっと続いた一本道だと思う」(小杉放菴「半世紀以上」、昭和35年(1960))と、信念が揺らぎませんでした。

34.ブルターニュ風景 1913年
e0295455_21213644.jpg


35.ブルターニュの村の八月 1914年 栃木県立美術館
e0295455_21213818.jpg


36.或る日の空想 1916年
e0295455_21213814.jpg


39.帰院 1926年
e0295455_21213976.jpg


42.釣秋 1920年
e0295455_21214033.jpg


44.湖山春色 大正時代 小杉放菴記念日光美術館
e0295455_21214137.jpg


45.黄初平 1915年 小杉放菴記念日光美術館
e0295455_21214114.jpg
黄初平とは、石を羊に変えたと言われる中国の仙人




(954日目)

ご覧下さりありがとうございます。あなたの心に温かさが届きますように💝



画像は本展カタログよりお借りしました。
「没後50年 小杉放菴 <東洋>への愛」
平成二十七年二月二十一日発行
©Idemitsu Museum of Arts,2015
Printed in Japan
by abby819lucky | 2015-03-30 07:50 | 日本美術