美術館・博物館・ギャラリーを巡って、感じたことを書きとめます
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
なおこのイタリア写真草子...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

劇的‼︎ビフォアフ「プラド美術館展」

美しい

または

超絶技巧に

息を呑むことは
美術館では
ままあること。

しかし
今回、三菱一号館美術館にて
全く前例のない驚きに
息が止まりそうに
なりました。

2016年1月31日まで開催中

プラド美術館展
スペイン宮廷、美への情熱


HPはこちら
http://mimt.jp/prado/


なにが驚いた、ってですね。
今回のポスター

e0295455_16335342.jpg


めちゃソソられるやないですか!

可愛らしい〜
スペインのお姫様か〜〜

ぽ〜〜〜〜😍
やりますやんか

この姫にひかれて
足運ぶ人も
少なくないと思います。

この目ヂカラある
プリンセス、
≪マリア・ルイサ・デ・パルマ≫
アントン・ラファエル・メングス 1765年
e0295455_23553902.jpg



その名を聞いて
分かった方は
西洋史通!ですね。

パルマ公のプリンセスが
スペイン王室へ嫁いだ頃の
ポートレートだそうです。

本当に意思の強そうな
魅力的なお姫様。

しかし、
キャプションにて彼女のもう一枚の
大変有名な肖像画のコピーを見て
驚愕しました。

この画から35年後、
1800年の肖像です。
題名で分かる方も多いと思いますが。。
登場人物も多いので。。。

美術館で驚きたい方は、
どうぞ以下はスルーでお願い致します。

見る勇気のある方は
↓↓
下記題名をクリック
「カルロス4世の家族」
http://www.salvastyle.com/menu_romantic/goya_familia.html

すごいビフォーアフターです。

ここから気になって
wikiを参照したのですが

彼女はルイ16世の従姉妹に
なるのですね。

本当にびっくりしました。

この体験だけでも
観に行った甲斐があったかも?

このビフォアフに圧倒されて
気もそぞろな後半でした。←やや大袈裟


詳細はまた
後日ゆっくり書くつもりです。

今回は
内覧会に参加しての感想を
少し書き留めておきます。


展覧会は

7章構成
全102点

100点を超えますが
小品が多いので
それ程負担になりません。

期待度が高い展覧会なので
開館前から早くも行列だそうです。
なので
開館直後が一番混雑しているとのこと。

ナイトも場所柄混んでいるそうなので
平日閉館間際。
金曜日、ナイトの前
辺りが狙い目かもしれません。
ハードル高いですね💦

内容としては
本当に小品佳品

ですので
出来れば混雑を避けて
じっくり味わいたいところ。

「プラド」の名に引かれて
足を運ぶと
ちょっと拍子抜けするかもしれません。
斯く言う私がそうだったのでf^_^;)

三周したら
その良さが伝わりました。

グイド・レーニ
≪花をもつ若い女≫ 1630-31年

e0295455_19434601.jpg


ペドロ・カンピオン
≪ブロンズの花瓶とバラ≫ 1640-60年
e0295455_19434709.jpg



音声ガイドは
池田昌子さん。
落ち着いた声で
好きです。

が、
今回は少しだけ
作品に比べて語りが
ややドラマティックな感じ。

オススメは英語!
ナレーションがEmma Howard!

これでピンときた方、
NHK教育「ジョブ基礎」観てますね?
笑。
そう、あの「efficiency!」
のMs.ハワードです!

彼女の発音がすごく好きなので
ガイドプログラムを見て
えー!
と、帰りの遅くなるのも厭わず
借りてしまいました。

一号館美術館と
プラドの佳品と
すごく雰囲気にマッチして
良かったです!!
オススメです〜〜〜〜🎵

キャッシャーで求めたカタログですが
家で取り出したら
e0295455_19434746.jpg


表紙が布のように
ザラッとしていて
上質な感じなのに

軽い!

裏表紙が
さりげなくカワイイ♡

表紙の見返しの
真紅が深くてイイ!

しかも中の紙の質感も良くて
次々、頁をめくりたくなってしまう!
こんな素敵な感覚
今までにない!

と、ウキウキして

はっ!と
確認しましたら
やはり!

D-CODE
垣本 正哉
河野 素子

のお二人の制作でした!
前回、私が喜んだ記事はこちら↓
http://chibakkye.exblog.jp/22963947/

うーん、嬉しい🎵

という訳で
クレッシェンドで
印象アップの「プラド美術館展」

また行きたいです。

e0295455_19434781.jpg


画像は「プラド美術館展」カタログ
編集 三菱一号館美術館 読売新聞社
印刷 大日本印刷
発行 読売新聞東京本社
© 2015 Yomiuri Shinbun
よりお借りしました


(1242日目)

ご覧下さり、ありがとうございます。あなたの好きな事がいつも身近にありますよ🍀✨
[PR]
by abby819lucky | 2015-10-24 23:06 | 三菱一号館美術館