人気ブログランキング |
美術館・博物館・ギャラリーを巡って感じたことや、日常で見つけた好きなことを記録しています。
by abby845lucky
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
以前の記事
2018年 12月
2018年 11月
2018年 09月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
ヤマザキマリ・Seque...
Der Liebling...
満月アンティーク
salvage anti...
イタリア写真草子 Fot...
ポタLOGだっしゅ!!
メモ帳
最新のトラックバック
九谷焼 福田良則 10号..
from CRAFTS DESIGN
既成概念から絵画の解放に..
from dezire_photo &..
マルモッタン・モネ美術館..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
過去に来日した名画も回想..
from dezire_photo &..
クリムトと並ぶ世紀末芸術..
from dezire_photo &..
レンブランド・印象派から..
from dezire_photo &..
2014年度最高の美術展
from dezire_photo &..
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
マイケル・ケンナ写真展 東京..
at 2018-12-04 17:47
神々のやどる器 中国青銅器..
at 2018-11-17 18:43
モネ それからの100年
at 2018-11-08 20:58
内藤礼 展 水戸芸術館
at 2018-09-21 17:12
お久しぶりです
at 2018-09-21 17:10
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
アート・デザイン
画像一覧

タグ:メアリー・カサット展 ( 1 ) タグの人気記事

「メアリー・カサット」展

横浜美術館(みなとみらい)
2016.6.25〜9.11(日)

メアリー・カサット展
e0295455_19102213.jpg

HPはこちら
http://cassatt2016.jp/index.html


内覧会に行ってきました。
主席学芸員 沼田英子氏の解説で
会場を回りました。

とても楽しみにしていた展覧会

期待以上に
感性に訴える素晴らしい作品の数々

県境を2つ越えて(笑)
はるばる足を運んだ甲斐が十分にありました!

メアリー・カサットは
印象派の中でも重要な女性画家ですが
温かな母子像を多く描きました。

しかし、
今回の回顧展で
私の印象は大きく変わりました。

・母国アメリカに印象派の正当な価値を伝えた。

・画家ドガとの密度の濃い親交。

・日本の浮世絵の影響を強く受けた版画を多数製作。

以上の点から
大変革新的なものを目指していた
非常にアグレッシブな女性であった
というカサット像が浮かんできました。

全作品 112点(カサット以外の作品も含む)
3章 8部構成となっています。

日本にはカサットの所蔵品がとても少ないので
これだけまとまって見られる機会は
大変貴重だそうです。

しかも35年振りの大回顧展

中でも注目したいのが
日本初公開となるのがこちら。

「桟敷席にて」 1878年 ボストン美術館蔵
(写真 右側になります)
e0295455_20262726.jpg

パンフにも大きく取り上げられています。
e0295455_20262780.jpg

流行の黒い服に身を包んだ若い女性。
左手奥から男性に見られているようです。
しかしそんな男性の視線をはねのけ
「私」は「見ている」。
凛とした主体性が感じられます。

「母子像のカサット」の
名作と言えるのがこちら。

「眠たい子どもを沐浴させる母親」
1880年 ロサンゼルス郡立美術館蔵
e0295455_20262701.jpg

子どもの脚の長いのは
イタリアで写生したコレッジョの影響とも。
柔らかな色彩、軽やかなタッチの中、
母親の右手だけが克明に描かれ、
日常のリアリティが浮かび上がります。

カサットはやがて母国でも認められ
シカゴ万博(1892〜93年)の
女性館の壁画を任されます。
そこではアダムと共に追放されたイヴが
誘惑によって手にした林檎=知恵の果実を
「自ら掴み取る」≪現代の女性≫が描かれました。
古典的装飾的なマクモニーズの作品≪原始の女性≫とは好対照でした。
壁画を彷彿させる作品に注目です。
「果実をとろうとする子ども」1893年 ヴァージニア美術館(写真中央)
e0295455_20262778.jpg

(写真右:メアリー・フェアチャイルド・マクモニーズ「そよ風」1895年 テラ・アメリカ美術基金)
(写真左:カミーユ・ピサロ「花咲くプラムの木」1889年姫路市立美術館(國富奎三コレクション))


版画やドライポイントのよく練られた展示から
カサットと日本美術の関係に驚き、
いっそう興味が湧きました。

多色刷銅版画、日本初公開を含めた50点。
これは本当に素晴らしいです!
e0295455_01550579.jpg


左:「沐浴する女性」1890-91年 ブリンマー・カレッジ蔵
右:「母のキス」1890-91年 アメリカ議会図書館蔵

e0295455_01550526.jpg

構図、色彩、見ていて飽きません。

ドライポイントも細かな筆致と
題材に迫る描写に溜め息です。
左:「ソファに腰掛けるレーヌとマーゴ(No.2)」1902年頃 アメリカ議会図書館
右:「母と子」1901-02年頃 個人蔵(デイヴィッド・ニシンソン氏協力)

e0295455_01550543.jpg



カサット所有の屏風や
e0295455_01550554.jpg


日本の浮世絵のコーナー
e0295455_01550527.jpg


モリゾやゴンザレスなど
同時代の女性画家たち。
e0295455_01550643.jpg


カサット唯一の絵付陶器もあります。
花瓶:「子どもたちの輪」1903年頃 プティ・パレ美術館蔵
e0295455_02415809.jpg



そんな中で
私が特に魅かれたのはこちら。
「浜辺で遊ぶ子どもたち」1884年 ワシントン・ナショナルギャラリー蔵
e0295455_01550666.jpg

前年に姉を亡くし
忘形見の姪をモデルに
仲の良かった姉との思い出を
重ねて描いているのだそうです。

ぷっくりとした頬や手首の愛らしさも
そんな解説を聞くと
愛しさが倍増してしまいます。

生涯独身を通したカサットが
なぜ多くの母子像を描いたのか。
絶え間なく家事に従事する
家庭での女性像に対する
尊敬
の表れではないか、
と、沼田主席学芸員。
本展に費やされた時間の長さが
言葉の重みとなって心に響きました。


壁にプリントされたカサットの言葉も
力強く
羨望を覚えます。
e0295455_21155467.jpg


作品だけでなく
生き方にも感銘を受ける展覧会。

多くの方々、
特に女性に
お勧めしたいです。
ぜひぜひ!!

物販も盛沢山♡でーす♬
e0295455_02415893.jpg


会場内の画像は主催者の許可を得て撮影したものです。
画像、記載無しは全てカサットの作品。

<開催概要>
○2016年6月25日(土)~9月11日(日)
○会場 横浜美術館
Yokohama Museum of Art
〒220-0012横浜市西区みなとみらい3-4-1
TEL:045-221-0300
FAX:045-221-0317
http://yokohama.art.museum
○開館時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
※2016年9月2日(金)は20:30まで(入館は20:00まで)
休館日 木曜日
※ただし2016年8月11日(木・祝)は開館
○主催 横浜美術館、NHK、NHKプロモーション、読売新聞社
○後援 横浜市
○助成 駐日アメリカ合衆国大使館、テラ・アメリカ美術基金
○協賛 大日本印刷
○協力 全日本空輸、日本貨物航空、横浜高速鉄道株式会社、横浜ケーブルビジョン、FMヨコハマ、首都高速道路株式会社
○お問合せ ハローダイヤル 03-5777-8600


周辺ではレストランやホテルなど
展覧会とコラボした お得で
さまざまなプランが催されています。
こちらも楽しみたいです♡

世界鉄道博(パシフィコ横浜)7/16〜9/11

ミッフィー展(横浜赤レンガ倉庫1号館)7/30〜8/24

by abby819lucky | 2016-07-07 22:03 | アート